株式会社関西みらい銀行カンサイミライギンコウ

株式会社関西みらい銀行

旧関西アーバン銀行、旧近畿大阪銀行の合併により誕生
業種 地方銀行
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

渉外課(個人営業)
木村 さやか(28歳)
【出身】文学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 個人のお客さまへの資産運用やライフプランに関するご相談及びご提案
窓口やお客さまのご自宅で、当面使う予定のないまとまった資金や退職金の運用、相続のご相談などお客さまのライフプランに合わせた商品のご提案を行なっています。私が大切にしていることは、「貯めたい」「増やしたい」「残したい」などお客さまの資産に対する考え方をしっかりと聞き取ること。それを実現するためにはどう運用するのが良いのか、お客さまと一緒に考え、ご提案します。銀行で取扱う金融商品は幅広いので、お客さまに満足いただけるご提案を行なうために、商品知識はもちろん、日頃からマーケット情報や経済に関心を持ち、最新情報をインプットするよう心掛けています。学び続けることで私自身も成長することができ、その結果、良い提案に繋がることで更にお客さまに喜んでいただけることが私の一番のやりがいとなっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客さまと信頼関係を築けること。お客さまの「ありがとう」が原動力です。
お金や将来のライフプランに関するご相談を通じて、お客さまと深く付きあい、信頼関係を築けることが、この仕事の一番の魅力だと思います。先輩方に比べれば商品知識や経験はまだ浅いですが、熱心さが伝わり「あなたが頼りだからね」と何度も私あてに来店してくださるお客さまもおられ、大変嬉しく感じています。そして時にはお客さまからお孫さんのお話やご旅行のお話などをお聞きすることもあり、こちらも温かな気持ちになります。以前、私が転勤するときのこと。引継ぎのごあいさつに伺ったのですがご不在でお会いできなかったお客さまが、後日転勤先までお別れを言いにきてくださったことも忘れられない思い出です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元に貢献でき、「人」とのつながりが強い仕事がしたい
就職活動では、金融業界以外にも住宅関連会社や人材派遣会社などたくさんの企業のセミナーなどに参加しましたが、実際に働いている自分を想像しやすかったのが「銀行」でした。銀行で学ぶ知識-例えば預金、資産運用、ローンなどの知識については将来の自分自身の役に立ちますし、幅広い世代のお客さまと関わることで人間的にもより成長できると思いました。数ある銀行の中でも近畿大阪銀行を志望したのは、地元大阪に密着している銀行であり、お客さまを本当に大切にしていると感じたからでした。セミナーに参加した際にも、学生である私の質問にきちんと丁寧に答えていただいたことからも、きっとお客さまも大事にしている銀行なのだろうと実感が強まりました。そして、それは入社した今となっても変わることはなく、今では私がそれを実践しています。
 
これまでのキャリア お客さまサービス課にて窓口での預金業務を経験(1年半)→渉外課で個人営業を担当(現職・今年で4年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(個人向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 毎日違うお客様とお会いしていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では、企業のイメージや規模にとらわれずに多くの企業を訪問し、お話を聞くことをお勧めします。「自己分析」と言われると難しいと思いますが、そのうち自分はどういった性格で、何に関心があるのか、自分らしく働ける職場がどういったところなのかが絞られてくると思います。でも、不安や焦りを感じたら、1人で抱えこまず、できるだけ友人と会いリフレッシュすることも大切です。応援しています!!

株式会社関西みらい銀行の先輩社員

法人・個人事業主へのご融資提案及び法人オーナー等に対する資産運用相談

渉外課(法人営業)
奥川 宗平
経済学部

法人・個人事業主へのご融資提案及び法人オーナー等に対する資産運用相談

渉外課(法人新規担当)
花田 拓也
経済学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる