平林金属株式会社
ヒラバヤシキンゾク
2021

平林金属株式会社

平林金属グループ/環境・リサイクル事業
業種
その他製造
金属製品/非鉄金属/鉄鋼
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

HIRAKINは徹底した独自の再資源化システムで、世界に誇る高品質のリサイクル原料を
創出する総合リサイクル企業です。
リサイクルの仕事は誰かがやらなければならない片づけ側の仕事です。
そこに「これは貴重な仕事だ」と価値を見出し、取り組める方、説明会でお待ちしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

グッドデザイン賞を受賞したリサイクル企業

ヒラキン初のBtoC型事業「えこ便」は、2016年にグッドデザイン賞と、環境省の「グッドライフアワード」実行委員会特別賞を受賞。これは、全国初の有人式資源集積システムが街づくりにスマートなゴミ出しをデザインしたことや、横行する無許可業者による違法回収の問題を考えさせる社会的啓蒙活動、市民参加型のプロジェクトなどが評価されての受賞で、これを機にマスコミにもたびたび取り上げられ、えこ便の内容や意義はもとより、ヒラキンという会社に対して、より多くの方に関心を持っていただけるようになりました。

戦略・ビジョン

始動!太陽光パネルリサイクル研究プロジェクト

2040年頃には年間約77.5万トンと予想される太陽光パネルの大量廃棄問題。平林金属(以下ヒラキン)では、この問題にいち早く対応するため2019年2月より太陽光パネルリサイクル研究プロジェクトを始動しました。精緻で適正なリサイクルスキームの構築は、まだ世にない未来のビジネス。この未来を、これからを生きる若き力で創造していく。ヒラキンはこれまでも時代のニーズを読み、次の一手を常に考えて成長してきました。そして今ではベースメタルに加え、プラスチック・金・銀・レアメタルと、幅広い種類の素材の再資源化を行っています。

社風・風土

「心の天才」がヒラキンのドラフト1位

ヒラキンは人がすべての会社です。圧倒的なリーダーを擁して、というより、全員の合計点で競うチーム体です。例えば、大きな契約を次々にものにする営業マンがいたとしても、分解や分別の一つひとつの作業や工程がきちんと行われないと、顧客が求める高品質のリサイクル原料に仕上げることはできません。誰かが必ずやらなければならない仕事だから自分がやる。そこに価値を見いだせる人。自分の仕事に一生懸命に取り組んで、役割を全うできる人。仲間に手を貸したり、助けたり、助けてもらったら「ありがとう」が言える人。チームにいま何が必要かを感じて、考えて、動ける人。そういう「心の天才」が、ヒラキンのドラフト1位です。

会社データ

事業内容 鉄・非鉄金属及び使用済み家電・自動車のリサイクル事業
創業 1956年10月
資本金 9,980万円(2018年12月) (グループ合計2億5,280万円)
従業員数 340名(グループ合計370名)
売上高 173億円9,000万円(2018年12月期)
代表者 代表取締役社長 平林 実
事業所 本社
岡山工場
東岡山営業所
港工場
水島営業所
山陰工場
リサイクルファーム御津
西大寺工場
玉島物流センター
えこ便西古松局
えこ便安倍局
えこ便並木町局
えこ便大安寺局
関連会社 (株)ヒラキン リサイクルステージ玉島、ヒラキン興産(株)、ヒラキンテック(株)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)