株式会社コノミヤ 東海事業本部コノミヤ

株式会社コノミヤ 東海事業本部

スーパーマーケット
業種 スーパー・ストア
その他専門店・小売/外食・レストラン・フードサービス/その他サービス
本社 愛知、大阪

先輩社員にインタビュー

商品部
匿名(27歳)
【出身】愛知大学  文学部人文社会学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 雑貨バイヤー(商品部最年少バイヤー)
雑貨商品の特売計画、取引先やメーカーとの商談、店舗の売場計画などを行なっています。
お客様の欲しい商品を、欲しい時に、できるだけ安く販売することを第一に考えて仕事に取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
商談して初めて特売商品に採用した商品が、売り切れるほど販売できたこと。
去年の12月、バイヤーになってまだ3ヶ月も経たない頃、年末の一番商品が売れる時期に何を売ろうか考えていました。前年の売上を達成しなければならなく、まだ経験の浅かった私はその目標を割り込んでいました。悩みながら紙製品のメーカーとの商談をしている時に、トイレットペーパーの新製品の紹介を受けました。メーカーいわくおすすめの品とのことでしたが、本当にこの商品が売れるのかどうかわかりませんでした。競合店やドラッグストアを見て回って、このタイプのトイレットペーパーはどこにもなく、これは売れると考え、思い切って特売商品に採用しました。するとほとんどの店舗で売り切れが続出し、結果的には成功でした。自分の採用した商品が売れることの喜びを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社長と直接コミュニケーションが取れる「報連相ノート」。
大企業になればなるほど、トップとの距離も遠くなるのでなかなか現場の声は伝わりにくくなりがちです。コノミヤでは全社員に「報連相ノート」というノートが配布されており、社長と直接やりとりをすることができます。売場で気づいたこと、お客様からいただいたご意見など、直接社長に伝えることができるため、大企業でありながらも社長との距離がかなり近く感じられます。この報連相ノートは他の企業では聞いたこともなかったし、私の「お店を良くしたい」という気持ちを直接伝えられると思い、入社を決めました。
 
これまでのキャリア 店舗にて日配グロサリー部門、副店長に従事(約4年間)→本部商品部雑貨バイヤー(今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 バイヤー
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社説明会で色々な話を聞いても、実際の職場がどんな環境なのかを知ることは難しいです。就職活動をするにあたり、確かに給料等の待遇は大事です。しかし、人間関係をはじめとした職場の環境というのはそれ以上に大事な事だと思っています。実際にその職場を見学するのが一番良い方法ですが、なかなかすべての企業がそうできるかと言えばそうではありません。会社説明会でわからないことはどんどん質問し、その職場が本当に自分に合っているのかをよく見極めましょう。

株式会社コノミヤ 東海事業本部の先輩社員

レジ

チェッカー
長谷川香奈
加茂農林高校 造園科

豊かな食生活を応援・提案する仕事

青果部門
伊藤 伸太郎
愛知学院大学 経営学部 経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる