株式会社日本構造橋梁研究所ニホンコウゾウキョウリョウケンキュウショ

株式会社日本構造橋梁研究所

JBSI/建設コンサル/設計/土木/耐震/技術/工学/解析/力学
業種 建設コンサルタント
建設/コンサルタント・専門コンサルタント/シンクタンク
本社 東京

先輩社員にインタビュー

設計部 1課
郡司 優大(25歳)
【出身】芝浦工業大学  工学部土木工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新設する橋や補修の際の、企画提案をしています。
新しい道路に新設する橋、都道府県が管理している既存の橋の補修点検などを行っています。新設する橋を設計するのは、予算を考えながら環境や景観に配慮し、さらに新しい技術を使って橋をつくる楽しさ、ゼロから創り上げるやりがいがあります。補修や補強にあたっては、単にこれまでと同じように直すという視点ではなく、新しい技術や材料を取り入れながら、より良く補修をする視点で見積もりや補修パターンをいくつか提案する面白さがあると思います。まだまだ、経験が浅いので、自分でできることをどんどん増やしていきたいですね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
完成したものをみると、仕事の意義を感じます。
補修・新設にしても、完成したものをみると、達成感とやりがいを感じます。
机上で設計したものが、現場で実現できない・・・なんてことが発生し施工会社とトラブルにならないよう、事前にしっかり設計することが求められる仕事。納期遅れや施工中止にならないように、いつも少し先を見据えながら現場をコントロールしています。
計画的に、そしていろんなリスクを洗い出し想定して進めること、そういったことが求められる仕事ですが、きちんと手順を踏んで進める仕事が好きなので、自分に合っていると感じてます。
技術士の資格取得を目指し、あらゆる仕事にチャレンジし自分の成長を感じられるのも、この仕事の好きなところです!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き インターンシップ参加で感じた雰囲気の良さ。ここで働くイメージができた。
大学で学んだことを活かして仕事をしたいと思っていました。
転勤がないところが良いなと思い、中小企業を中心にゼネコンやメーカーで参加できるインターンシップを探していたとき出会ったのがここです。
インターンシップに参加し、とにかく社内の人たちの雰囲気が良かったです。遠慮なく、いろいろと聞きやすい雰囲気があり、仕事内容もしっかり理解できたのが大きかったと思います。また、インターンシップ後飲み会などもあり、社員との距離が近くなり、親しみを感じたことも決め手になりました。
 
これまでのキャリア 設計部1課 3年

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

企業の良し悪しは、知名度ではありません!入社してみないと中のことはわからないと思います。インターンシップを活用し、いろんな企業に足を運び、自分に合う・合わないを判断してほしいと思います。
『リアルな現場を知る=いつもの仕事の様子がわかる』ので、就職期間中、企業に足を運ぶことを大いにしてほしいと思います。

株式会社日本構造橋梁研究所の先輩社員

時には現地へ行って調査することも

設計部2課
岡田 俊彦
日本大学大学院 理工学研究科 土木学科専攻

日常にに欠かせない橋。SNSでも注目され、さらにやりがいがUP★

設計部 3課
舟橋 景介
日本大学 理工学部 交通土木学科

安全な橋であり続けるため、しっかり保全を行っています。

設計部 部長
小松 正貴
長崎大学大学院 工学部 工学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる