株式会社すずまるスズマル

先輩社員にインタビュー

制作部
中島ディレクター
【年収】非公開
頼りになるオーガナイザー
これが私の仕事 エンタ番組、公開番組、情報番組、ニュース番組のえふD
「クローズアップ現代+」、「ニュース7」などのニュース・情報番組、「BSコンシェルジュ」などの公開収録番組などに加え、私が特に多く担当しているのは「ザ・少年倶楽部プレミアム」「ミュージックステーション ウルトラFES」などの音楽番組、そして「東西笑いの殿堂」などのお笑い番組のえふDです。一見華やかな世界に見えるジャンルの番組ですが、華やかに見せるために照明や音声のプロ、そして美術のプロなど沢山のプロ集団が関わっています。その中で一緒に常に良いものを作ろうと切磋琢磨する現場は、常に自分を成長させることが出来るので毎日が刺激的です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
毎回が特等席!
「音楽」番組や「お笑い」番組を担当すると、えふDは現場の最前線にいる為に、毎回特等席にいることが出来ます。ライブ会場で言うところのアリーナ席よりも前ですね(笑)アーティストの生音を一番近くで聴けて、そしてお笑いでは一番近くで笑える、そんな中で現場の演出を自分自身が作り上げているというのはとても楽しくやりがいがあります。テレビで聴く音とは違い、生音は毎度鳥肌が立つほどのクオリティ、そしてお笑い番組では笑い過ぎて顔が痛くなる…そんな環境で仕事が出来るというのは贅沢な時間です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「えふD」の可能性は無限大!
まさに「えふD」には無限の可能性があります。これが正解!ということがなく、それぞれの異なる番組が「えふD」の可能性をさらに広げていきます。すずまるはそんなえふDに特化したプロフェッショナル集団。そこがとても大きな魅力でした。すずまるには数多くの多彩なジャンルの番組があります。この多彩な番組数がえふDの可能性に大きな影響を与えてくれます。また入社1年目から“一ディレクター”として存在感を発揮できることも決め手となりました。その分責任感もあり、番組の反応も直接自分に返ってきますが、そんな“一ディレクター”を育てる為のOJTなど、研修も充実しています。
 
これまでのキャリア 制作部ディレクター(現職・今年で16年目)

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の納得できる職種に出会う、これに尽きるかと思います。その為には様々な会社を見て、そしてそこから何を感じ取れるか。その中で自分が本当にやりたいことは何なのかを見極められるように頑張ってください!!

株式会社すずまるの先輩社員

NHK国際放送局発の海外向けニュース番組・NEWSLINEのえふDとたくD

国際制作部
中村ディレクター
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

ニュース番組、情報番組、教養番組、公開番組などの「えふD」

第2制作部
古川サブマネジャー
[指向タイプ]堅実なサポート役

「えふD」「たくD」の他に部下の育成やマネジメント業務

第2制作部
江口マネジャー
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

英語のニュース番組での送出卓ディレクター

国際制作部
服部ディレクター
[指向タイプ]冷静なエキスパート

生放送番組のフロアディレクター

第2制作部
松澤ディレクター
[指向タイプ]堅実なサポート役

NHKワールドJAPAN「NEWSLINE」のフロアディレクター、送出卓ディレクター

国際制作部
太田ディレクター
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる