茨城県農業協同組合中央会
イバラキケンノウギョウキョウドウクミアイチュウオウカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

茨城県農業協同組合中央会

【JA茨城県中央会】
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
団体・連合会
本社
茨城

先輩社員にインタビュー

県域営農支援センター 農業政策推進室
吉田 健人(25歳)
【出身】茨城大学大学院  農学研究科 地域環境科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 水田農業対策。集落営農組織の法人化支援。地図情報システムの活用促進。
水田農業対策では、国が進める「需要に応じた米生産・販売」に向けた飼料用米・輸出用米の推進を行っています。推進方法は新聞広告作成やCMの作成などがあります。
集落営農の法人化支援では、法人化を検討している農家へお邪魔し、法人化に向けたお手伝いをさせていただいております。
入会1年目ですが、研修会の企画などを一から任される事も多く、大変な部分もありますが、その分やりがいも大きいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自ら企画した研修を開催し、参加者からの評価が良かったとき
地図情報システムの普及に向けた研修会について、研修内容を自分で考え、開催しました。研修内容の目的を決め、その目的に沿った講師の選定などを行った他、自らも登壇者となり、大勢の方の前で発表を行いました。講師との調整など大変なこともありましたが、研修会後のアンケートで参加者から良い評価を得た際はやりがいを感じました。
このような経験を通して、わかりやすく伝える方法など、伝える力や企画力を学びました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学生時代より農業の研究を行っており、その知識を活かせる職場を選びました
就職活動では・大学院で学んだ知識を活かせる・茨城県(地元)に貢献できることの2点に重きを置きました。その中で、農家やJAをサポート出来る中央会という職場を選びました中央会は、政治から営農まで幅広い業務に取り組めることや、職員が少ないので若いうちから積極的にチャレンジ出来るのではないかとも思いました。
 
これまでのキャリア 県域営農支援センター 農業政策推進室 一年目

先輩からの就職活動アドバイス!

人に流されず、自分が何をしたいのか見極める事が大切です。しかし、興味のない業種の人にも話は聞いた方が良いと思います。思い込みでこの仕事は自分に合わないなど判断している部分もあると思うので、人の経験を聞く事は有意義な事だと思います。

茨城県農業協同組合中央会の先輩社員

JAグループ茨城と地域社会をつなぐ広報業務

農政広報部
助川 実咲

中央会の受付窓口。中央会を様々な面から支える縁の下の力持ち

総務企画部
高木 翔太

県内JAの内部監査やコンプライアンスの支援、各会議での担当部署との調整

改革支援部
田崎 海晴

内部管理態勢の確立

組織経営対策部(内部管理態勢支援室)
川又 友紀

農業経営管理支援 会計記帳代行

県域営農支援センター 農業担い手支援室
鶴田 正徳

県内JAの相談対応・最新会計制度等の伝達、総合情報システム維持管理

組織経営対策部 経営IT戦略室
我妻 幸洋

掲載開始:2020/03/01

茨城県農業協同組合中央会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

茨城県農業協同組合中央会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)