株式会社笠原建設カサハラケンセツ

株式会社笠原建設

建設/住宅(公共施設・商業施設、また一般住宅・リフォーム)
業種 建設
住宅
本社 新潟

先輩社員にインタビュー

土木部
嶋田 裕介(25歳)
【出身】新潟工科専門学校  都市環境建設課 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ガス管を地下に埋設しています!
私は、今はガス管を地下に埋設している仕事をしています。現場では重機や堀削で、地上から20mの立杭を掘り、ガス管を埋設しています。そして、私の役目は施工管理です。
施工管理は、ガス管の仕事を進める上で、どれだけのお金がかかるのか、必要な予算の中でやりくりを考えます。予算を考えるときには、どのような工程があり、それにはどれだけの人員が必要なのか、重機はどれだけ手配しなければならないかを考えていきます。実際に仕事が始まれば、工程が進んでいるのかをチェックし、納期に間に合うように考えていきます。
ガス管の埋設の仕事の他にも、雪が降れば、除雪の仕事をしています。このように大雨や雪が降り、交通や生活環境に影響かでないように日々対応することも土木の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
携わった工事が無事に無事故で完了し、出来上がった時の瞬間。
いくつかの仕事の中で嬉しかったのは、入社間もない時に携わった漁港の物揚げ場の整備の仕事をした時のことです。漁港の物揚げ場の足もとのコンクリートが古くなり崩れていた場所を直したり、作業がしやすいように広くする整備をしました。
現場は、近くで漁師さんが仕事をしていたり、地元の人が頻繁に通る場所があったりと、安全整備に気をつけなければなりませんでした。その他にも確実にしなければならない事がありました。漁港は、みなさんが口にする魚を扱う場所です。私たちは重機などの機械を使いますので、海に油が漏れないように環境への配慮が大変な現場でした。
現場が完了して、漁師さんや地元の方から「綺麗になったね」、「仕事がしやすくなった」と声をかけてもらった時は本当に嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 積極的な地域行事への参加や、社員を大切にしている社風が好き。
私はもともと身近で土木に携わっている人たちがおり、幼い頃は、なんとなく土木の仕事に就きたいと思っていましたが、専門学校に入って土木について詳しく知りました。そして、就職活動の時には、地元で土木の仕事がしたいという強い希望となっていました。そして、家族や知り合いから当社を勧められたのがきっかけです。
当社は少しでも住みやすい環境を作ること、常に新しいことへの挑戦を考えています。その他にも、地域の事をとても大切に思っています。地域の駅伝大会や野球大会、会社で作った山菜などを売ったりと、地域の行事に積極的に参加しています。
このような取り組みに魅力を感じ、自分も当社の一員となって働きたいと思う気持ちが芽生えました。
 
これまでのキャリア 土木部第四課(6年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が何をしたいのか、まだ、そこまで考えられてないのであれば、まずは自分はどんな事に興味があるかを考えてみるといいと思います。そして1人で悩まずに、家族や友人・知り合いにたくさん相談してください。
しかし最後に決めるのは自分の「意志」で決めてください。強い「意志」を持つことは、社会人になって仕事で必要になるからです。
就職活動に対して、たくさん不安はあると思いますが、強い「意志」を持って頑張ってください。

株式会社笠原建設の先輩社員

国道維持や修繕の工事現場の施工管理を行っています。

土木部
渡辺 伸
東海大学 工学部 土木工学科

建築工事の現場管理

建築部
熊木 翔一
上越総合技術高等学校 建築システム科

建設現場の施工管理をしています。

土木部
野本 麻衣子
東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科

土木・建築に限らず営業の仕事に携わっています。

営業部
池田 政道
新潟産業大学 経済学部文化経済学科

建築の施工管理です。施工図の作成や現場の管理を行っています。

建築部
石堂 美紀
長岡造形大学 プロダクトデザイン学科

建設会社の土木部にて一般事務を行っています。

土木部 事務
高浪 あゆ
新潟県立大学 国際地域学部国際地域学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる