社会福祉法人 蒲公英会
タンポポカイ
2021
業種
福祉・介護
外食・レストラン・フードサービス/教育関連/その他サービス
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

社会福祉法人蒲公英会では、障害者の方が住み慣れた地域で、
自分らしく生き生きと暮らしていくことができるよう支援を行っています。
生まれながらに障害をもっている人・事故や病気で障害をもつようになった人など…
ご利用者様によって事情は様々ですが、せっかくの一度きりの人生をより豊かに過ごしていただけるよう、
私たちは活動レベルを高め続けていきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

自分らしい生きがいを見つけ、社会の一員として活動する喜び。

社会福祉法人蒲公英会では重度重複障害者の方たちが利用され、ほとんどの方が全面的な介護を必要とされています。私たちは利用者が健康な生活を送りながら、日々成長していくことができる支援を通じて、社会の一員として自分らしい生きがいを見つけ、活動していくことの喜びを感じられる支援を行っています。出来ないからやらないのではなく、出来るようになるためには、どう支援すればいいのか。そうした活動を通じ、利用者それぞれの個性を活かし、出来るようになる喜びを共有することが、私たちの大切な役割だと思っています。蒲公英会では、同じ目線で利用者と向き合い、少しでもお役に立ちたいという気持ちを持つ職員たちが活躍しています。

戦略・ビジョン

もっと多くの利用者に、最適なサービスを提供していきたい。

現在は大阪府豊中市を中心とした支援事業を行っている私たち。これまでにも訪問ヘルパーなどの事業を中心に、利用者だけでなく、ご家族にも配慮したお手伝いを行ってきました。ますます高齢化を迎えている社会にあって、親御様の年齢も高まるなど、介護に関する状況はますます難しくなっています。今後は、近隣エリアへの事業拡大を視野に、訪問ヘルパー事業所や新たな施設の開設にも、積極的に取り組んでいきたいと考えています。また障害者を対象としたマンションなど、これからもさらなるサービスの向上にも取り組んでいきたいと考えています。そのためにも、私たちの理念に共鳴し、利用者と向き合ってくれる仲間が必要です。

施設・職場環境

2017年9月に新施設もオープンしました。(グループホーム)

生活支援施設「クローバー」では、ご利用者様に自分らしく生活していただけるよう支援しています。更に親元から離れて自立して生活する場としてグループホーム「アイリス」を立ち上げました。ご利用者様に寄り添い、心地よい生活を送っていただく為に職員同士がしっかりコミニュケーションをとります。何か困った事があれば過保護なくらい相談にのってくれる先輩が何人もいます。アットホームな職場の雰囲気が自慢です!!

会社データ

事業内容 大阪府豊中市を中心に、障がいのある方の地域生活を支援する事業として、
「生活介護事業所クローバー」、「居宅介護事業所かりん」、
「重度訪問介護事業所 かりん」「移動支援事業所かりん」の運営を行っています。
設立 2003年4月
資本金 社会福祉法人のため資本金はありません。
従業員数 30名
代表者 理事長 上田哲郎
事業所 ■大阪府豊中市蛍池北町3-3-7

■生活介護事業所 クローバー
■居宅介護事業所 かりん
■重度訪問介護事業所 かりん
■移動支援事業所 かりん

※利用者定員/23名
運営理念 【社会福祉法人蒲公英会 運営理念】
1. 基本的人権の尊重を基に、社会の一員として、自分らしく
生き生きと暮らしていくことができるように活動していきます。
2. 利用者に必要な支援をしていけるように、さまざまな知識や技術を学び、
活かしていけるように努力していきます。
3. 地域交流の場として提供し活用できるように努めていきます。

【生活介護事業所クローバー 運営理念】
1. 重度重複障害者の方でも作業を通じて働くことの意味を理解し、
やりがいを高めてもらい社会参加することの喜びや達成感を得られるように支援していきます。
2. 集団生活を行うことでお互いの仲間意識や連帯感を育み、
社会の一員としての自覚を持てるように支援します。
3. 家族介護の負担軽減のためにも、各々の家族にあった支援を行えるよう努めます。
4. 職員研修を行い、質の向上に努めます。
運営について 【生活】
●能力、年齢、生育暦等を考慮し、日常生活面での自立を目指し支援しています。
●心身の健康に対する関心と自覚を促し、自らの健康管理ができるように支援しています。
●自己選択、自己決定ができるように支援し、
地域社会の一員であることの自覚を促しています。

【作業】
●能力、年齢、生育暦等を考慮し、個々の能力、体力にあった作業のサポートをしています。
●地域社会の一員であることの自覚と労働の価値を体得し、
就労意欲が高まるようサポートしています。
●作業の安全指導を行い、危険防止への自覚が高まるようサポートしています。

【健康】
年2回の健康診断の実施。年1回の血液検査・心電図・歯科検診等を実施しています。
利用者等の障害内容・健康状況などを把握し、嘱託医と常に連絡を取ると共に
家庭との連絡も密にし、利用者の健康増進。疾病の予防に努めています。

【食事】
利用者の健康状態に留意し、栄養バランスの取れたお弁当の提供をします。
また月一回の調理実習では利用者の嗜好を取り入れた
季節感のある美味しい食事作りを行ない、心にも栄養を取っていただけるよう努めています。

【サービスの質の保障】
職員の自己評価については、月に一度の職員会議、毎日のミーティングで行っています。
また第三者評価については早急に組織作りを行っていく予定にしています。

【家族との連携】
毎日、連絡ノートにより、密に連携をとっています。
月に一度家族の方と合同で懇談会を行っています。
そして、随時、支援内容によって確認する必要があることは、
プリント配布や電話、面談などの方法で行っています。

【行政・福祉関連機関との連携】
啓発活動や職員研修等の機会があれば可能な限り参加するようにしています。
そして他施設とは今後とも連絡・連携を深め、
利用者の豊かな暮らしを支援できるよう努めていきます。
そして職員研修の一環としても他施設との連絡、連携を重要視していきたいと思っています。

【近隣地域・住民との交流・連携】
地域の祭りやイベントに障害者本人が参加し、授産品等の販売を行う中で、
地域住民と直接関われる場を設け、地域の一員になれるよう取り組んでいます。
現在アルミ缶回収を行っているのですが、着実に成果を残し、
今後も地域の方々と協働して取り組んでいきます。

【年間行事】
近くの公園に花見やバリアフリー展の見学、バーベキュー、クリスマス会、忘年会、
新年会、日帰り遠足、あるいは新たな仲間が加われば歓迎会などを行い、
日々の活動においては調理実習などを行っています。
交流事業としては、サークル「びーだん」というグループに施設を開放し、他の作業所の利用者や
障害者福祉とは関係ない職種に就いている方等との食事会やイベント等を行っています。
今後も、より地域との交流を深め、地域とともに成長していけるよう努力していきます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)