山口日野自動車株式会社ヤマグチヒノジドウシャ
業種 商社(自動車・輸送機器)
本社 山口

先輩社員にインタビュー

宇部支店営業課
大谷 健太(32歳)
【出身】和歌山大学  経済学部経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お客様との「信頼関係を育む」営業活動
運送会社や工場などお客様に向けて、トラックの新車販売を行っています。トラックとはお客様にとって、多くの場合事業のパートナーとなる重要な存在です。それだけに多少の金額の違いよりも「どれだけ信頼できる相手から購入するか」という感情的な部分が、とても大切でもあるんです。私もただビジネスの話をしに行くというよりも、いかに自分という存在に愛着を持って接していただけるか、という人間関係づくりを重視したアプローチを心がけています。そのためには商談だけではなく頼まれごとへの対応も必要ですし、トラックの話題だけではなく様々な雑談でリラックスしていただくことも大切です。人間性が問われる仕事、でもありますね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
先方のハマっていたドラマを予習し意気投合!
上の話を補完するようなエピソードなのですが、入社2年目の頃に担当させていただいた、70代くらいの個人のお客様。何度も足を運んでいたのですが、別に問題があるわけではないが毎回門前払い…という関係でした。しかしある日別のお客様から「あの社長、このドラマにハマってるらしいよ」というお話を聞くことがあり、自分もそのドラマを全話DVDで鑑賞してバッチリ予習。次回訪問時のドラマのお話を切り出すと「ほう…」と話しに乗ってきてくださり、それがきっかけで非常に可愛がっていただけるようになりました。現在では新車の購入時はもちろん車検もすべて任せてくださるなど、私にとって欠かせないお客様の一人になってくださっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 売るだけではない人間関係づくりが自分の志向にマッチ
実は入社した頃は、自分はあまり「営業」という仕事で大成するタイプではないだろうな、と考えていたんです。口下手というか、あまり人にガンガン物事を伝えることも苦手でしたし。しかし先輩に同行して営業の仕事を見ているうちに、自分でも「これならできるのでは?」と感じ始めたんですよ。ただセールスの話をするだけではなくて、商談以外のこともお客様と話し合いながらじっくりと人間関係を作り上げていく。このスタイルが、自分にはベストマッチだったんだろうな、と感じますね。今では自分が販売したトラックを街中で見かける機会もよくあり、そうした時にはやはり、嬉しくなりますね。
 
これまでのキャリア 営業課(現職・7年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 社会的地位の高い人々と出会っていく仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動時には、様々な会社に接し、その内側を見ることができます。その経験は就職後にも、必ず役に立ちます。また時には辛い思いをすることもあると思いますが、それもまた将来に向けた練習です。すべてをプラスに考えれば、きっと「今」が楽しくなると思います!

山口日野自動車株式会社の先輩社員

幅広いお客様に向けた「トラック」の提案営業

下関支店営業課
吉村 和幸
岡山大学 経済学部経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる