丸三産業株式会社マルサンサンギョウ

丸三産業株式会社

【コットン衛生用品、コットン不織布製造メーカー】
業種 繊維
化粧品/医療機器/医薬品/医療関連・医療機関
本社 愛媛

先輩社員にインタビュー

営業本部 第一営業部 東京支店マテリアルグループ
十河 夢(35歳)
【出身】愛媛大学大学院  農学研究科 生物資源学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 コスメ・日用品メーカー向け化粧用コットン、不織布製品の提案・営業
お客様が要望されるコットンを作る為には、まずは細かなニーズの聞き取りが必要になります。使用シーンや用途、一緒に使う化粧品の特徴や美容法等を含めて確認します。そしてお客様の持たれている情報や感覚を互いに共感し共有化した上で漠然とイメージされているヒントを手掛かりに具体的にどのようにすればカタチになるかを考え、設計部門にその内容を的確に伝えます。
設計部門、製造部門と打合せを行い、試作の計画・試作立会、サンプル評価を行い、コットンをカタチにして熱意を持ってお客様に提案します。
導入決定後、製品が市場に出るまでのサポートを行います。又、上市後は安定した製品をつくるためクレームの対応も行います。
何もない一からの製品作り、そして導入後も一貫して責任を持って製品に関わり続ける事が出来る事が楽しみです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
一から提案したコットンの採用が決定し、今も拡販され続けている事です。
営業部に所属して2年目、リニューアルを機に他社とのコンペが行われる事になりました。その際、お客様の望まれるコットンを作るためには、通常難しいとされる製造条件にて行わなければなりませんでした。当初製造部門からは出来ないと言われましたが、どうしてもそのハードルを乗り越えない事には望むモノが作れないため、諦めずに話し合いを行い取り組む事を決めて頂きました。製造時には設備の調整等に手間が掛りましたが、製造部門の技術と熱意に支えられ無事望むものを作る事が出来ました。
出来たコットンにはお客様の想い、そして私たちの熱意が詰まっており、プレゼンではその熱い想いがお客様に見事届き、採用が決定。今も拡販され続けています。熱い想いを共有化する事で市場に製品を生み出し、大きな喜びを得ました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「モノづくり」に対する熱い想いが魅力的だったから。
研究職を志していた私は、人の健康と美容に関わる「モノづくり」を行っている会社に的を絞り就職活動をしていました。当社を知ったきっかけは、リクナビの合同説明会です。
モノづくりを行う時、関わる人により全く異なる性質のものが出来ます。当社にはモノづくりにかける熱い想いがあり、社員一人ひとりの意見が尊重されると同時に様々な事に責任を持って仕事を行える事に魅力を感じました。
又、総務担当者が良い面だけではなく、今の会社に足りない点を話して頂いた事も好印象を持ちました。そして、足りない部分の改善に力を注いでいる事を知り、入社後は私も共に貢献したいと思いました。改善には様々な人の力が必要になるため、より良い会社にするためにどうすればよいかをよく考え、出来る事から一歩ずつ改善の輪を広げるよう心掛けています。
 
これまでのキャリア 品質保証(1年7カ月間)、研究開発(1年10カ月間)、営業 東京支店マテリアルグループ アシスタントグループリーダー(現職・8年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

様々な会社をただ見て入ってくる情報に流されるのではなく、そこで感じた事を自分の視点を持って長所や短所を見抜き、自分との相性を考えて下さい。又、じっくりと自分のしたい事、自分の目指している事が何なのかを明確にし、共感出来一緒に成長していける会社を見つけて下さい。出会いのチャンスは普段何気無く生活している中にヒントがあるかもしれません。今一度足元から出会いのチャンスを見直して、しっかりとチャンスをつかみ取れるように頑張って下さい。

丸三産業株式会社の先輩社員

不織布を使用した新製品、新製法の開発。

製品開発本部 開発グループ
浪花 祐也
岡山大学 理学部化学科

海外営業・輸出業務

第三営業部
尾崎 正和
大阪経済大学 経済学部経済学科

新規生産ラインの立ち上げ。 設備の保全。

生産技術部 製造グループ
伊藤 新治
九州共立大学 経済学部 経済学科

お客様の声に耳を傾けます。

品質保証部 品質保証グループ
此下 和太郎
九州東海大学(現 東海大学) 農学部 バイオサイエンス学科

医療用脱脂綿の品質管理を担当

MCT西条株式会社 品質管理グループ
和氣 一恵
岡山大学大学院 自然科学研究科 物質生命工学専攻

脱脂綿生産工場の生産管理全般を担当

加工第1G
片倉 駿
四国職業能力開発大学校 生産機械システム技術科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる