ティアンドトラスト株式会社
ティアンドトラスト
2021
業種
情報処理
ソフトウェア/インターネット関連
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちティアンドトラストは、多種多様なシステムのコンサルテーションおよび設計、プログラミングを手掛ける会社です。社名に掲げた「優しさ」と「信頼」で、お客さまのビジネスに“Good Cycle”をご提供しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

IBM社製サーバー日本唯一の認定研修パートナーとしてスタート

私たちティアンドトラストは、主にIBM社のオフィスコンピュータIBM i(AS/400)を中心としたアプリケーション開発およびIBM i(AS/400)の運用に関する技術研修サービスを手掛ける会社です。前身は日本IBMの中小型機分野における日本唯一の認定研修パートナーとして、IBMエンジニア、カスタマー、ビジネスパートナー向けの研修事業を開始。1992年創業。その後徐々に事業領域を拡大しながら、今日にいたるまで約30年の歴史を刻んでまいりました。一部上場企業のお客様多数との直接取引を行っております。

会社データ

事業内容 研修サービス、受託開発、技術支援サービス、生産管理コンサルティング
設立 1992年6月1日
資本金 4600万円
従業員数 23名
売上高 3億6000万円(2019年3月期見込)
代表者 代表取締役社長 日高 正信
事業所 東京都台東区浅草橋4-16-4 ウィングエイトビル6F
沿革 1988年 株式会社エス・イー・ラボの一部門として日本 IBM の中小型機分野における、 日本唯一の認定研修パートナーとして研修事業(IBM エンジニア、カスタマー、ビジネスパートナー対象)を開始
1992年6月1日 株式会社東京エス・イー・ラボとして港区三田に設立(代表取締役:原田健治、資本金:3000万円)
1992年12月18日 株式会社エス・イー・ラボとの資本関係を解消するとともに、ティアンドトラスト株式会社へ社名変更、IBM製品の製品研修・受託開発事業を新会社として継続
1993年2月 研修・受託開発事業拡大のため、港区三田から現在地・台東区浅草橋へ移転
1995年6月 IBM製サーバー、ソリューションの販売のため、IBM特約店登録(IBM製品販売店認定)
2009年12月 活動停止中であったIBM製サーバー、ソリューションの販売のため、IBMビジネスパートナー登録
2014年9月 資本金を4000万円へ増資(自己資本比率:75.6%)
2017年6月 ASCと事業統合で合意
2017年10月 準備期間を経て事業統合
2018年6月 経営基盤のより安定化を図るため、資本金を4600万円へ増資
ホームページ https://www.tat.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)