守口市モリグチシ
業種 公社・官庁
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

健康福祉部総務課
安田 昌平
【出身】京都産業大学  法学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 福祉部門の総括担当
私の主な業務は、近畿110市の福祉事務所によって構成された近畿ブロック都市福祉事務所長連絡協議会の事務局や、薬物乱用防止に向けた市民協働事業の実施に向けた取り組みです。その他にも、補助金の支給や、民生委員・児童委員に関する業務、物品の購入や会議に使用する資料作り、社会福祉法人の監査など様々な業務に携わっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
達成感を実感できる!!
担当する会議や行事など、イベントが終わった瞬間は、達成感と同時に嬉しさを感じます。イベント事は、出席者の日程調整、会場の手配・設営、資料作り等どれだけ準備を重ねても実際に終わるまで安心できません。そのため、入庁後初めて担当した会議のことは特に印象に残っており、無事終了した時はとても嬉しかったことを今でもはっきりと覚えています。しかし、その中でも反省点は見つかりました。改善すべき点はしっかりと改善し、慢心することなく業務に取り組んでいかなければならないと改めて考えさせられた経験でもあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 市民の生活を支えていきたい!
私には、仕事を通じて人々の生活を支えていきたいという想いがありました。守口市は交通の利便性に優れており、生活のしやすさという都市としての強みがあると考えています。守口市役所で、この市の魅力や強みを活かしたまちづくりに取り組み、多くの人の充実した生活のために貢献していきたいと思ったことが、志望した理由です。
 
これまでのキャリア 入庁より健康福祉部総務課(H27.4入庁)

この仕事のポイント

職種系統 地方公務員
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分はどんな仕事をしたいのか、軸になるものをしっかりと持ってください。市役所の業務は多種多様ですが、どのような仕事をすることになってもその中に自分なりのやりがいを見つけることができれば、前向きに取り組むことができると思います。守口市職員になることではなく、守口市職員として働くことを目指してください。

守口市の先輩社員

守口市の発展を こどもの成長と明るい未来に

こども部こども政策課
山下 愛美
京都産業大学 法学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる