三井住友カード株式会社
ミツイスミトモカード
2021

三井住友カード株式会社

三井住友VISAカード
業種
クレジット・信販
通信/その他サービス
本社
東京、大阪

私たちはこんな事業をしています

私たち三井住友カードは、三井住友フィナンシャルグループの戦略的事業会社として、高いブランド力と総合的なカード事業の展開力を活かし、幅広いニーズに合った決済・ファイナンスサービスを提供しています。今後も、革新的なビジネスを創り続けることで「総合決済ソリューション企業」を目指します。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

FIRST WAVE -さあ、何をつくろうか。-

近年、大きな注目を集める"キャッシュレス"。諸外国ではキャッシュレス化が加速する中、日本は世界に遅れをとっている。しかし今、政府が国をあげてキャッシュレス化を強く推進しており、今までにない追い風が吹こうとしている。当社は、Visaのパイオニアとして日本の安心・安全なカード社会の実現に留まることなく、カードという手段に捉われない様々な決済シーンの創出に挑戦してきた。そして今、社会の変化に対応し、"FinTech"を積極的に取り入れ、"BigData"を活用し、新たな"キャッシュレス"を生み出そうとしている。"キャッシュレス"を持ち歩く。それこそが、私たちの思い描く、未来の姿。あなたなら、どんな「FIRST WAVE」を起こしますか?

事業・商品の特徴

金融の枠を超え、社会を創造する企業へ

日本のVisaのパイオニアとして業界を牽引してきた三井住友カード。「Visa」という仕組みだけでなく、世界初のポストペイ方式ICカード乗車券「PiTaPa」や、おサイフケータイ「三井住友カードiD」、中国の「銀聯」や米国の「Square」等の海外会社と提携し新たな決済スキームを構築する等、人々のライフスタイルに大きな変革をもたらし、消費生活を豊かにする新たな仕組みを提供し続けています。決済を通じて人々の消費生活を豊かにすることにより経済を刺激し、社会全体に大きな影響を与えていくといった、エキサイティングなビジネスに挑戦し続けることでよりよい未来に貢献したいと考えています。

会社データ

事業内容 クレジットカード業務、デビットカード・プリペイドカード・その他決済業務、ローン業務、保証業務、ギフトカード業務、その他付随業務
設立 1967年12月26日
資本金 340億3千円 (2019年3月末日現在)
代表者 代表取締役社長 大西 幸彦
従業員数 2,546名 (2019年3月末日現在)(男性1,220名 女性1,326名)
取扱高(セディナ合算) 19兆2,930億円 (2018年4月~2019年3月)
事業所 ■本社■
東京(浜松町)、大阪(淀屋橋)

■地域営業部■東日本3部、西日本4部
北海道営業部、東北営業部、横浜営業部
名古屋営業部、神戸営業部、中国営業部、九州営業部

■その他拠点■5拠点
東京23区・大阪市内・札幌市内・海外
業績推移(セディナ合算)      会員数    取扱高  
----------------------------------------
'19.3  4,420万人  19兆2,930億円
'18.3  4,176万人  17兆5,468億円
株主 (株)三井住友フィナンシャルグループ
関連会社 (株)セディナ
(株)エスシーデータサービス
日本カードシステム(株)
泉櫻信息諮詢(上海)有限公司
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)