三興建設株式会社
サンコウケンセツ
2021
業種
建築設計
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

当社は創業以来、『自社での直営施工』を基本に、下水道工事を中心に
物づくりの原点である『良い物を、より早く』提供することを核として、
『出来上がった物が全てを物語ってくれる』という信念のもと、
日夜作業に取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

創業から【直営施工】にこだわり、良い物をより早くの精神で!

当社は1976年の設立以来、数多くの工事を手掛けてきました。創業以来、下水道工事を中心に事業を展開していることもあり、中でも災害復旧工事では多くの現場で当社のテクノロジーが活躍しています。例えば2007年3月発生した能登半島地震。被災した下水道管を本復旧するための改築推進工事において、アイエムリバース工法により新設管に置き換える工事を担当。自動バイパスユニットを使用した汚水仮排水設備の設置など、多くのノウハウを活かし普及に全力を尽くしました。他にも、広島県江田島市の港湾修築工事や護岸整備工事などの土木工事も受託。積み上げた技術を多くの現場にフィードバックしています。

施設・職場環境

IT実践企業の受賞や地域貢献活動など多くのトピックを持つ

当社は2011年に中小企業IT実践企業大賞にてIT経営実践認定企業を受賞、また同年6月には広島市から男女共同参画事業所として表彰されるなど、各方面から先進的な取り組みを行っている企業として高い評価を受けています。あわせて、下水道仮排水の新型自動バイパス装置「パスカル君」の特許出願など独自技術の保護にも積極的に取り組み、企業としての存在感を増す努力を怠りません。一方で広島における地域貢献活動にも余念がありません。江田島市内では清掃・除草活動を行ったり、海岸の清掃活動を行ったりと、企業の社会的責任を果たしています。また2016年は熊本応援ツアーに出かけるなど、復興への取り組みを積極的に支援しているのです。

技術力・開発力

他社と協働でアイアンモールオペレータサポートシステムを開発

地中工事の工法の一つであるアイアンモール工法。技術開発によりアイアンモール工法の適用土質が拡大し、近年は施工の難しい現場工事が増加しています。当社ではこのような工事の難易度上昇に対応するため、コマツと共同でドコモのパケット通信網を利用した小口径推進機遠隔施工支援システムを開発しました。アイアンモールオペレータサポートシステムと名付けられたこのシステムにより、個々のオペレータの習熟度やノウハウに頼らず遠隔操作で施工支援を行うことが可能となり、現場で多くのノウハウを活かすツールとして活躍しています。またN対Nの通信により時間や場所を問わずに現場状況を閲覧・処理できる点も特徴です。

会社データ

事業内容 土木一式、とび・土工、建築、水道施設、舗装、塗装、石、鋼構造物、しゅんせつ、造園
設立 1978年6月
資本金 50,000,000円
従業員数 58名
売上高 17億
代表者 代表取締役社長 越智 剛
事業所 本社/広島県広島市安佐北区安佐町久地563-7
本店/広島県江田島市江田島町宮ノ原一丁目20番5号
久地テクニカルセンター/広島県広島市安佐北区安佐町久地563-7
山陰支店
備北営業所
呉事務所
沿革 1968年 創業
1978年6月 法人化
1986年12月 三興建設株式会社に社名変更
1998年4月 久地テクニカルセンターを新設
2011年2月 中小企業IT実践企業大賞2011(主催:経済産業省)において、IT経営実践認定企業を受賞
2011年6月 広島市から男女共同参画事業所として表彰
2012年2月 中小企業IT実践企業大賞2012(主催:経済産業省)において、IT経営実践認定企業を受賞
選考スケジュール 説明会参加
  ↓
適性検査及び面接
  ↓ 
 内定
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)