野村不動産株式会社
ノムラフドウサン
2021

野村不動産株式会社

総合デベロッパー/街づくり/不動産/建築
業種
不動産
住宅/コンサルタント・専門コンサルタント/建築設計/その他金融
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

我々デベロッパーは住宅やビルといった建物や空間を創造し、その土地や建物の価値を最大化させることが主なビジネスです。
文系・理系を問わず、大きな仕事がしたい、責任感ある仕事がしたい、形に残る仕事がしたい、そのような「想い」が実現できる魅力的な業界です。

当社の魅力はここ!!

企業理念

あしたを、つなぐ。

私たちは、人、街が大切にしているものを活かし  未来(あした)につながる街づくりとともに  豊かな時を人びとと共に育み  社会に向けて、新たな価値を創造し続けます。

仕事内容

お客様起点のものづくり。

私たち野村不動産は「まちづくり」を行っている会社です。その「まちづくり」を行う上で一番大切なこと、それは「お客様目線」で考えることです。野村不動産では、使ってくださる方々にとって本当に良いもの、良い街をつくるために、職種やセクションにとらわれず、どんなコンセプトで、どんなモノを開発し、どんな人に訪れてもらい、どんな街にしていきたいかを考え、そのコンセプト通を実現すべく、テナント誘致にも深く関わっていく。ひとりの社員が、責任を持って最後までやり抜く、全員がお客様を向いた仕事をする。野村不動産の社員は、そんな意識を大切にしています。

社風・風土

社会に大きな価値を残したい。切磋琢磨する社員たち。

私たち総合デベロッパーは、大きな社会的役割を担っていると考えています。住宅やオフィスビル・商業施設といった大きなモノづくりを担うことに留まらず、長期的な視点で人々の暮らしを考え、経済の活性化を生み出す存在でもあります。街づくりをする時に、一番の起点となるのがデベロッパーです。自らの仕事を通じて、社会に大きな価値を残したい、街に新たな価値を創造していきたい。野村不動産には、若いうちからダイナミックな仕事を任せてくれる文化があります。自ら考え、意志を持ち、判断する。当社には主体性・自主性を重んじる風土が根付いています。

会社データ

会社紹介 住宅やオフィスビル・商業施設など生活に密接に関わる大きなプロジェクトをリードし、街づくりの起点となる総合デベロッパー。野村不動産の社員の多くは、スケールの大きな仕事に関わりたい、チャレンジしたいという夢や目標を抱いています。入社後は、総合デベロッパーならではの幅広い分野の仕事を担当し、大きな裁量を与えられます。自ら考え、行動する、挑戦心をもった皆様とお会い出来ることを楽しみにしています。
事業内容 <住まい>
マンション事業、戸建て事業、再開発・マンション建て替え事業、等
<オフィス>
ビルディング事業、PMO事業、設計監理業務、等
<商業施設>
都市型商業施設事業、大規模商業施設事業、設計監理業務、等
<物流施設>
物流施設事業、設計監理業務、等
<企業向け不動産サービス>
CRE戦略支援事業、資産運用事業、等
設立 1957年4月15日
資本金 20億円(2017年4月1日現在)
従業員数 1,921名(2018年4月1日現在)
売上高 6,237億(2018年3月期/連結)
代表者 代表取締役 社長 宮嶋誠一
本社/支店 本社/東京 
支店/仙台、名古屋、関西、福岡、海外
グループ会社 野村不動産、野村不動産投資顧問、野村不動産アーバンネット、野村不動産パートナーズ、NREG東芝不動産、野村不動産ライフ&スポーツ、野村不動産熱供給、ジオ・アカマツ、野村不動産ウェルネス、野村不動産ホテルズ、野村アメニティサービス、NREG東芝不動産ファシリティーズ、プライムクロス、NFパワーサービス、ファーストリビングアシスタンス、Lothbury Investment Management、東京不動産 Tokio Property Services、NOMURA REAL ESTATE ASIA 、NOMURA REAL ESTATE HONG KONG,野村不動産諮詢(北京)有限公司 計20社
沿革 1957年 4月 野村證券から分離独立。ビルの賃貸管理を主業務に不動産事業開始
1961年 3月 「鎌倉梶原山住宅地」の開発でデベロッパー業務に進出
1978年 5月 「新宿野村ビル」完成
1988年 3月 民間単独では最大級の業務施設開発「横浜ビジネスパーク」を着工
1994年10月 「広島A-CITYヒルズ」をアジア競技大会選手村として提供
1995年 3月 フィットネスクラブの1号店をオープン
1999年 4月 オーダーメイドマンション事業を開始
2002年12月 住宅の統一商品・サービスブランド名「PROUD」を発表
2003年2月 「PROUD」ブランド第1号「プラウド久我山」発売
2006年10月 野村不動産ホールディングスが東証一部へ上場
2008年 7月 中規模サイズの高付加価値型オフィスビル「プレミアムミッドサイズオフィス(PMO)」の
        第1号「PMO日本橋本町」竣工
2010年10月 「YUITO(ユイト)/日本橋室町野村ビル」グランドオープン
2011年2月 「ミラザ新宿」グランドオープン
2011年8月 新・住宅ブランド「 OHANA(オハナ)」を発表
2012年2月 「ユナイテッドアローズ」と共同提案型住空間をコラボレーション企画
2012年10月 都市型商業施設「GEMS(ジェムズ)渋谷」グランドオープン
2013年3月 大型複合施設「bono(ボーノ)相模大野」がグランドオープン
2014年10月 都内最大級の大型店ユニクロ「野村不動産吉祥寺ビル」グランドオープン
2014年11月 都市型商業施設「GEMS(ジェムズ)市ヶ谷」グランドオープン
2015年4月 シニア向け住宅・サービスの開発企画・運営する新会社「野村不動産ウェルネス」を設立
2017年10月 魅力的な街づくりの起点となるようなホテルの開発を目指し、「野村不動産ホテルズ株式会社」を設立
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)