三菱ケミカル株式会社 岡山事業所
ミツビシケミカル
2021
  • 株式公開
業種
化学
繊維/その他製造
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私達三菱ケミカルグループは、最終製品の基となる「素材」分野と「機能商品」分野で製品を供給し、人・社会・地球の課題を解決することを通じて、社会に新たな価値を提供し続けていきます。
気候変動の増大や水資源の不足、人口増加や高齢化、食料・農業問題など課題が多様化する中で、関連する事業部門が連携しながら、新しい価値を創造し総合的なソリューションを提供していきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

KAITEKIの実現を目指して

「KAITEKI」とは、「人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていくこと」を表し、環境・社会課題の解決にとどまらず、社会そして地球の持続可能な発展に取り組むことを提案した三菱ケミカルホールディングス(MCHC)グループオリジナルのコンセプトです。三菱ケミカルグループは、MCHCグループの一員として「KAITEKI実現」をビジョンに掲げ、事業を通じて社会の課題に向き合い、新しい価値を創造してお客様へソリューションを提供し、社会と共に持続的に成長していきます。

戦略・ビジョン

ソリューションとフォーカス市場

三菱ケミカルグループは、人・社会・地球の課題解決を通じて、自らの成長も加速させていきます。気候変動の増大や水資源の不足、人口増加や高齢化、食料・農業問題など課題が多様化する中で、関連する事業部門が連携しながら、新しい価値を創造し総合的なソリューションを提供していきます。

仕事内容

大型化学プラントの安全・安定運転を支える設備管理部門

化学工場では様々な物質を製造する機械設備、それらを稼働させるための電気設備、監視制御設備が存在します。壊れたものを直すだけでなく、自身の五感や様々な技術を駆使し、解析・評価することで、設備の安全・安定運転を支える、それが「設備管理部門」の使命であり、やりがいです。

会社データ

事業内容 高機能材料、石油化学製品、情報電子などの分野における各種化学製品の研究・開発・製造・販
機能 

■機能商品分野
 ◆高機能ポリマー      機能性樹脂、サステイナブルリソース 等
 ◆高機能化学        エポキシ、食品機能材 等
 ◆情電・ディスプレイ    ポリエステルフィルム 等
 ◆高機能フィルム      食品包装、産業・メディカルフィルム 等
 ◆環境・生活ソリューション アクア・ソリューションイオン交換樹脂 等
 ◆高機能成形材料      炭素繊維、アルミナ繊維 等
 ◆新エネルギー       リチウム電池材料、LEDマテリアルズ 等

■素材分野
 ◆石化           ポリオレフィン、C2~4ケミカル 等
 ◆炭素           コークス、カーボンゴム 等
 ◆MMA          メタクリル酸メチル、アクリロニトリル 等
創業 1933年8月31日
設立 2017年4月1日
資本金 532億2900万円
連結従業員数 40,290名(2018年3月末現在)
岡山事業所 2,101名(2019年4月1日現在)
連結売上高 2兆5,481億円(2017年度)
代表者 代表取締役社長 和賀 昌之
事業拠点 東京、広島、福岡、滋賀、三重、富山、愛知、岡山、香川、茨城、福島、神奈川、長野、岐阜、熊本、大阪、北海道 他

※拠点詳細はこちらをご確認ください。
 https://www.m-chemical.co.jp/company/mcc-location/index.html
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)