株式会社すずまるスズマル

先輩社員にインタビュー

第2制作部
松澤ディレクター
【年収】非公開
堅実なサポート役
これが私の仕事 生放送番組のフロアディレクター
「あさイチ」や「首都圏ネットワーク」など生放送の番組を中心に、
準備から生放送本番のスタジオや中継現場でのフロアディレクター業務を担当しています。
生放送独特の緊張感に毎日刺激を受けながら仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
出演者の方が覚えていてくれた!
半年ほど前に特番で初めて一緒にお仕事をした出演者の方がいたのですが、
その時は出演者が多く、あまり会話をすることはありませんでした。
その後3ヶ月ほどして別の番組でその方とお会いしたのですが、その際もあまりお話をすることはできませんでした。
しかし、その2回を覚えていてくれたようで、先日生放送の番組でお会いした際に「以前も担当していただきましたよね、その時はありがとうございました。」と声を掛けていただいたんです!
そんな言葉をかけていただけるとは思っていなかったので、びっくりしたのと同時にとても嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き えふD・たくDの専門性
就職を決める上で、テレビに関わる仕事がしたいという思いが大前提にありました。
そこから放送業界のことや仕事内容について勉強をし、私は多くのことをこなす仕事よりも、
一つのことに集中して極めることができる仕事が合っていると感じました。
放送業界には様々な仕事がありますが、その中でもすずまるのえふDたくDという専門的な業務内容が私のやりたいこととマッチしていると思い、入社しました。
 
これまでのキャリア 前職AD→中途入社・第2制作部ディレクター(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社は自分が目にしているものよりも本当にたくさんあります。
就活中にそれらすべてに目を通すことは大変です。
自分がやりたいことと、自分ができることを明確にして、その二つが合致できる仕事に就くことが一番の理想だと思います。
なかなかそれは難しいと思うので、自分にできることを中心に仕事を決め、仕事をはじめてからも自分に合う仕事はなんだろうと探り続けることができると社会人になっても、視野が広くなり、仕事がしやすいのではないかなと思います。

株式会社すずまるの先輩社員

NHK国際放送局発の海外向けニュース番組・NEWSLINEのえふDとたくD

国際制作部
中村ディレクター
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

ニュース番組、情報番組、教養番組、公開番組などの「えふD」

第2制作部
古川サブマネジャー
[指向タイプ]堅実なサポート役

「えふD」「たくD」の他に部下の育成やマネジメント業務

第2制作部
江口マネジャー
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

英語のニュース番組での送出卓ディレクター

国際制作部
服部ディレクター
[指向タイプ]冷静なエキスパート

エンタ番組、公開番組、情報番組、ニュース番組のえふD

制作部
中島ディレクター
[指向タイプ]頼りになるオーガナイザー

NHKワールドJAPAN「NEWSLINE」のフロアディレクター、送出卓ディレクター

国際制作部
太田ディレクター
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる