株式会社ヤマックス
ヤマックス
2021

株式会社ヤマックス

東証JASDAQ上場
  • 株式公開
業種
建材・エクステリア
その他製造/建設/住宅/セメント
本社
熊本

私たちはこんな事業をしています

『コンクリート二次製品』という言葉をご存知ですか?

実は、私たちが普段なにげなく歩いている道路や、街を彩るビルなど
゛身近なところ″に 『コンクリート二次製品』は存在しています。

私たちヤマックスは、コンクリート二次製品の総合メーカーとして、
「人と環境の調和」をコンセプトとしたモノづくりを日々追求し、
機能的で高品質な製品を生み出すことで、人々の暮らす生活環境を足元から支えています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

『縁の下の力持ち』現代社会を影で支えるコンクリート二次製品。

コンクリート二次製品とは、簡単に言えば生コンクリートを原材料として成型した製品のこと。ヤマックスの製品は、人々の暮らしに密着し、生活基盤を支える道路・河川・下水道などの土木分野から、オフィスビル・マンションなどのビル建築分野まで、幅広い分野で活躍する『縁の下の力持ち』的な存在です。例えば、道路の縁石から高層ビルの外壁材まで、その用途や形状は実にさまざま。 当社は日々多様化するニーズに応え、研究開発から製造販売まで、コンクリート二次製品の総合メーカーとして高い実績とシェアを誇っています。

事業・商品の特徴

防災・減災!新たな価値を生み出すモノづくり!

自然災害から私たちの生活を守り、街づくりに貢献する製品をつくることが私たちヤマックスの使命です。その中でも、自社開発の大型土木用コンクリート二次製品は国道や高速道路の構築において数多くの実績を誇り、高付加価値製品としてお客様より高い評価を頂いております。そのような製品一つ一つについて生産・技術・営業・管理の各セクションが連携をとり、製造から納品まで一体感を持ってモノづくりを行っています。それぞれの職種が重要な役割を担い、チーム一丸となって行うモノづくりのやりがいは非常に大きく、携わった製品がカタチとなった時の達成感は計り知れません。

社風・風土

世代を超えて残せる仕事。”やりがい”は限りなく広がります!!

「あっここにもヤマックス!」そんな声が聞こえるほど身近な存在。それでいて大切な存在。それがヤマックスの製品です。そんな製品たちが、社会の中で地震や大雨などの自然災害から人々を守っているということ、そして世代を超えて自然や街の風景としていつまでも残っていくこと。私たちヤマックスは、こんなたまらない”やりがい”を胸に全社員がスクラムを組んで仕事をしています。道路や公園を元気に走り回る子供たち・・・。そして朝までぐっすりと眠ることができる住まいづくり・・・。そんな子供たちの未来を足元から支えていける仕事。やってみたいと思いませんか?

会社データ

事業内容 ■土木用セメント製品事業■

   道路の縁石から立体交差のトンネルまで、土木工事に使用される
   「土木用コンクリート二次製品」 の製造販売を行っています。

    [ ボックスカルバート、 L型擁壁、水路、側溝、河川製品など ]

■建築用セメント製品事業■

   高層ビルの外壁から戸建て住宅の壁まで、建築工事に使用される
   「建築用コンクリート二次製品」 の製造販売を行っています。

   [ PCカーテンウォール、床板、バルコニー、階段など ]

■ハウジング事業■

  木造注文住宅販売、施工、リフォームを行っています。
設立 1963年10月10日
資本金 17億 5204万円
従業員数 497名 (2019年3月31日現在)
売上高(連結) 168億 7100万円(2019年3月期)
代表者 代表取締役社長 茂森 拓
事業所 ■本  社■
  熊本県熊本市中央区水前寺3丁目9番5号

■支  店■
  東京支店、福岡支店、沖縄支店

■営業所■
  熊本県(熊本営業所、熊本南営業所、熊本北営業所)
  福岡県(福岡営業所、福岡南営業所)
  大分県(大分営業所)
  佐賀県(佐賀営業所)

■工  場■
  熊本県(松橋工場、人吉工場、小川工場、長洲工場)
  福岡県(瀬高工場)
  長崎県(島原工場、佐世保工場)
  埼玉県(埼玉工場)
関連会社 (株)東北ヤマックス、(株)HOCヤマックス、(株)福岡ヤマックス
取引銀行 みずほ銀行、肥後銀行、七十七銀行
沿革 1963年   長崎県島原市にヤマウコンクリート工業株式会社を設立、
                各種コンクリート二次製品の設計、製造及び販売に関する事業を開始
1964年   長崎県南高来郡国見町(現:雲仙市)に島原工場を新設
1967年   熊本県下益城郡松橋町(現:宇城市)に松橋工場を新設
1973年   熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)に小川工場を新設
1979年   埼玉県羽生市に埼玉工場を新設
1981年   長崎県北松浦郡吉井町(現:佐世保市)に佐世保工場を新設
1989年   熊本県玉名郡長洲町に長洲工場を新設
1990年   熊本県熊本市に本社を移転
1991年   株式会社ヤマックスに商号変更
1993年   福岡県山門郡瀬高町(現:みやま市)に瀬高工場を新設
1995年   日本証券業協会に株式を店頭登録
1997年   株式会社ミナト建材を設立
2001年   小川工場  ISO90001取得
                埼玉工場  ISO9001 取得
2004年   (株)ジャスダック証券取引所(現:東京証券取引所JASDAQ[スタンダード])
      創設に伴い同取引所へ移行
2006年 「株式会社福岡ヤマックス」(現:連結子会社)を設立
2011年   熊本県球磨郡相良村に人吉工場を新設
2012年  利根ジオテック株式会社(現:株式会社東北ヤマックス[連結子会社])の株式取得。 
2013年   H.O.C株式会社との共同出資により、長崎県に新会社「株式会社HOCヤマックス」を設立
2014年  株式会社ミナト建材(連結子会社)を吸収合併
2016年   長洲工場 PC部材品質認定(N認定)取得(社)プレハブ建築協会
震災復興への取り組み コンクリート二次製品のメーカーとして、平成28年熊本地震や東日本大震災の被災地に向けたコンクリート製品の供給責任を果たすことが、我々グループに課せられた使命であると認識し、グループの総力を挙げ全力で取り組んでおります。
今後も被災地復興と共に防災・減災にも貢献できるよう努力してまいります。
地域未来牽引企業 株式会社ヤマックスは経済産業省が実施している
「地域未来牽引企業」に選定されました。(2018年12月25日選定)

「地域未来牽引企業」は、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開すること、または、今後取り組むことが期待される企業です。
DBJ健康経営格付を取得 株式会社ヤマックスは日本政策投資銀行が認定している
「健康経営格付」を取得しました。(2019年9月6日)

「健康経営格付」は従業員の健康配慮への取り組みについて一定の評価を得た
企業に対して付与されます。
社内での安全パトロールの徹底や従業員の健康診断・ストレスチェックの受診率が高い点を
評価していただきました。
2019年9月6日時点で熊本県内の企業で「健康経営格付」の認定をうけたのは
ヤマックスのみとなっております。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)