株式会社山星屋ヤマボシヤ

株式会社山星屋

丸紅グループ
業種 商社(食料品)
ソフトウェア/情報処理/倉庫
本社 大阪、東京

先輩社員にインタビュー

業務支援部 センター管理1課
深谷 葉月(24歳)
【出身】商学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お取引先専用物流センターの仕入発注業務・在庫管理
お取引先専用物流センターの発注業務や在庫管理業務をしています。発注業務とは、お取引先からの注文に備え、注文数を予測しメーカーから商品を仕入れ、お取引先専用物流センターに商品を納品することです。在庫管理業務とはお取引先専用物流センターに納品した商品を、お取引先に出荷されるまで適切に管理することです。
発注業務は未来の需要を予測することから、非常に難しい業務です。発注数量の予測は弊社の発注システム(過去の実績から算出する発注システム)を用いますが、加えて、トレンドやTV放映などの情報収集やメーカーとの交渉力など、自分の持っている知識を活用して発注数量を決める必要があります。難しい分、欠品を発生させず発注できたという成果が返ってきた時の喜びは大きく、やりがいを感じる瞬間です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
担当しているお取引先で自分が発注した商品が棚に並んでいるのを見た時
社内でパソコンに向かい遠隔で発注業務や在庫管理業務をしている為、実際の売り場を見る機会は少ない為、実際に店舗に足を運び、売り場にて自分が仕入れた商品が棚に並んでいる光景を見た時には、自身の仕事の成果を実感することができます。
ある時、メーカー商品が品薄状態になり、全社的にお取引先に対して欠品が発生している商品がありました。事前に品薄状態になる情報をキャッチし、対策をしていた事で、担当のお取引先では欠品を防ぐことができ、その商品が通常通り店頭に並んでいるのを見た時はとても大きな達成感を感じました。お客様が欲しい商品を店頭に問題なく並べる為には、適正な数量を発注することが不可欠になります。その為、間接的ですが、お客様にお菓子という喜びを届けている、という意識を持って仕事に取り組んでいます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 様々なお菓子に囲まれて仕事が出来る!
小さな頃からお菓子を食べることも、買うことも好きだった為、様々な種類のお菓子に囲まれた仕事に就くことが夢でした。
菓子メーカーだと自社の商品を売ることが仕事になりますが、菓子の商社であれば、様々なメーカーのお菓子の中で自分が良いと思った商品を売ることが出来ると考えました。更に当社は、全国のメーカーやお取引先と取引があり、より多くの商品を扱うことが出来ます。このことから当社への入社を志望しました。実際に入社してみると、全国での情報共有システムや定期的な菓子の展示会など、予想していたよりも多岐にわたるお菓子を扱えることに驚きました。
 
これまでのキャリア 近畿事業部(新入社員研修)6ヶ月⇒業務支援部センター管理1課 1年5ヶ月

この仕事のポイント

職種系統 システム運用・保守
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動をする上で重要なことは、客観的に自分を分析することだと思います。
「自分が本当にしたいことは何か」「自分の長所は何か」などを考えることで就職したい業種がわかりますし、面接する上でも、自分の芯になる部分をしっかり理解出来ていると、質問への応対がスムーズにできると思います。
就職活動で行き詰まる時もあると思います。そう言う時には焦らず、ゆっくりと自分を振り返り、原点に戻って考えてみるといいと思います。

株式会社山星屋の先輩社員

お菓子を販売する営業職です!

近畿事業部 営業1課
中原 大樹
バイオ環境学部

売り場・企画・販促等の提案

九州支店 営業課
石黒 陽平
経済学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる