三光株式会社
サンコー
2021

三光株式会社

化学メーカー・商社
業種
化学
半導体・電子部品・その他/紙・パルプ/商社(化学製品)/商社(電機・電子・半導体)
本社
東京、福岡

私たちはこんな事業をしています

今、このページを見るために使っているスマートフォン、そしてPC、自動車など。皆さんの身近なモノに三光が開発した化学薬品が使われています。世界でも希少な化学原料である自社開発商品は世界シェアトップクラス。メーカーと商社、2つの部門を有する三光。自社開発商品を強みとしながら、世界中の様々な商材を取り扱うことでクライアントのニーズに応えています。世界を股にかけたダイナミックな仕事ができます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

自社開発商品が世界シェアトップクラス!生活を支える影の立役者

化学メーカー×商社、両方の機能を併せ持っているのが強みです。創業以来、メーカーとしてのポジションを大切にしながら、未来を見据えた研究開発を行っています。現在は商社機能も持ち合わせていますが、もとは三光化学工業所という独立メーカーでした。自社開発商品の主力商品の約8割が海外へ輸出されており、世界シェアはトップクラス。私たちの暮らしに無くてはならない存在になっています。自社開発商品を中心に製品を提供していますが、他の化学メーカーから製品を仕入れて販売することも。メーカーとして高品質の商品を研究開発しながら、自社商品にこだわらず世界中の商材を取り扱うことでクライアントの課題解決に貢献しています。

事業・商品の特徴

身近なあらゆるものを「素材」から支える。

実は、皆さんが日々接しているものに三光の素材が使われています。例えばスマートフォンなどの電子機器。この中に三光の作った「難燃剤」が使われています。熱を持ちやすく発火する恐れがある電子機器の部品に練りこむことで火災を予防することができ、私たちの安全と命を守っています。また、レシートや領収書、宅配便の伝票(複写紙)のような「感熱紙・感圧紙」に使用される薬剤もシェアは世界トップクラスです。半歩先を行く研究開発をするための環境も整い、新たな素材を開発していくとともにシェア拡大を目指しています。

社風・風土

いつの時代も変化し続ける企業に。

福岡県発祥の当社。社長をはじめ九州出身の社員が多数在籍しており寛容な社風です。「言われた事をやるのではなく、常に目的を考え、それに向かって何をすべきか・何が正しいのかを判断できる」能動的な働きができる人が活躍しており、自主性が求められます。「こんな事が必要では?」という意見をどんどん取り入れ、チャレンジしてもらっています。たとえ結果が思わしくない場合でも、企画立案からのプロセスや、やる気と行動力を評価します。今年は本社を東京に移し、40代の役員を登用するなど組織改革を進めています。テクノロジーが進化していく時代の中で、変わっていくことを恐れない、変化し続けていく会社でありたいと考えています。

会社データ

事業内容 ●メーカー部門
 ・フェノール誘導体、環状リン化合物、他化合物の製造
●商社部門
 ・化成品部門 有機合成の受託製造、化学工業製品の仕入販売
 ・Proviron社総代理店、連雲港泰楽化学代理店
 ・合成樹脂部門 合成樹脂の原材料および製品の仕入販売
設立 1949年1月
資本金 3億8,640万円
従業員数 191名
売上高 324億円(2018年3月決算)
代表者 代表取締役社長 高木 義幸
事業所 ■本社 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-6 クアトロ室町ビル3階
■本店 〒830-0018 福岡県久留米市通町8番地の16
■大阪支店 〒541-0052大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング19階
■名古屋支店 〒450-0002 名古屋市中村区名駅3丁目25番9号 堀内ビル7階
■広島支店 〒730-0031 広島市中区紙屋町2丁目1番22号 広島興銀ビル10階
■北九州支店 〒802-0001 北九州市小倉北区浅野2丁目14の1 小倉興産KMMビル4階
■君津営業所 〒292-0805 千葉県木更津市大和2-22-5-202
■荒尾工場 〒864-0032 熊本県荒尾市増永1850
■有明工場 〒864-0057 熊本県荒尾市大島字新四ツ山1723
■滋賀工場 〒524-0013 滋賀県守山市下之郷1丁目14番10号
■大阪研究所 〒567-0005 大阪府茨木市五日市1-10-24
沿革 1946年06月 三光商会設立
1949年01月 三光株式会社設立(三光商会を改組)
1956年09月 三光化学工業所を改組し、資本金200万円を以て、三光化学株式会社を設立
1974年10月 滋賀工場を建設、製造開始
1975年10月 株式会社三光開発科学研究所を設立
1991年04月 第一ナイロン工業株式会社を合併し、滋賀事業所を設置
1991年10月 滋賀研究所建設、開発用の多目的プラントを主力とした研究所として発足
1992年06月  三光メディック株式会社設
1998年04月  三光タックシステム株式会社設立
2000年07月 HP工場完成(荒尾)、製造開始
2002年07月  SANKO (Thailand) CO.,ltd. 設立(バンコク)
2002年12月 滋賀事業所に合成樹脂成型工場を新設
2004年07月  SANKO U.S.A., Inc. 設立(シカゴ)
2005年05月  荒尾工場内にNKS工場完成(感熱紙用増感剤の増産設備)
2005年11月 上海駐在員事務所開設
2006年12月 三広貿易(上海)有限公司を設立(上海駐在員事務所を改組)
2008年11月 荒尾工場内にHP-2工場完成(プラスチック用難然剤の増産設備)
2011年01月  荒尾工場内にHP-3工場完成
2012年04月  有明工場完成
2014年04月  三光メディック守山第2事業所新設
2019年04月 本社機能を東京へ移転
ホームページ http://www.sanko-inet.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)