株式会社パナソニック システムネットワークス開発研究所パナソニック システムネットワークス カイハツケンキュウショ

株式会社パナソニック システムネットワークス開発研究所

パナソニックグループ/研究開発専門
業種 総合電機(電気・電子機器)
家電・AV機器/コンピュータ・通信機器・OA機器/半導体・電子部品・その他/情報処理
本社 宮城

先輩社員にインタビュー

技術センター
M.A
【出身】九州工業大学  情報工学部 電子情報工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 電波状態を可視化する統合シミュレータの開発
無線通信技術の向上に伴って屋内外問わず様々な環境で通信システムを利用するケースが増えています。
通信システムが所望の品質を満たすことの確認にはシミュレーションが不可欠であり、電波状態を詳細に検証するため、通信環境の模擬から可視化までを含めた統合的なシミュレータ開発を担当しています。
通信方式に関する基本的な知識以外に、複数シミュレータ間を相互連携するためのシステム構成の把握や3Dグラフィック表示など幅広い知識・技術が求められますが、自身の能力向上と共にお客様へ貢献できる領域が広がることにやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
スパコン100台以上の計算機を用いて並列計算を行い50倍以上の高速化を実現
計算機の性能向上と共に解析精度向上や解析範囲拡大が求められ、街全体の伝搬解析のような大規模シミュレーションを現実的な時間に行う必要があります。
そのための手段として、スーパーコンピュータを活用し、100台以上の計算機を用いた並列計算により、50倍以上の高速化を実現しました。
このようなスーパーコンピュータという最先端のシステムを使用する貴重な機会を与えて頂き、責任感と同時に新しいことに挑戦することの楽しさと喜びを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学生時代の専攻学問を伸ばし活かせると考えたため
学生時代は信号処理を専攻していましたが、当社で手がけている移動端末やシミュレーションソフトウェアの開発に活かせると考えました。業務内容によって求められるスキルは異なってきますが、学生時代に学んできた基礎知識は今でも役に立っています。
 
これまでのキャリア 技術(現職): 携帯電話向けDSPファームウェア開発(4年) → 移動体通信シミュレータ開発(8年) → 電波可視化統合シミュレータ開発(2年)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

学生時代よりも、会社生活から学ぶことの方が多いです。今の自分にできることだけでなく、将来自分がどのようなことで社会に貢献したいかを真剣に考えてみてください。

株式会社パナソニック システムネットワークス開発研究所の先輩社員

電気自動車向け車載充電器の小型化機種開発業務

技術センター
K.M
東北大学大学院 工学研究科

電子機器や車載機器、産業用蓄電装置などの熱設計および熱流体解析業務

技術センター
K.M
福井大学大学院 工学研究科 機械工学専攻

家電と連携する新サービスの開発

技術センター
T.K
静岡大学大学院 情報学研究科 情報学専攻

画像認識のソフトウェア開発。人物の行動を解析する方式開発から具現化まで

技術センター
S.T
金沢大学大学院 自然科学研究科 電子情報システム専攻

電力変換器の設計開発

技術センター
T.M
武蔵工業大学 (東京都市大学) 工学部 電子通信工学科

カーシェアシステムにおける車両配置検討用シミュレータ

埼玉大学大学院
N.K
埼玉大学大学院 理工学研究科 数理電子情報系専攻 数学コース

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる