酒井鈴木工業株式会社
サカイスズキコウギョウ
2021

酒井鈴木工業株式会社

土木工事/舗装工事/建築工事・請負設計施工/再生砕石製造販売
業種
建設
建築設計/住宅/建材・エクステリア/その他製造
本社
山形

私たちはこんな事業をしています

【説明会随時開催中!】

私たち酒井鈴木工業は、2001年に鈴木工業株式会社と株式会社酒井組が合併し、設立されました。山形県に密着し、港湾工事や道路工事などの公共工事のほか、店舗、工場、一般の戸建て住宅建築まで幅広く建設業に携わっています。また特許を持つ石炭灰リサイクル事業など新分野にも力を入れており、これらを通じ地域の暮らしを支えるインフラや環境整備に力を尽くし、地域への貢献を目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

道路工事から住宅建築、再生事業まで幅広く手掛ける

当社は山形県で港湾土木を中心に手掛けていた鈴木工業と道路舗装工事をメインに事業を行っていた酒井組が合併し、設立されました。同業ではあっても手掛ける事業が異なる2社だったので、お互いを補い、現在は港湾土木工事や道路工事から建物の建築まで幅広く建設業を展開しています。建設業で進む情報化施工や掘削しなくても工事を進められる特殊工法などの技術力向上にも積極的に取り組み、時代のニーズに合った工事を施工。そのほか、火力発電所から排出されるフライアッシュという副産物を建築資材などに利用する再生事業にも取り組んでいます。

仕事内容

建設現場で多岐にわたる管理を行う仕事です

入社後は土木技術者として現場の施工管理をお任せします。はじめは先輩社員の補助業務として簡単な作業からスタート。経験を積んで少しずつ業務を覚え、一つの現場の計画から施工時のスケジュール管理、工事の品質管理、近隣住民への対応、現場の報告書類作成まですべての業務に対応できるようていねいに指導していきます。また事故がないよう、安全管理や人員の配置についてもマネジメントを行います。ゆくゆくは施工管理技士の資格も目指してください。社内にはすでに資格をもって活躍する先輩社員が多数在籍していますので、資格取得についてもサポートしています。

会社データ

事業内容 土木工事・舗装工事・建築工事の請負
建築物の設計及び工事監理に関する業務
高速道路における保全工事の請負   
産業廃棄物の中間処理
産業廃棄物の収集運搬
再生路盤材製造販売
前各号の業務に付帯する一切の業務
設立 1947年1月
資本金 3000万円
従業員数 73名
売上高 26億円  (2018年6月期実績)
代表者 代表取締役社長 齋藤 茂
事業所 山形県酒田市大浜1-4-62
沿革 1947年1月 酒田堀江工業株式会社として創業
1949年2月 鈴木工業株式会社に商号変更
1951年9月 山形県知事登録
1953年12月 代表取締役に鈴木啓吾就任
1973年9月 一般建設業許可を受ける
1976年9月 特定建設業許可を受ける
1994年9月 代表取締役に齋藤直人就任
2001年8月 株式会社酒井組と合併、酒井鈴木工業に商号を変更  
2007年9月 代表取締役に齋藤茂就任
このページの先頭へ
ホームページ http://www.sakaisuzuki.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)