物産フードサイエンス株式会社
ブッサンフードサイエンス
2021

物産フードサイエンス株式会社

食品素材メーカー/医薬品素材メーカー/三井物産グループ
業種
化学
食品/医薬品/プラント・エンジニアリング
本社
愛知、東京

私たちはこんな事業をしています

■私たちの生活を支える素材メーカー■

当社は名古屋工場で糖アルコールの国内生産にこだわる、国内トップメーカーです。
【糖アルコール】は果物や野菜等に天然に含まれる糖質で、有名なものは【キシリトール】です。
他にも、還元水飴・ソルビトール・エリスリトール等の種類があり、食品・飲料・医薬品・練り歯磨き・
シャンプー等、身近な商品の素材として幅広く使われ、私たちの暮らしを支えています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

甘いだけじゃない素材。糖アルコール。

私たちは、健康で豊かな社会の実現を願い、安全で高品質な糖アルコール製品(キシリトール・還元水飴等)をお客さまへお届けしています。糖アルコールは「糖質」の仲間ですが、砂糖や水飴とは異なる特長を持っています。【熱・酸・アルカリに強い】安定性が高く、加熱による褐変反応や、アミノ酸・タンパク質とのメイラード反応の原因になりません【微生物の栄養源になりにくい】菌が繁殖しにくいため、品質保持に貢献します。また、虫歯の原因になりにくい素材です。【消化吸収されにくい】人の消化酵素で消化されにくく、吸収されにくいため、低カロリーです。また、血糖値やインシュリンレベルにも影響しません。

戦略・ビジョン

糖アルコールで日本トップメーカーからアジアのトップメーカーへ

私たちは三井物産グループの一員です。2008年8月に社名を物産フードサイエンス株式会社へと変更し、「フードサイエンス・プラットフォーム」構想を掲げました。これまでに培ってきた技術力、情報力、マーケティング力を、新たな素材開発・用途開発・製品企画に活かしながら、三井物産グループにおけるフードサイエンス事業分野の知の集積基盤となることを目指して事業を推進しています。【科学の領域に踏み込んで食を極め、健康で豊かな食生活を創造すること】、それが私たちの使命です。その責任を果たすべく、これからも挑戦と革新を重ねながら、さらなる技術の研鑽に努め、希望に満ちた社会の実現に寄与していきたいと考えています。

社風・風土

快適な職場環境づくりを推進しています

【有給休暇】有給休暇を取得しやすく、オンとオフのメリハリをしっかりつけて働くことができます(取得率は全国水準より+10%)。【積立有給休暇制度※当社独自】本来ならば消滅する有給休暇を最大20日まで積み立てることができ、私傷病により休業を必要とするときに使用できます。【産休・育休】現在育休取得中の社員もおり、ここ数年は取得者が毎年続いています。ライフステージが変化しても安心して働けます。【研修制度】新入社員研修はじっくり3か月間。その後も三井物産グループの研修など、スキルアップ機会も豊富です。さらに無料eラーニング(約200講座受講可)・語学研修制度・資格取得支援など、自己啓発支援環境を整えています。

会社データ

事業内容 【糖アルコール】を中心とする機能性食品素材・医薬品素材・化学品素材の製造販売・受託製造・卸売販売

■製造販売
安全・安心・安定供給を最優先に製造しています。販売はこれまで培った知識、経験を活かし、お客様(食品、飲料、医薬品、化粧品、化学工業製品メーカー等)の視点に立ち、技術と共に最適な製品をご提案します。

■受託製造
当社の水素添加技術や精製技術を活用した受託製造事業。低コストで高品質な製品を製造します。

■卸売販売
糖アルコール以外の機能性素材を他社から購入し、国内外のお客様に販売。各種ご要望に応えるべく、糖アルコールとの相乗効果の提案にも注力しています。
設立 1969年10月1日
資本金 2億5000万円
従業員数 221名(2019年9月1日時点)
売上高 非公開
設立以来毎期黒字を達成し、堅調な業績を維持しています。
2009年に三井物産株式会社より一部事業譲渡を受け、2010年に大阪営業所を開所、2015年に名古屋工場の新事務・研究棟を竣工、2016年に「ケストース」を販売開始、2017年に東京アプリケーションセンターを開所等、業容拡大を続けています。
代表者 代表取締役社長 安藤 誠志
事業所 【名古屋工場】
愛知県知多市北浜町24番12

【東京本社・東京営業所】
東京都千代田区大手町一丁目7番2号 東京サンケイビル17階

【大阪営業所】
大阪府大阪市北区中之島二丁目3番33号 大阪三井物産ビル19階

【東京アプリケーションセンター】
東京都千代田区内神田一丁目2番10号 羽衣ビルB1階
ホームページ http://www.bfsci.co.jp/
最新情報1【新製品情報】 ■2019年 新製品「エリスリトール顆粒DC」本格上市!!

独自の造粒技術により、優れた打錠用エリスリトール顆粒の開発に成功。
新製品「エリスリトール顆粒DC」は、お客様からの要望によって製品化されたもので、
2016年から開発に着手。およそ3年間の期間を費やし、本格上市の運びとなりました。
特長は「優れた流動性」「優れた打錠性能」「溶解時のマイクロバブル付与」等で、
今までになかった用途の商品が実現できることです。
最新情報2【認定】 ■愛知ブランド企業認定(2019年)

2019年2月1日、愛知県より「キラリと光る愛知のモノづくり企業」の一社として「愛知ブランド企業」に認定されました。
同年2月21日には愛知芸術文化センターで認定式が開催され、大村秀章愛知県知事より認定証とトロフィーを授与頂きました。

[愛知ブランド企業とは]
ものづくり王国と言われる愛知県では、県内製造業の実力を広く国内外にアピールし、愛知のものづくりを世界的ブランドへと展開するため、県内の優れたものづくり企業を「愛知ブランド企業」として認定しております。

[認定基準]
優れた理念、トップのリーダーシップのもと、業務プロセスの革新を進め、独自の強みを発揮し、環境に配慮しつつ、顧客起点のブランド価値等の構築による顧客価値を形成している製造企業
最新情報3【地域貢献】 ■知多運動公園陸上競技場のネーミングライツパートナーに決定

物産フードサイエンス株式会社は、このたび、知多市より、知多運動公園陸上競技場のネーミングライツパートナーに選出されました。10月1日より、知多運動公園陸上競技場の愛称は以下の通りとなります。

愛称:「物産フードサイエンス1969知多スタジアム」

物産フードサイエンスは本年10月1日に創立50周年を迎えます。半世紀にわたりご支援いただいている知多市への感謝の意を表すと共に、今後とも知多市とともに発展することを目指し、知多運動公園陸上競技場のネーミングライツパートナーに応募し、このたび決定の通知を頂きました。知多市の活性化に貢献すると共に、地域住民の皆様とのつながりをより一層深めていきたいと考えております。

最新情報4【受賞】 ■2019年5月:日本栄養・食糧学会技術賞受賞
■2019年7月:ウェルネスフードアワード2019 食品原料部門 銅賞
最新情報5【メディア掲載】 ■2019年6月:月間フードケミカル掲載(研究所ルポにて東京アプリケーションセンター掲載)
■2019年6月:食品科学新聞掲載(新商品の関連記事、日本栄養・食糧学会技術賞受賞の関連記事)
■2019年6月:化学工業日報掲載(ケストース関連記事)
■2019年8月:日刊工業新聞掲載(ケストース関連記事)
■2019年8月:健康産業流通新聞掲載(ケストース関連記事)
経営理念 当社は、持続的に発展する健康で豊かな社会の実現を願い、高いコンプライアンス意識を保持し有効な内部統制体制を備えた三井物産グループの一社として、地球環境を大切にし、科学の領域に深く踏み込んで事業を推進しながら、全てのステークホルダーに貢献します。

1.安全・安心・安定供給、および、技術革新の成果をお客様にお届けします。
2.Quality of Lifeの向上と自己実現の機会を従業員に提供します。
3.納税・雇用機会創出・資源の有効活用などを通じて、広く社会に貢献します。
4.健全な財務体質と安定した収益力を維持して、株主の連結経営に寄与します。
ミッション・ビジョン・バリューズ 【ミッション】
明日(あした)の素材をつくり、明日(あした)の生活をつくり、明日(あした)の笑顔をつくる。

【ビジョン】
糖に甘さ以上の価値を与え、人々のQOL向上に貢献する、リーディングカンパニーを目指します。

【バリューズ】
・安全・安心なモノづくりに取り組みます。
・糖アルコール事業で培った技術力・研究開発力で、お客様と時代のニーズに応えます。
・挑戦する心を忘れないプロフェッショナル集団であり続けます。
・高い現場力を持つ次世代を担う人財を育てます。
・地球環境への優しさと高いコンプライアンス意識を持って行動します。
認証 ■ISO9001
■ISO14001
■FSSC22000
■ハラール認証
品質・環境・食品安全方針 当社は、明日の素材をつくり、明日の生活をつくり、明日の笑顔をつくることを使命として、法令およびその他の要求事項を順守し、マネジメントシステムを継続的に改善することにより、製品・サービスの向上に努めるとともに、汚染の予防および地球環境の保護に貢献することをコミットします。

当社は、糖に甘さ以上の価値を与え、人々のQOL向上に貢献するリーディングカンパニーを目指して、次の5項目に注力します。
・安全・安心なモノづくりに取り組みます。
・糖アルコール事業で培った技術力・研究開発力で、お客様と時代のニーズに応えます。
・挑戦する心を忘れないプロフェッショナル集団であり続けます。
・高い現場力を持つ次世代を担う人財を育てます。
・地球環境への優しさと高いコンプライアンス意識を持って行動します。
ハラール方針 ■ハラール方針
1.当社は、イスラム教徒の皆様の健康で豊かな生活に貢献するため、イスラム教及びハラール認証機関の指導のもと、ハラール保証システム(HAS)を策定・実践し、安全で安心願えるハラール製品を継続して提供していくことを誓います。

2.当社は、様々な機会を捉えて当社ハラール方針を社内に周知徹底させ、また、関係者へも周知します。
さらに働きやすい企業を目指して ■愛知ファミリーフレンドリー企業登録(2018年)

[ファミリー・フレンドリー企業とは]
社員が仕事と生活の調和を図ることができるよう積極的に取り組んでいる企業

[当社の取り組み]
物産フードサイエンスでは従業員が仕事と私生活の調和が図れる職場環境の改善に取り組んでいます。
1.ライフスタイルに応じた人事制度の導入
  従業員の志向に適した働き方を選択できます
2.有給休暇を取得しやすい職場風土作り
  有給休暇取得率は全国平均を大きく上回っています
3.ハラスメントのない職場を目指して
  全従業員を対象としたコンプライアンス意識調査と社内研修を実施しています
主な取引先 加工食品、冷凍食品、菓子、パン、飲料、工業品、医薬品、化粧品、製紙、化学、農薬、ペットフード等のメーカー
株主構成 三井物産株式会社(100%)
関連会社 三井物産株式会社、三井物産グループ各社
平均年齢 40.7歳(2019年9月1日時点)
先輩の主な出身校 ■大学院■
愛知教育大学、愛知工業大学、愛知産業大学、岩手大学、宇都宮大学、大阪府立大学、鹿児島大学、北里大学、九州大学、岐阜大学、滋賀県立大学、静岡大学、静岡県立大学、昭和大学、信州大学、中部大学、東京大学、東京農工大学、東京理科大学、鳥取大学、名古屋大学、京都大学・奈良先端科学技術大学院大学、広島大学、明治薬科大学、名城大学

■大学■
秋田大学、亜細亜大学、岡山大学、岡山県立大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢大学、金沢工業大学、関西大学、学習院大学、北里大学、京都産業大学、近畿大学、岐阜大学、神戸大学、国学院大学、信州大学、椙山女学園大学、鈴鹿医療科学大学、成蹊大学、大同大学、千葉工業大学、中央大学、中京大学、中部大学、筑波大学、帝京大学、東海大学、東京農業大学、東京農工大学、同志社女子大学、長浜バイオ大学、名古屋大学、名古屋学院大学、名古屋経済大学、名古屋工業大学、名古屋商科大学、日本大学、日本福祉大学、法政大学、北海道工業大学、三重大学、武蔵大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、山形大学、立教大学、早稲田大学
平均勤続年数 9~10年(2019年9月1日時点)
※キャリア採用者も含む(業容拡大によりキャリア採用者も積極採用中)
沿革 【2019年で50周年を迎えます】

■1969年 (昭和44年)糖アルコール類製品の製造を目的に、日研化学株式会社と三井物産株式会社の合弁会社として設立
■1971年 (昭和46年)名古屋工場完成、操業開始。「ソルビトール」・還元水飴「エスイー」製造開始
■1973年 (昭和48年)還元麦芽糖水飴「マルビット」製造開始
■1987年 (昭和62年)高糖化還元水飴「エスイー600」製造開始
■1993年 (平成5年)「イソソルビド液」・「ソルビタンA」製造開始
■1995年 (平成7年)GMP(Good Manufacturing Practice)対応の高純度結晶品製造プラント完成。「局方キシリトール」・「局方マンニトール」製造開始
■1998年 (平成10年)「食添キシリトール」製造開始
■2000年 (平成12年)還元水飴「スイートOL」・「スイートG2」製造開始
■2002年 (平成14年)日研化学株式会社より化成品事業の営業譲渡を受け、製造と販売を一体化。三井物産株式会社が筆頭株主となる。還元水飴「スイートNT」製造開始。
■2003年 (平成15年)三井物産株式会社100%子会社となる。国内最高速の缶充填設備導入。
■2005年 (平成17年)ISO9001を認証取得。粉末還元水飴「スイートP EM」製造開始。
■2005年 (平成17年)ISO9001を認証取得。粉末還元水飴「スイートP EM」製造開始。
■2007年 (平成19年)ISO14001を認証取得
■2008年 (平成20年)物産フードサイエンス株式会社へ商号変更
■2009年 (平成21年)三井物産株式会社より一部事業譲渡を受け仕入販売の業容拡大。東京本社・東京営業所を中央区明石町から千代田区神田へ移転。
■2010年 (平成22年)大阪営業所 開所。水素発生装置完成。
■2013年 (平成25年)東京本社・東京営業所を千代田区神田から千代田区大手町へ移転。FSSC2000を認証取得。
■2015年 (平成27年)自社ブランド「エリスリトール」販売開始。名古屋工場 新事務・研究棟竣工。
■2016年 (平成28年)「ケストース」販売開始。
■2017年 (平成29年)ハラール認証を取得(対象:名古屋工場製造自社ブランド製品)。東京アプリケーションセンター開所。
■2018年(平成30年)自社ブランド「局方キシリトール」・「局方マンニトール」販売開始。「愛知県ファミリー・フレンドリー企業」に登録。
■2019年(平成31年・令和元年)「愛知ブランド企業」に認定。知多運動公園陸上競技場のネーミングライツパートナーに決定。新製品「エリスリトール顆粒DC」上市。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)