株式会社タダノタダノ
  • 株式公開
業種 機械
輸送機器/自動車/商社(機械)
本社 香川

特集記事とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力をリクナビが独自に取材した情報です。

特集テーマ:世界で戦える技術を持つ企業

零下の北米でも、酷暑の中東でも、変わりなく性能を発揮できる。

2015年2月。ラフテレーンクレーン【GR-1600XL】の開発を担当した日下文嗣は、カナダの資源開発現場に立っていた。現地でのGR-1600XLの稼働状況を確認し、ユーザーの声を直接聞いて、さらなる製品の進歩につなげるためだ。

「2月の最低気温は-30~-40℃。こうした環境下で“ベストの状態で動いてくれるのは、タダノ製クレーンだけだ”と現地の人々から評価をもらえました」

なぜ、極限の寒さという苛酷さをものともせず、タダノのクレーンが活躍できるのか。日下は理由をこう説明する。

「タダノの場合、開発と生産現場の距離がとても近いんです。ラフテレーンの場合、開発も生産も全部、志度の工場で行っています。一つの部品を組み立てる際でも“ここはこうした方がいいんじゃないか”という疑問があれば、生産現場から開発にすぐフィードバックされる。それを受け、開発も生産の様子を見て、改善を加えていける。開発・生産現場が一丸となって細かな点にまで目を配るから、品質が上がる。その積み重ねではないでしょうか」

2ヶ月半に及んだ海外現地研修の中で、日下は「自分たちの生み出したクレーンが顧客に受け入れられている」という確かな手応えを得た。

ドバイなど中東でも、タダノのクレーンは利用されている。

「中東での問題のひとつに砂があります。わずかな隙間から入り込むし、潤滑油などに付着すると動作を損ねる。カナダとはまた違った対策が必要となります」

極寒、酷暑、砂漠地域…環境に大きく差がある世界の様々な地域で、一つのクレーンが活躍する。これを可能としているのは、開発・生産現場が一体となって製品を造り込む姿勢だ。

「GR-1600XLにはいろんな工夫がつめ込まれています。その一つがESPというブーム伸縮機構です。ESP伸縮機構を採用する事で、ブームの長尺化が可能となります。しかし、特に北米のクレーンオペレーターは、自分の知らない新たな機構を好みません。そうした拒絶感を小さくするため、ESPをいかにわかりやすいものにするか、にも知恵を凝らしました。おかげで“他社製のブーム伸縮機構よりはるかに優れている”という評価につながっています。“ESPは使いやすい”というオペレーターの声を現地で聞き、私も嬉しくなりました」

世界の市場を自分の目で確かめ、開発に活かす。そんなエンジニアたちの努力と工夫が、タダノ製クレーンをさらに進化させるだろう。

開発エンジニアが海外に出て、ユーザーと直接話す。そこで得たリアルな声が、次の製品開発に活かされる。

日下文嗣/2006年入社/理工学部・機械工学科卒

2ヶ月半に及ぶ北米市場調査の中で、自分の開発したGR-1600XLが現地でどう活用されているか、オペレーターの評価はどうか、ナマの声を聞くことができました。

私だけではありません。2015年だけでも、私と同じ部署で働くエンジニアの大半が、中東やアジアなど海外市場に足を運び、現地での稼働状況や顧客ニーズに直接触れる体験をしています。私たちが現地に出向くと、ユーザーからは「開発の人間が作業現場に来るなんて、他の会社じゃ聞いたことがない」と驚かれます。

開発エンジニアが実際の現場に行って話を聞くことは、タダノでは決して珍しくありません。現場の声を肌感覚で理解していると、「この技術は顧客から必要とされているか?」「この機構をオペレーターはどう使うだろう?」という発想が自然と生まれる。タダノのクレーンが世界中に評価されるのは、ユーザーの思いを製品の中に実現しようという強い意欲があるからだと思います。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる