社会福祉法人 名北福祉会メイホクフクシカイ

社会福祉法人 名北福祉会

保育/高齢者介護/障がい者支援/デイサービス/障害児通所支援
業種 福祉・介護
教育関連/人材サービス(人材紹介・人材派遣)/医療関連・医療機関/その他サービス
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

めいほく福祉会めいほくホーム
S.C(26歳)
【出身】日本福祉大学  社会福祉学部・社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 豊かな生活にむけて一日一日じっくりと
私は、知的の障害を持つ方のグループホームの職員として働いています。利用者にとって安心して安らげる場所、その人らしさのある豊かな暮らしを日々考え、奮闘しています。入居者は1つのホームで4人と少人数ですが、一人一人としっかり話し、関わっていくのでとても濃い内容の仕事だと思います。
業務内容としては夕食つくりや入浴介助、着替えの手伝いや施設の掃除とありますが、利用者の生活の中での悩みや心配事を一緒に考え乗り越えたり、充実した休日を相談して決めたりと利用者との関わりに一番力を注いでいます。今日明日への生活はもちろん、1年後、3年後の姿を見据えて一日一日をじっくりと支えていきます。障害への専門的な仕事ですが、人間としての力もお互いに成長を感じられる仕事です!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
小さな変化、成長をみんなで感じ合うこと
正直、人と関わる業種の中でも成果や結果がとても小さく見えづらい仕事ではないかと思います。丁寧に利用者のためと考えていても、本当にこれで良かったのかと日々悩むものです。だからこそ、小さな変化や成長をきちんと見つけ、職員みんなで確かめ合い、利用者の話で盛り上がることがとても救われるし、喜びを感じます。ホームに入居し、はじめは慣れない環境・職員に戸惑う利用者が、時間をかけて「お話しをしてくれるようになったよ」「自分でお皿を洗っていたよ」など生き生きした姿を聞けることがとてもうれしいです。ささいなことですが、職場に私がいない時に、利用者さんが「あれ、今日鈴木さんいないの?」とほかの職員さんに聞いたことを教えてもらった時は、必要としてもらえたような気がして、うれしかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 私が利用者だったらここを選ぶ
私が福祉関係で就職を決めるにあたって、基準にしたことは「私が利用者としてここを選ぶかどうか」ということです。利用者自身が、ここにいたい、ここで過ごしたいと思ってくれなければ、職員として働いても絶対いやになるだろうと思ったからです。初めてめいほくホームに来たとき、仲間と職員が和気あいあいと話し、一緒に料理をし、のんびりとした家庭的な雰囲気がとても魅力的でした。私にとって、この家庭的な雰囲気が一番の「私が利用者だったらここを選ぶ」と思った決め手でした。また、めいほく福祉会は日中作業所や保育園、高齢者デイなど幅広く地域に根付いた法人であること、平和や障害者権利の運動にも積極的におこなっており、ここは学べることが多いと思いました。
 
これまでのキャリア めいほくホーム4年目

この仕事のポイント

仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の持ち味は何かをしっかり知ること。
社会人と一言で言ってもいろんな人、職業があります。自分がなりたい職業と向いている職業が必ずしも一致するとは限りません。そんな就活の中、悩まれる方が大勢いるでしょう。職業だけでなく、自分自身のこともよく見つめなおし、「私ってどんな人間かな、どんなことが好き?なにに苦手さを感じる?」と考え、あなた自身をしっかりと知ってほしいです。きっとあなたの持ち味にあったやりたいことがおのずと見えてくると思います!

社会福祉法人 名北福祉会の先輩社員

利用者の方の気持ちに寄り添う

めいほく共同作業所分場
Y・M
京都府立大学 公共政策学部・福祉社会学科

障害のある方の日中活動のサポート

めいほく共同作業所
塚本洋平
愛知大学 現代中国学部 現代中国学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる