社会福祉法人 名北福祉会メイホクフクシカイ

社会福祉法人 名北福祉会

保育/高齢者介護/障がい者支援/デイサービス/障害児通所支援
業種 福祉・介護
教育関連/人材サービス(人材紹介・人材派遣)/医療関連・医療機関/その他サービス
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

めいほく共同作業所分場
Y・M(25歳)
【出身】京都府立大学  公共政策学部・福祉社会学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 利用者の方の気持ちに寄り添う
私は知的障害を持つ方の作業所の職員として働いています。日中行っている作業は、箸の袋詰めお菓子袋詰めなどです。その他にも、近所へのお出かけやお菓子を作りなどの活動もしています。作業だけではなく、どのような過ごし方がその人にとって一番よいのか、一人ひとりにあった過ごし方を一緒に考えます。そのために利用者の方が何を考えどのような気持ちでいるのかということを日々模索しています。利用者の方だけではなく、職員同士で利用者の方の気持ちや接し方について話し合ったり、わからないことは他の職員に相談することが大切だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
心を開いてくれた瞬間
まずは利用者の方のことを知ることや、信頼関係を築くことを目指しました。最初は話しかけても恥ずかしくて反応してくれないこともありましたが、徐々に心を開いてくれて、自分の気持ちを言ってくれるようになったり、微笑みかけてくれるようになった時はとても嬉しいです。特にあまり目を合わせたり微笑んだりしない利用者の方と、心を通わせようと毎日話しかけていたら、目を合わせてほほ笑んでくれた瞬間はとても嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地域でその人らしく過ごせる場
身内に知的障害を持った方がいて、知的障害を持った方でもいろいろな経験をして自分の好きなことを見つけて、生き生きと過ごしてほしいという思いがあり、大学で福祉を学びました。大学卒業後は事務職として約2年働きましたが、福祉の仕事がしたいと思い転職をしました。社会福祉協議会の人に紹介してもらい、めいほく共同作業所を知りました。利用者の方が地域で自分らしく過ごせるよう支援しているところと、働いている方の人柄をみてここで働きたいと思い、就職させていただきました。
 
これまでのキャリア 事務職として2年働いた後、転職をしてめいほく共同作業所に就職し、5ヵ月がたちました。

この仕事のポイント

仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動大変だと思いますが、自分に合った職場は必ずあるはず!一緒に働く人の雰囲気や仕事内容を調べて、どういうところが自分に合うのかをよく調べて頑張ってください。働きたい会社があったら、誠意を持って自分の気持ちを伝えればきっと大丈夫です。

社会福祉法人 名北福祉会の先輩社員

豊かな生活にむけて一日一日じっくりと

めいほく福祉会めいほくホーム
S.C
日本福祉大学 社会福祉学部・社会福祉学科

障害のある方の日中活動のサポート

めいほく共同作業所
塚本洋平
愛知大学 現代中国学部 現代中国学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる