株式会社デライトデライト

株式会社デライト

クックマート
業種 スーパー・ストア
百貨店/外食・レストラン・フードサービス/食品
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

精肉部
岡部雷矢
【出身】中京大学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 一人ひとりにちょうど良いコミュニケーションでチームを機能させる
精肉部のチーフとして肉を捌きながら、鮮度管理や商品構成管理といった売り場管理や、チームメンバーのマネジメントも行います。
特にマネジメントは、メンバーそれぞれに温度感があるので、一人ひとりにちょうど良いコミュニケーションができるといいな、と思っています。例えば、報連相のために使っている社内のメーリングリストなんかでも、使い方や発言の量も人それぞれだから、気持ちが見えてくるまで対面で会話したいとは思っています。気持ちって話さないとわからないから。一人ひとりは違うという大前提の中で、ほどよい距離感をもって優しくし合うのが、チームを機能させるのに有効だと感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
会社が1人の人間のありのままを見てくれている
会社が「岡部」という1人の人間のありのままを見てくれているという感覚が入社した頃からずっとあります。そのままの自分を買ってもらっているから、指摘されたことも素直に受け止められる。働く人をしっかり見て、その人に合ったポジションが生まれる。そういう組織の変化を目の当たりにしながら、自分だったら何ができるだろう?と空想するもの楽しいです。
自分らしく働き続けるために自分もどんどん変化をしていきたいから、こうしたい、ああしたいを上の人にアピールすることもあります。そういう時に決まって返ってくる言葉は「大丈夫、見てるよ」と。ああ、自分のことをちゃんと見ててくれているんだな、と安心してまた前に進めるんです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人に対して熱い会社!
実は大学4年で教師の道を諦めて、就職浪人するつもりでした。偶然、就活のナビサイトで出会った会社がデライトだったんです。お店も知らなかったし、小売やサービス業に興味があったわけでもありませんでした。ただ、ホームページや、説明会や面接での様子から、「人に対して熱い会社だな」と感じて、そこに惹かれました。
 
これまでのキャリア 精肉部に配属後、社内最速の入社2年でチーフを任せてもらっています。今後は「岡部くんにはぜひこの仕事をしてほしい」と言われるような人でありたいです。

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社について調べ、実際に会社の人と会うのが良いと思います。自分は就活で、就職するなら人と関わりたいと考えていました。それはお客様だけでなく、従業員同士でも、チームワークというか、コミュニケーションを大事にしている会社という意味です。デライトのホームページを見たとき、本当に楽しそうだと思ったから説明会に行きました。何がきっかけになるかわかりませんので、少しでも気になったならば、とにかく調べて、会うことです。

株式会社デライトの先輩社員

お店の顔として、 旬を演出する

青果部
山下祐司
愛知大学

店の売上の半分を背負う、縁の下の力持ち

グロッサリー部
伊藤翼
東海学園大学

自分の包丁が、魚に価値を与える面白さ

鮮魚部
三澤雄太
名古屋商科大学

レジ担当かと思いきや「総合サービス」だった

チェッカー部門
鈴木也実

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる