日本全薬工業株式会社ニホンゼンヤクコウギョウ

日本全薬工業株式会社

ZENOAQ
業種 医薬品
商社(医薬品)/医療関連・医療機関/化学/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社 福島

先輩社員にインタビュー

中央研究所附属ALS研究所アニマルライフサイエンス研究第1T
R・S
【出身】宇都宮大学大学院  農学研究科修士課程生物生産科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 動物用医薬品の研究開発業務
研究所では、製品開発の為の試験研究を行います。担当課題により必要な知識・技術が異なるため、それぞれが担当の分野についての専門性を深めながら試験を進めます。入社1年目から担当した課題は動物用医薬品ではなく畜産用資材でしたが、製剤の処方検討、性能評価、製品化後の営業部門やお客様への製品説明、発売後の問い合わせ対応などを行いました。
チームリーダーの仕事は、「個性の強いメンバー達の旨み(知識・スキル・人となり)を最大限に引き出して、いかに美味しく仕上げるか(製品開発に貢献させるか)」であると考えているのですが、新任管理者としては日々試行錯誤中です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
製品化の達成感と、各方面からの「ありがとう」
日本国内で販売実績のある製品を海外導出用に改良する仕事を担当しました。定期的に各部署の担当者と打ち合わせをしながら性能評価を行い、改良品を完成させました。スピードの求められる仕事であったためプレッシャーはありましたが、製品という形にし、現地でお客様へのプレゼンをしてきた時には大きな達成感がありました。この製品に限らず、開発担当者として追加試験の成績報告、お客様への製品説明、販売後の問い合わせ対応業務をするなかで、関係部署の担当さんやお客様から「ありがとう」「助かりました」と言って頂ける事は、自分の仕事が役に立っているという実感となり嬉しい瞬間です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 経営理念「動物のためになること」に共感したから
就職活動にあたり、まず「動物に関連した仕事」で「研究職」と考えていました。
大学では周産期乳牛に関する研究をしており、無事に出産した喜びも、治療の甲斐なく死んでしまった悲しみや悔しさも味わいました。その経験から「動物を生かす、助けるための仕事」はないかと考えるようになり、動物用医薬品の研究開発という職種を希望しました。
会社の薬品・資材は身近に感じていましたし、説明会や、エントリー後の連絡で丁寧に対応してもらったことにも好印象を持ちました。
最終的には、会社の経営理念「動物が人間にもたらす恵みを豊かにすること、その動物のためになること、私たちは常に動物の価値を高め社会の幸せに貢献します」に共感できたことがこの会社とのご縁だったと思っています。
 
これまでのキャリア 研究開発(現職・2016年で13年目) 
研究所スタッフとして各種試験担当(9年半)⇒サブチームリーダー(半年)⇒チームリーダー(2016年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 基礎研究
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 動物と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

特に理系の方が研究開発関係の進路を希望する場合は、それまでの研究テーマを強く意識するかと思います。研究分野や技術も重要ですが、入社後に学生時代の研究テーマをダイレクトに活かせるとは限りません。全く別分野の仕事を任された時にも対応できる適応力は職種を問わず求められると思います。何がアピールポイントになるかはその人次第です。研究分野以外の経験からも強み・弱み・興味・適正などについて、とことん掘り起こしてみて下さい。

日本全薬工業株式会社の先輩社員

自社品および導入品の動物試験業務!!

中央研究所 臨床開発センター
T・S
麻布大学大学院 獣医学研究科獣医学専攻

動物用医薬品の営業・販売をサポート。動物病院の質問対応等。

学術部CAテクニカルサービスT
S・F
日本大学 生物資源科学部獣医学科

組み換えタンパクの受託製造!

生産部 バイオ製剤チーム
A・O
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部動物科学科

「ニワトリ」担当の営業とは?

営業本部 AB事業部 AB東日本事業所 つくばCO
Y・U
京都産業大学 経営学部  経営学科

薬の販売からアフターフォローまで

営業本部 CA事業部 西日本事業所
N・T
久留米大学 商学部商学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる