株式会社ケー・エー・シーケーエーシー
業種 医療関連・医療機関
本社 京都

先輩社員にインタビュー

バイオサイエンス事業部 受託試験部 第一薬理グループ
M.O(23歳)
【出身】宮城大学  食産業学部 ファームビジネス学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 実験動物を用いた薬効薬理試験。動物種、試験内容も幅広く担当。
アレルギー関連や中枢系、様々な病態モデルの作製など、バラエティに富んだ試験を小動物から大動物まで行っています。毎日の症状観察や投与、解剖や行動試験、データ整理を行いお客様に結果を届けています。一言に投与といっても投与場所、使用器具は様々です。動物の体重や試薬の性状を見て使う器具を決めていくことが重要になります。動物の負担を減らすためには、手早く投与やオペを終わらせまければいけません。高い技術を習得できるように日々先輩方の手技から勉強しています。データ整理や統計解析を行い、見やすい資料を作ることも大切です。受託する試験が様々で、今まで知らなかったことばかりのため、論文や本を読んで勉強しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
検討試験から本試験まで担当、最後はお客様にいい結果を届けられました。
今のグループに配属されてから約2か月後にある検討試験を行いました。始めは全然うまくいかず、原因を先輩方と考えながら投与物質の濃度を変えたり使用する器具を改良したりしました。だんだんうまくいく兆しが出始め、本試験に入りました。本試験の結果、群間での差がしっかり分かるいい結果が出ました。初めて行った試験方法で戸惑うこともありましたが、原因を考え改善策を考えていく過程は非常に勉強になりました。お客様にも納得いただける結果となり、喜んでいただけたことは嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学で学んだことを生かし、動物に関わることができる仕事。
大学で学んだことを生かした仕事がしたいと思い、就職活動を進めていました。始めは、飼料や化粧品のメーカーや受託検査を行う会社などを探していましたが、ケー・エー・シーを紹介され、最終的に入社を決めました。動物を扱える仕事であること、実験等で学んできたことが生かせると思えたことが決め手でした。入社して、毎日動物に接し、技術面でも知識面でも日々新しいことに触れることができています。1年目から仕事を任せてもらえるため、責任感と緊張感を持って仕事に臨めます。以前はうまくできなかったことが、どんどんできるようになっていくことを実感できるのでやりがいを感じています。
 
これまでのキャリア 受託試験部第一薬理グループ(1年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 動物と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

周りと比べないことが大事です。自分のペースで進めていくことで、納得できる結果へとつながっていくと思います。また就活は自分のことをよく考えるいい機会です。いろいろな会社を見て回っていく中で自分を理解していくことができると思います。自分を見つめなおし、考え、自分に合った会社を見つけていけたらいいと思います。あまり1つのこだわりに縛られすぎず、広い視野を持って就活に臨んでください。応援しています。

株式会社ケー・エー・シーの先輩社員

主に繁殖に関する受託試験

バイオサイエンス事業部 受託試験部 第二薬理グループ
H.S
和歌山県立医科大学大学院 医学部医科学専攻

研究用試薬の営業です。

試薬事業部 セルサイエンス営業グループ
S.Y
近畿大学大学院 生物理工学研究科 生物工学専攻

実験動物の飼育と微生物モニタリング

バイオサイエンス事業部 受託試験部 動物管理グループ
I.M
岡山理科大学 理学部 動物学科

病理組織標本作製業務

バイオサイエンス事業部 受託試験部 病理グループ
E.N
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科

クライアントでの薬理試験受託業務

アニマルサイエンス東日本事業部
C.M
岐阜大学 応用生物科学部 生産環境科学課程

実験動物の飼育管理

アニマルサイエンス東日本事業部
M.S
仙台コミュニケーションアート専門学校 エココミュニケーション科 水族館アクアリスト専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる