有限会社塚田隆建築研究所
ツカダタカシケンチクケンキュウショ
2021

有限会社塚田隆建築研究所

【建築】  企画・設計・工事監理
業種
建設
住宅/建築設計/建設コンサルタント
本社
鳥取

私たちはこんな事業をしています

当社は1985年の創業以来、主に商業施設、集合住宅、公共建築など、さまざまな建築物の設計・監理を手掛けています。規模を問わず、用途を問わず、人の感性に訴える建築を目指して日々の仕事に取り組み、地域の皆さまから厚い信頼を得てまいりました。これからも、「心に感じることのできる」建物の設計に努め、人々の豊かな暮らしを支えたいと考えています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

街を愛する人たちに共感されるような建物を創造する

高専の建築学科卒業した代表の塚田は、米子から郷里の鳥取に戻り設計事務所に就職します。構造計算ができるため『構造設計者』を目指して入所しましたが、後に意匠計画などにも関わるようになります。そのような生活の中で安藤忠雄氏の建築に出会い、「この感動する嬉しさを、鳥取に持っていきたい」と願うようになり、周りから勧められ30歳で独立を決意しました。現在は、常に“歩く人のこと”を頭に入れて建物を創造しています。歩きながら暖かさを感じる、四季を感じる、時を感じる、歴史を感じる、風を感じる。そんな建物を街に1つでも置き、街を愛する人たちに共感してもらうことにより、街づくりの発展に貢献したいと考えています。

仕事内容

多岐にわたる建築物の設計・監理を請け負っています

今回募集するのは「建築設計」を担当する方です。当社は、商業施設から集合住宅、公共建築など多岐にわたる建築物の設計・監理に携わっているため、日々の仕事を通して確かなスキルが身に付きます。お客さまとのやり取りの中で、建物のコンセプトや予算などを聞き出し、相手の要望に合わせた設計図を描いていただきます。また建築現場の監理においては、イメージした設計図をもとにスタッフの指導や説明などを行い、作業がスムーズに進行するようサポートします。設計は意匠をデザインすることも大切ですが、安全性や耐震性などを考慮した構造設計や、電気・空調などの設備設計にも関わるため、情報の収集と学ぶ姿勢が常に大切となります。

社風・風土

プロデューサー的な視点で全体を把握しながら設計を行っています

私たちは、1つの建物に取り組む際に『コンセプト&ワーク』を常に考えて設計します。お客さまから依頼される仕事は、幅広い用途を扱い、規模の比較的大きなものも多いため、プロデューサー的な視点で全体を把握しながら設計を行っています。お客さまのご要望から“計画の概念”を創り上げ、その後に技術的かつ具体的な設計作業を、スタッフや周囲の人たちの協力を得ながら進めています。それは、建物の機能といったハードの部分だけではなく、計画を進める過程で明確にするべき建物の役割、そこに建てる意味などを徹底させることを意味しています。その結果が、「心に感じることのできる」建物の設計に結び付くと私たちは考えるのです。

会社データ

事業内容 建築、企画・設計・工事監理
設立 1986年10月
資本金 500万円
従業員数 9名
売上高 92000000円(2018年6月決算期)
代表者 塚田 隆(一級建築士)
事業所 【本社】
〒680-0931
鳥取県鳥取市岩吉96-30
TEL:0857-28-9112/FAX:0857-28-9113
沿革 1986年10月 塚田隆建築研究所 開設
1992年12月 (有)塚田隆建築研究所 改組
ホームページ http://www.tsukada-kenchiku.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)