株式会社マツバラ
マツバラ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社マツバラ

鋳造/自動車/環境事業
  • 正社員
業種
金属製品
鉄鋼/その他製造/化学/プラント・エンジニアリング
本社
岐阜

私たちはこんな事業をしています

設立70年の鋳造メーカーですが、
研究開発型メーカーとして、技術開発や素材開発も積極的に行っており
高品質のモノづくりはお客様から高い評価をいただいています。

「オンリーワン技術」を創出するために
働く社員の環境づくり、スキルアップへの投資も会社全体で行い、
働きながら博士号を取得した社員も2名在籍。

2020年からは特許申請中の新技術で環境事業にも本格的に着手。
未来はさらに広がっていきます!

当社の魅力はここ!!

事業優位性

創業70年企業、2020年に新たなステージへ

「社員の年間有給取得日数は平均15日」「30歳で年収600万円の社員多数!」「社長が全社員の顔と名前を全部覚えている」など皆さんにお伝えしたい当社のアピールポイントはたくさんありますが、今年1番に伝えたいのが「新しい環境事業がスタートする」こと。まだ発表前なのでここでは詳しく言えませんが「世界の水問題」に取り組む環境分野では注目度の高い技術!もともとは働きながら大学院に通って博士号を取得した2名の社員が「労働環境の良い工場を作りたい」と研究開発を進めた技術が、大きな発見に繋がりました。産学共同開発先である某国公立大学の教授、行政まで巻き込んだ一大プロジェクトが2020年から始動します! 社長・松原

社風・風土

「仕事の知識を極めたい」と博士号を取得した社員が2名!

社長の松原は、国立大学の工学部出身で、昔はメーカーで研究の仕事に就いていました。だからこそ若手社員が学び続ける素晴らしさを知っていますし、学びたいという意欲に対してしっかり応え続けていきたいとも思っています。興味を持ってくれたなら、鋳造でも、環境でも、モノづくりの知識でも、職人技でも、なんだって構いません。この道を極めたいと思う意欲があるのなら、最大限のサポートを惜しみません。現在も当社で技術開発の最前線で働いている2名の博士は、当社に入社後、鋳造の現場を経て、大学院に通いました。費用の援助や勤務体制の調整など、会社として全面的に協力。大学院以外でも、各種資格のサポートは絶対に惜しみません。

施設・職場環境

「人を大切にする経営」を着実に実践しています。

マツバラは定着率の良い会社ですが、その大元にあるのが「人を大切にする経営」という経営方針。2019年度は平均有給消化日数が15日と高水準。ハイシーズンを外して連休を取り、海外旅行に行く社員も。有給取得は既に文化として根付いており、取得日数が少ないと注意されるほど!また社員の志向や希望に合わせて残業時間の調整を行い、多く稼ぎたい社員は残業多め、自分の時間を確保したい社員は残業少なめなど、一人ひとりの属性や希望を大切にしています。鋳造技術や環境技術で、技術自慢の会社ではありますが、社風や待遇で選んでもらっても絶対に「働きやすい」と思ってもらえる環境があります。ぜひ当社の雰囲気も見て欲しいと思っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

文系、理系は不問。
「こんなことに興味がある」「これが得意」「力には自信がある」など
なんでもOK!あなたの得意分野を伸ばせる会社です。

【職種】
・営業
・事務
・設計(機械・電気)
・開発(技術開発・品質管理)
・製造および製造技術
・生産管理
・管理部門

※いずれの職種もまずは現場からスタートしてモノづくりの流れを覚えていただきます。
 その後、希望や適性を考慮して各職に配属します。

会社データ

事業内容 ●各種鋳造品の開発・設計・製造・加工
●鋳造技術の研究開発
●鋳型用材料の研究開発・製造
●環境事業部

■生産品目
自動車部品、コンプレッサー部品、油圧部品、
空圧部品、産業機械部品、家庭電気部品、
バルブ・ポンプ部品、農業機械部品、
モーター部品、業務用エアコン部品

■納入実績
株式会社エクセディ
曙ブレーキ工業株式会社
株式会社フコク
株式会社クボタ
三菱重工業株式会社
ダイキン工業株式会社
トヨタ系各社
他多数
※各社を経由して、部品は世界へ。
  某輸入車のスポーツカー等にも使われています。
鋳造製品の特徴 小型で複雑な形状、高い寸法精度が求められる製品を得意とし
成形後に変形しにくい(残留応力を除去した)製品や
バリ取り不要の製品など、オンリーワンの製品を創り出しています。

鋳造は型に流し込んで成形したあと、
切削加工で仕上げますが、
当社では、「強固」であることと、「切削しやすい」という
相反する要素を併せ持った鋳物材料を開発。
加工時間の短縮と、切削に用いる刃の寿命向上により
高品質・低価格な製品づくりを実現しています。

さらに当社では、一つひとつの製品だけでなく、
「よい型」「よい砂」「よい溶湯」「よい造型機」の技術開発にも取り組み、
2007年度には中小企業庁の「元気なもの作り中小企業300社」に選出。
2009、2010年度には2年連続で、経済産業省より「雇用創出企業1400社」に認定。
2019年度は働き方改革を実現し「はつらつ」とした職場に与えられる
「新はつらつ職場づくり宣言事業所」登録されました。

社員を大切にする企業風土が国からも評価されています。
自社製品 ●FC200M、FC250M
強靭さと加工しやすさを併せ持つ
独自素材による鋳物製品を
オリジナルブランドとして展開しています。

●生型砂用澱粉「グリーンボンド」
鋳型用に、トウモロコシを主原料とする「生砂用添加材」を開発。
不良の減少や、寸法精度の向上、バリの発生防止を実現し、
鋳造品の品質アップにつなげています。
設立 1950年2月
資本金 9720万円
従業員数 155名

●創業以来これまで、会社都合による人員整理は、一度も行っていません。
売上高 45億7000万円
(2019年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 松原史尚
事業所 ●本社/岐阜県各務原市那加浜見町2-22
●関工場/岐阜県関市迫間字大下1-1
●大平工場/岐阜県関市迫間字大平50-8
関連会社 ・株式会社マツバラ興業
海外から輸入している副資材を扱っています。
某大手自動車メーカーのエンジンを作る鋳型(イガタ)用の砂は、この会社がほぼ100%納入しています。鋳物業界に貢献する新しい技術も導入しています。
環境への取り組み 岐阜県各務原市に誕生した当社。
これまで4度移転。

最初の移転は、住宅地の中にあったという理由で。
その後は、移転した後、会社の周囲に住宅が増えたため。
こうしたことがきっかけとなり
「地域に迷惑をかけるような公害は
絶対に出さない企業であり続ける」との決意のもと
人々が環境問題に関心を寄せていなかった時期から
環境への取り組みを行ってきました。
以下のような取組実績・受賞実績があります。

1987年 素形材センターより環境優良賞受賞
2002年 ISO14001認証取得
2003年 産業廃棄物ゼロエミッション達成
2004年 環境報告書の作成
2005年 大平工場ISO14001認証取得
2006年 三重県環境大賞受賞
2006年 経済産業省製造産業局長賞受賞
2008年 環境報告書 vol.2
2009年 経済産業省より「雇用創出企業1400社」に認定
2010年 2年連続で経済産業省より「雇用創出企業1400社」に認定
2019年 「新はつらつ職場づくり宣言事業所」登録

地域環境・自然環境だけでなく、従業員が働く環境の整備にも力を入れ、
高温で過酷な工場の自動化をいち早く推進。
白い制服は、汚れにくく人への負担が少ない工場であることの証拠です。
環境整備に力を入れています ■関市にある工場の周辺は
 夏になるとホタルが飛び交う、山と清流に囲まれた環境。
 こうした環境を守るため、定期的に地域清掃に取り組んでいます。
 「マツバラさんのおかげで、道がきれいです」と
 近隣の方からも好評です。

■鋳物工場は、耐用年数が平均20年と言われている中で
 当社の鋳物工場は30年を経過。
 日々の清掃業務や改善業務により、清潔さを保っています。
におわない工場 鋳物工場に入ったことがある方は少ないかもしれませんが
一般的な鋳物工場には製造過程で発生する独特のにおいがあります。
そのにおいに耐えきれずに、仕事を辞めてしまう方も少なくありません。

業界には、においは我慢するものという風潮があり
においを消すなんて発想は、これまでどの会社にもありませんでした。
しかし、現場で働く人のことを考えて、少しでも環境を良くしたいと
当社は問題解決に取り組みました。
試行錯誤の上、現場のにおいを減少することに成功。
当社の鋳物工場で、同業他社レベルの臭気を感じることはなくなりました。

イタリア、ドイツ、中国、インドから工場見学に来ますが
「においますか?」と聞くと、「そういえばにおいませんね」と驚かれます。
直接、社長に意見が言える「改善提案制度」 当社では、「改善提案制度」を設けていますので
アイデアが通りやすいです。

改善提案制度に書かれたことは
全て社長が目を通しています。
「それを見ると、全員の能力が把握できる」と社長。
当社では、抜擢人事もよくあることです。
ちなみに改善案は年間2000件ほど提出されており
社員自ら考え、既に実施されている提案は9割以上です。

※社長を始め、当社では役職者との
 垣根がなくコミュニケーションが取りやすいです。
※当社では30年以上、社長が、従業員へ手紙を書いています。
 内容は、会社の現状や今後のことについて等々。
改善提案の報奨金で高級焼肉へ 改善提案制度で、優秀賞に選ばれたチームには
報奨金を支給しています。
優秀賞に選ばれたチームは、報奨金を様々な使い方をしています。
チームによっては、高級焼肉店や、高級寿司店で食事を楽しんでいます。
WHITE活動&スローガン ■We create Happiness and I deas with Thanks Everyday.
これらの頭文字をとった「WHITE活動」というものが当社にはあります。
これは「毎日、我々は感謝の心を忘れず、
幸福創造道場と新たな発想を育てます」というもの。

その他、若手が主体となって、経営計画にも
携わる取り組みを行っています。

■スローガン
三現(現場・現物・現実)の視点で見直そう。
仕事を極めて、世界に届けるNo1
社長に直接意見が言える会社 当社のいいところは、社長に直接意見が言えること。
その気になれば、社長に提言して、
会社の意思決定を行うことができます。
臆せず意見を言ってほしいという会社。
意見を言える方を評価しています。

既成概念にとらわれない大胆な発想も、新卒のみなさんにならできるはず。
柔軟な頭脳と夢を持つ若い人に加わっていただき、
目指す場所まで、私の手を引いていってほしい。
この会社の運命を決めるのは、これから入るみなさんです
中心メンバーに 大企業なら、チャンスはあっても競争が激しく、
一部の人しかそれをつかむことはできませんが、当社は違います。

必ず活躍の場が与えられ、結果に見合った収入や地位も与えられます。
将来、中心メンバーとして、ノビノビと力を発揮できる環境が当社にはあります。
改善提案は、ほめるためのネタづくりでもある 経営者が、クレーム、不良、問題改善に注力すると
職場雰囲気が暗くなります。
そうではなくて、改善案やほめられたことを取り上げて
朝礼で発表すると職場が明るくなります。
当社では、「改善提案制度」は、社員をほめるための最高のネタだと考えています。
目指すは、あっという間に時間が過ぎていく会社 日々、ものづくりに取り組み
改善業務に取り組める環境であれば
考える時間が増えて
時間はあっという間に過ぎていきます。
そんな働き方ができれば、仕事は楽しくなる。
きっとやめていく人もいなくなる。
当社は、そんな会社でありたいと思います。
産学共同研究 アラバマ大、東京大、早稲田大、近畿大、岩手大、山形大、東北大などと
切削加工や鋳型用素材、環境技術での共同研究実績が多数あります。
2020年は環境技術に花が咲き、いよいよ環境事業部が発足します!

連絡先

〒501-3924 岐阜県関市迫間字大下1-1
株式会社マツバラ
総務部

■TEL 0575-24-5657
■URL http://www.k-matsubara.co.jp/
■e-mail info@k-matsubara.co.jp

※採用に関して不明な点があれば、お気軽にお問い合せください。


★採用までの流れ

工場見学

説明会

一次面接(最終)
※予備面接有

内定
掲載開始:2020/03/01

株式会社マツバラに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社マツバラに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)