神戸市役所
コウベシヤクショ
2021
業種
公社・官庁
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

豊かな自然と街並みに彩られた都市、神戸。約154万人の市民が快適に暮らせるよう私たちは様々な行政サービスを展開しています。
まちづくり、地域福祉、商工業振興、都市計画、危機管理、地下鉄・バスの運営、環境保全…。
市民と街が輝く都市を創造するべく、各セクションで多くの職員が活躍しています。
目指すのは、神戸のさらなる発展。安心して暮らせる快適な街づくりのために、職員全員が一丸となって取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

輝ける未来創造都市の実現に向けて

神戸は、明治の開港から市民が常に新しい気風や考え方を取り入れながら、つくりあげてきた街です。まちなみ、経済集積、文化を築き上げ、さらに震災をも乗り越え、神戸独自のブランドを確立し、発展を遂げてきました。こうした進取の気風をいしずえに、少子高齢化社会にしっかりと対応し、市民のみなさんが夢を持って元気で安心して暮らしていけるよう、また神戸が日本に世界に未来に貢献できるよう、輝ける未来創造都市の実現に向けて、取り組んでいきます。

社風・風土

専門性を高め人間力を磨ける「成長できる環境」

神戸は、外来文化を積極的に取り入れることによって培われてきた開放的で自由な風土が特徴です。市役所のなかにもそれが息づいており、若手の意見であっても積極的に取り入れ、仕事を任せるという風土が根付いています。仕事の量や責任が重いこともありますが、若いうちから大きなプロジェクトを任されるやりがいは格別です。市民の方や様々な人とコミュニケーションをとる力や、他都市に負けないまちづくりをするためのアイデア力など、様々な力を身につけながら早い自己成長ができる環境が神戸市にはあります。

会社データ

事業内容 市民のいのちとくらしを守るとともに、
神戸の創造的な発展を推進していくために
多種多様な行政サービスを展開しています。
キーワードは第5次神戸市基本計画に描かれている
「ひと」を「たから」とし,新たな豊かさをともに創造する、
「協創」のまちづくり。
この計画を通じて,神戸の未来をデザインしていきます。

<主な事業>

●『市民のくらしをまもる』・『いのちをまもる』 

  ・安心できる地域生活の実現
  ・障がい者の自立と社会参画の推進
  ・震災の教訓の継承と発信  ほか

●『新たな活力を生み出す』・『産業を活性化する』

  ・成長分野の企業集積の促進
  ・阪神港国際コンテナ戦略港湾の機能強化
  ・商店街、小売市場の活性化  ほか

●『多様な市民が活躍する』・『次世代市民を育む』

  ・ユニバーサルデザイン(UD)の推進
  ・文化芸術を活かしたまちづくりの推進
  ・保育の充実、ほか

●『安全・安心の基盤を築く』・『持続可能なまちをつくる』

  ・密集市街地の再生
  ・六甲山の緑の保全・育成
  ・低炭素都市づくりの推進  ほか

●『人と人とのつながりを深める』・『行政の「つながる力」を高める』

  ・地域活動の活性化
  ・市民に身近な行政の推進
  ・都市間連携の強化  ほか

●『創造性を高め発揮する』・『まちの魅力を高め発信する』

  ・「デザイン都市」の実現に向けた人材の集積・活躍
  ・魅力あるまちなみや景観づくり
  ・都心・ウォーターフロントの魅力向上


<行政サービス>

●区のまちづくり
●都市計画
●道路管理
●上下水道
●福祉
●河川管理
●耐震化促進
●公共施設などの管理
●農業振興
●公園緑化・緑地保全
●水質検査
●飲食店指導
●商工業の振興
●スポーツ振興
●港湾振興
●観光振興
●生活保護
●環境保全
●公営交通
設立 1889年(明治22年) ※市制施行により神戸市となる。
従業員数 約2万1200名(平成30年4月現在)
一般会計 歳入・歳出決算 平成29年度 歳入/約7,789億円  歳出/約7,730億円
代表者 神戸市長 久元 喜造
事業所 ●市役所(神戸市中央区加納町6-5-1)
●区役所(東灘区役所、灘区役所、中央区役所、兵庫区役所、北区役所、長田区役所、須磨区役所、垂水区役所、西区役所)
●支所(北須磨支所、北神支所)
●その他市内を中心に各所
デザイン都市・神戸の推進 神戸市は2008年10月16日に、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)・創造都市ネットワークの「デザイン都市」にアジアで初めて認定されました。
ほかの認定都市との国際的なネットワークを構築し、都市間連携・交流を促進していくことで、「デザイン都市・神戸」のさらなる推進を図るとともに、神戸の魅力や「デザイン都市・神戸」の取り組みを世界に向けて発信していきます。
デザイン都市・神戸には、「まちのデザイン」、「くらしのデザイン」、「ものづくりのデザイン」からなる3つの基本方針があります。「まちのデザイン」では、神戸らしい魅力ある景観や街並みをまもり、そだてる取り組みや,六甲山、郊外のみどりの保全、育成などに取り組んでいます。また、「くらしのデザイン」では,デザインの力を活かし、市民の生活や心を豊かにする取り組みを行っています。「ものづくりのデザイン」では、デザイナーと企業とのマッチングや、よりすぐれたデザインのものづくりを応援することで、マーケットを活性化させる取り組みなどを行っています。
具体的な連携・交流事業として、このような事業の実施により、行政相互の交流にとどまらず、市民・NPO、教育機関・専門家、経済界など、それぞれの主体間での幅広い交流につなげていきます。
神戸医療産業都市の推進 神戸市は関西圏の産学官連携により、ポートアイランドを中心に高度医療技術の研究開発拠点を整備し、市民福祉の向上、神戸経済の活性化と雇用の確保、アジア諸国への国際貢献を目指す「神戸医療産業都市」を推進しています。
医療産業都市には、国の特殊法人である理化学研究所が整備したスーパーコンピュータ「京」があり、また、「iPS細胞」を使った目の網膜を再生する世界初の臨床研究が行われているなど、世界中から注目されています。
2014年3月には、日本の経済再生をめざす国家戦略特区プロジェクトにも指定され、日本を代表するプロジェクトとなっています。
おしゃれで洗練された都市を支える産業は? 神戸市内の総生産額は、近年6兆円前後で推移しており、全国の約1%を占めています。
特に、神戸は「みなとまち」の風土や洗練された感覚を持った消費者に支えられ、ケミカルシューズ、洋菓子、アパレル、真珠などの生活文化に係る「ファッション産業」が発展し、都市イメージの形成にも大きな影響を与えています。これらは観光産業の活性化にもつながる産業であり、神戸経済の大きな強みでもあります。そのため神戸ならではのファッション産業振興に力を入れています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)