山口日野自動車株式会社ヤマグチヒノジドウシャ
業種 商社(自動車・輸送機器)
本社 山口

先輩社員にインタビュー

下関支店営業課
吉村 和幸(26歳)
【出身】岡山大学  経済学部経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 幅広いお客様に向けた「トラック」の提案営業
下関市内と周辺地区をエリアに、トラックの車両販売を行う営業の仕事を行っています。担当するお客様はおよそ150社ほど。運送業をはじめ建設業や行政など、業種もバラエティに富んでいます。仕事の基本は「とにかくお客様を訪問すること」ですね。1日ごとの行動スケジュールに合わせて、自己判断でできるだけ多くのお客様とお会いし、対話していただける時間を持てるよう行動しています。そうした中でどれだけ多くの情報をキャッチして、いかに的確な提案に結びつけていくかが勝負ですね。トラックとは決して安い商品ではなく、勢いや思いつきで売れるものではありません。毎日コツコツと努力を蓄積していくことが大切だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が提案した装備を喜んでいただけた時
乗用車とは異なり、トラックは明確な用途がある実用品です。そのため機能を追加するためのオプション品も非常に多く存在しています。もちろん、お客様から「これを付けてくれ」というご要望を頂くことも多いのですが、自分の方から「この装備が役立つと思います」という提案がハマった時には、とても嬉しいですね。先日はあるオーナーさんの「最近歳をとってきたせいか、荷物の上げ下ろしがしんどい」というお声をもとに、貨物積載用の電動リフトの取り付けをご提案。導入後には「あれ、ものすごく役に立つわ!」と非常に喜んでいただけました。こうした取り組みが成功した時には、やはりこちらもとても嬉しいですね!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 仕事の大きさから自分の存在感を実感できる環境
まず地元である山口での就職を志向しており、また以前から物流に興味があったため、双方の条件を満たす山口日野自動車への入社を決めました。学生時代にはアルバイトでは様々な仕事を経験していたのですが、実際に社員として、また営業として仕事に向き合うとその「重み」は全く異なることを実感しています。アルバイトは指示された役割をこなすだけですが、当社の営業では常に「自分で考えて」物事を動かすことが求められます。その結果、それまでゼロだった取引が生まれて「見込み顧客」が「既存顧客」になる。その嬉しさや喜びは、なかなか他で例えられるものではありません。商品が高額である分難しさもあるのですが、だからこその手応えの大きさも気に入っています。
 
これまでのキャリア サービス課(10ヶ月)→営業課(現職・3年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動とはなかなか「予定通り」に進むものではありません。時には自分の想定しない展開になることもあるでしょう。しかしそこで新たなことに気がついたり、自分の知らなかった世界が見えてくることもあるはずです。ぜひ積極的に物事を捉え、価値ある結論へと至りましょう。

山口日野自動車株式会社の先輩社員

お客様との「信頼関係を育む」営業活動

宇部支店営業課
大谷 健太
和歌山大学 経済学部経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる