ヤマト自動車株式会社ヤマトジドウシャ

ヤマト自動車株式会社

【専門商社】自動車部品の販売戦略、プライベートブランドの開発
業種 商社(自動車・輸送機器)
商社(金属)/コンサルタント・専門コンサルタント/インターネット関連/その他商社
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

グラフィックマネジメント(企画課)
吉田 瑞希(23歳)
【出身】近畿大学  法学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 「アイデア」を「カタチ」に、ヤマトの魅力を最大限に引き立たせる。
大型カラーで見やすさにこだわった「ヤマトのカタログ」の校正、
紙の10倍の商品が掲載された「ヤマトのウェブ」の情報編集、
そして、4ヶ月一度発行されるパンフレット「商人市」の作成。

マーケティングを更に強化するために、
「アナログ」と「デジタル」を駆使した
独自のプロモーションを生み出すヤマト自動車。

その魅力を最大限に引き立たせるのが、私の仕事です。

「どうしたらお客様が見やすいか」を試行錯誤しながら考え、
心を込めて制作していきます。

もちろん大変なこともあります。

それでも、自分の携わったカタログやチラシが
お客様をはじめ他部署のみなさんの役に立てていると思うと
喜びがこみ上げてきます。

「アイデア」が「カタチ」になるオモシロさを実感できるのが
企画課のやりがいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
失敗を怒らない 挑戦した姿勢を評価してくれる風土。
入社して間もない頃、仕事で大きなミスをしました。

先輩に迷惑をかけてしまい、落ち込んでいた私。
そんな私に、上司と先輩が声をかけてくださいました。

「挑戦しないと失敗もしないから。」

ミスしたことを怒るのではなく、
難しいことに挑戦した姿勢を褒めてくださったのです。
それが、とても嬉しかった。

しっかりとフォローしてくださる安心感があるからこそ、
私は今でも恐れずに挑戦できます。

今年から私も先輩です。
これからは与えられた仕事をこなすだけでなく、
自分の力をどんどん発揮していきます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 働きやすさ、人のあたたかさが最後の決め手。
なんとなく車が好き。

自動車業界ばかり見ていた就活時代。
たくさんの企業の中で、
”家の近くの会社だ”と目を止めたのがヤマト自動車でした。

同業界の企業説明会にはいくつか伺いましたが、
「人柄」に強く惹かれたのはここでした。

業界的にどの会社も男性社員が大半で、
自分よりも歳の離れた人が多い。

その中でもヤマト自動車は、
どの選考でもみなさん笑顔でやさしく接してくださり、
自分が安心して働けるイメージができたのです。

入社するまで不安だった”ギャップ”も、全くありません。

働きやすいあたたかい環境があることは、
ヤマト自動車の魅力です。
 
これまでのキャリア 近畿大学 法学部卒業

ヤマト自動車:グラフィックマネジメント<企画課>(入社2年目)

この仕事のポイント

職種系統 商品企画・プランニング
仕事の中身 快適なオフィスづくりを支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活は自分と向き合ういい機会です。

やりたい仕事が明確な人。ぼんやりと企業検索している人。

さまざまな考えの人がいますが、
最初から自分に合った職業、会社を選べる人は少ないと感じます。
今だから分かるのは、ほとんどの人が働いていくうちに見つけています。

入社後のギャップを限りなく減らすために、
色んな企業と出会い、見て、判断していってください。
その中のひとつとして、ヤマト自動車も視野に入れていただければ嬉しいですね。

ヤマト自動車株式会社の先輩社員

“売る”だけじゃない。きめ細やかな提案で心をつかむ。

営業部 セールス職
植松 貴之
鳥取大学 工学部

円滑なチームワークが、お客様の信頼を生み出す。

バイヤー<購買課>
鈴木 雄也
近畿大学 経営学部

海外から国内まで、新商品を探求開発。

プロダクトプランナー<商品開発室>室長
岸本 良太郎
大阪経済大学

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる