株式会社とめ研究所
トメケンキュウショ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社とめ研究所

人工知能/機械学習・ディープラーニング/データサイエンス
  • OpenES
  • 正社員
業種
ソフトウェア
情報処理
本社
京都

先輩社員にインタビュー

第一開発部知識学習グループ
山口雄也(29歳)
【出身】北海道大学  大学院理学院宇宙理学専攻博士後期課程 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ソフトウェアリサーチャー(研究職)、細胞検出アルゴリズムの研究開発
現在、細胞画像から画像処理によって自動で個々の細胞を認識し、大きさなどの情報を取得するソフトの開発を行っています。
受託開発のため、アルゴリズムの検討からプログラムの実装まで基本的にはこちらで全て提案する必要があります。
当社での作業としてやることは研究とさほど変わらないように感じますが、ソフトの動作についてはお客様の要望に合わせる必要があるという点が大きく異なります。
自由度は高いので、お客様とのコミュニケーションさえ円滑にできれば、研究生活で得た経験を存分に発揮することができる仕事だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分のアイディアがうまくいったこと
画像処理アルゴリズムの検討では、ある程度はうまくいっても一部望んだ結果になっていないため失敗ということが多く、試行錯誤の繰り返しになります。
個人的には研究でも同様の経験を多く積んでいたため、つらいと感じることはなく楽しんで取り組めていますが、ピクセル単位での作業になることもあるので、非常に根気のいる作業になることもあります。
ただ、これまで全然うまくいかなかったことが、ちょっとしたアイディアで大幅に改善されることもあるので、そこは研究と同様に面白いと感じるところです。
最終的には、お客様にも認めてもらえることで安堵共に充実感を感じ、また頑張ろうと思えてきます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 成長できる環境が整っていたこと
大学では素粒子理論を研究しており、プログラミングはほぼ初心者でしたが、職種についてはあまり定めず自分が成長できる環境かどうかを一番重視していました。
当社には大学院での研究経験が豊富な技術者が多数おり、勉強会や技術祭りなど技術を磨き、発表する場もあるため、向上心のある社員同士が切磋琢磨できる環境だと感じました。
また、業務内容も研究開発のお手伝いということで、最先端の技術に携わることができるという点で非常に魅力的でした。
また、2019年度で16年目という比較的新しい会社ということもあって、一人の貢献が非常に大きいということにもやりがいを感じたので、当社を選びました。
 
これまでのキャリア 研究開発(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活中に自分が何を一番望んでいるのかを明らかにすることで、入社後の満足が大きくなると思います。
全てが理想通りということは難しいかもしれませんが、自分の求めていることを企業が提供できるかどうかという視点で会社選びをすると良いと思います。

株式会社とめ研究所の先輩社員

ソフトウェアリサーチャー(研究職)、物体認識アルゴリズムの研究開発

第二開発部画像メディアグループ
川島 学

技術課題に対する調査・ソフトウェア試作・評価等を担う研究開発業務

第三開発部基盤算法グループ
今 達弥

お客様とともに研究開発をする仕事

第四開発部環境適応制御グループ
大池悠太

AI(人工知能)の研究開発

第五開発部未来知識グループ
松井悠起

掲載開始:2020/03/01

株式会社とめ研究所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社とめ研究所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済 プレエントリー
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)