稲畑産業株式会社イナバタサンギョウ

稲畑産業株式会社

化学品を中心に取り扱う複合型専門商社
  • 株式公開
業種 商社(総合)
商社(電機・電子・半導体)/商社(石油製品)/商社(食料品)/商社(医薬品)
本社 東京、大阪

先輩社員にインタビュー

情報電子第一本部 第一営業部 第二営業課
藤野 憲(27歳)
【出身】慶應義塾大学大学院  開放環境科学専攻・環境エネルギー科学専修 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 スマホ、テレビ用光学フィルムの輸入販売、技術開発協議から契約交渉まで
1. グローバルなコミュニケーション
⇒米国企業から仕入れ、日本企業へ販売しています。そこでより的確な商社としてのポジションを確立するには、技術の奥深くまで入り込む理解力と海外顧客/日本顧客のやり取りをつなぐための英語力が問われます。私が商社として間に入ることで問題が解決していくときに面白さを感じています。
2. 単なる販売に留まらず、理系知識を活用
⇒米国の技術者と日本の技術者による会議では理系の専門用語が飛び交います。背景やニュアンスまで分かるよう、自分の意見や考えを付加しながら一緒に議論する事を心がけています。
3. あらゆる角度からのアプローチ
⇒製品の技術開発会議や販売だけではなく、海外からの輸送スケジュール管理、契約書締結、など様々なことを担当し、幅広い仕事を経験しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
営業、通訳、技術、ツアコン、デリバリー、色々な経験をしていること!
入社以来、米国から光学フィルムを輸入し、国内メーカーに販売してきました。
早い段階で大きな裁量を与えられ、色々な経験ができた事から、非常に恵まれた環境に身を置いていると感じています。その反面、責任の大きさと忙しさはあります。
営業:営業本部の中でもインパクトの大きい商売で、
    発表をする際には細心の注意を払って準備します。
通訳:米国企業と日本企業の間に立つ商売であり、日々通訳に徹しています。
技術:品質関係が要となる商売で、技術に関わる専門用語が飛び交います。
ツアコン:顧客の出張に同行する際に、商社として常にスケジュール組する必要があります。
デリバリー:米国から日本まで製品の輸送スケジュールを組み、
        顧客の求める納期とメーカーの生産スケジュールを調整します。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分のスタンスとやりたいことが一致したため
大学院まで化学の研究をしており、モノづくりに携わりたいという軸で就職活動をしていました。
その中で、技術的な側面だけでなく、価格や交渉、人脈、など様々な側面からモノづくりに携わることができる営業、そして一つの商材に関わらず、様々な商材を取り扱うことができる商社を魅力に感じ、志望していました。先輩社員や会社説明会で、この自分の軸と合致すると考え、稲畑産業を選択しました。
担当商材も複数扱うことができており、前述のようにビジネスを様々な観点からアプローチできているため、入社前後でそれほど大きなギャップはありません。
稲畑の社員とお会いする機会がありましたら、入社後に自分がどのような仕事をすることになるのか、感じ取って頂ければと思います。
 
これまでのキャリア 情報電子第一本部

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの ビジネスで通じる語学力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は自分を見つめ直す良い機会になると思います。
私は理系大学院卒で、周りは研究職で就職する人が大半なのですが、それ以上に技術と技術の橋渡しをする商社"稲畑"に興味を持ちました。色々な企業の話を聞いてみて、惹かれる企業を見つけると良いと思います。周りは気にせず、自分が何をやりたいか、何を成し遂げたいか、ということを意識してしっかりと自分を分析してみて下さい。

稲畑産業株式会社の先輩社員

電子写真業界向けに、トナー原料を仕入/販売。

情報電子第二本部第一営業部
横田 節奈
関西学院大学 国際学部・国際学科

国産・海外産の果実および野菜の仕入れと販売

生活産業本部 食品部 東京第一営業課
福田 将吾
北海道大学大学院 環境科学院 生物圏科学専攻

国内における樹脂等の販売のデリバリー業務

化学品本部
高宮 彩奈
立教大学 文学部

社内システムの企画・設計・開発・保守運用

幾瀧 敬子
同志社大学 工学部

海外へ化学品の輸出を行うデリバリー業務

化学品本部
久松 はるか
早稲田大学 第二文学部

樹脂原料・製品の仕入れ、販売

Inabata Thai Co., Ltd.出向
安 炳和
龍谷大学 経済学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる