株式会社ハヤブサドットコム
ハヤブサドットコム
2021

株式会社ハヤブサドットコム

IoT事業/NTTドコモ/KDDI/スマートフォン/店舗マネジメント/5G
業種
インターネット関連
通信/専門店(家電・事務機器・カメラ)/広告/商社(自動車・輸送機器)
本社
栃木

私たちはこんな事業をしています

【100年に一度のパラダイムシフト―キミはどんな人生を歩む?】
人工知能の発達によるAIの台頭、急速なIT化による情報伝達の変化―
いま私たちが生きている世界には「100年に一度のパラダイムシフト」が起きています。5年、10年先の未来がどうなっているか誰にも分からない。だからこそ、時代の変化に柔軟に対応できる企業や人財が求められています。これをチャンスと捉えて攻めるのか、受け身に回るのか。キミはどちらを選ぶ?

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

【6年で企業規模2倍!メディアも取り上げる野田の経営戦略とは】

野田が社長に就任して以降、急拡大をしてきた当社。時代の変化に合わせたチャレンジ精神と迅速な行動力で業界初の試みをいくつも生み出し、企業規模を拡大させてきました。この快進撃は新聞にも「トップ戦略を聞く」というコーナーで取り上げられ、優秀経営者賞を始め、数々の賞を受賞しました。そんな社長の願いは、1人でも多くの社員が『物心ともに幸せになる事』。それを実現するために、現場の意見は即採用!働き方改革の推進や、ワークライフバランスの整備に努め、時代の変化に合わせた、働きやすい会社づくりを実践しています。

戦略・ビジョン

【未来を切り開くテクノロジー、IoTにも挑戦!】

日々めまぐるしく進化する通信テクノロジー。ここ数年は、IoT、AI、ビッグデータの活用技術が注目されています。こうした環境の変化に素早く、且つ柔軟に対応していくべきだと私たちは考えています。最近ではIoT事業部を立ち上げオリジナルチップの独自開発に成功。イチゴの栽培に着手し、いずれはIoT農業にもチャレンジする予定です。当社は携帯電話の販売事業がメインではありますが、時代の変化に合わせて柔軟な事業戦略をとるつもり。今あるモノは必ず廃れます。だからこそ、モノを売るより、コトを売ることが大切。これまでの事業にこだわることなく、今後も未来を切り開く挑戦を続けます!

社風・風土

【圧倒的な変革を!目指せ!働き方改革No.1企業】

「人にやさしい経営」を目指す私たちは、ワークスタイルの変革をどんどん推進しています。仕事とプライベートにメリハリをつけて働くことで、生産性が向上して、業績アップにつながるからです。実際に、残業時間を20時間以内に削減してからも、当社の業績は伸び続けています!また、子供を育てながら仕事も両立できる環境を整えるために、全国のドコモショップでは初となる社内託児所を併設させました。現在は男性の育児休暇の取得も推進しています。教育制度も充実しており、各種研修やメンター制度を設けています。スキルを身につけるだけでなく、醸成した考え方のできる人間へ成長できる環境が整っています。

会社データ

事業内容 ■移動体通信事業

■自動車電装事業

■IoT事業
設立 昭和40年6月1日 (創業 昭和35年8月)
資本金 3100万円
従業員数 2008年 5月 146名

2013年 5月 221名

2019年5月 373名(男性175名 女性198名)

★従業員数もどんどん増えています!
売上高 60億1610万円(2018年12月)
代表者 代表取締役 野田和郎
本社 〒321-0106
栃木県宇都宮市上横田町853
事業所(店舗) [ ドコモショップ ]
【栃木県】宇都宮駅東口店・宇都宮西川田店・宇都宮駒生店・宇都宮馬場町店・宇都宮インターパークビレッジ店・かましん清原テクノ店

【埼玉県】戸田公園店

【東京都】保谷伏見通り店
関連企業 ハヤブサグループ

[ 株式会社シグネット ]
auの携帯電話の販売
・auショップ(宇都宮西川田・宇都宮駒生・栃木大平・足利)
沿革 昭和35年08月  
栃木県宇都宮市桜5-2767番地において、隼電機商会として創業

昭和40年06月   
有限会社隼電機商会を設立

昭和48年09月   
株式会社に組織変更して商号をハヤブサ電装株式会社を称する
同時に、本社を現在地である栃木県宇都宮市上横田町853番地に移転

平成04年04月   
日本移動通信株式会社(現KDDI)の移動電話販売代理店として、
IDO宇都宮南をオープン

平成05年04月   
NTT移動通信網株式会社(現NTTドコモ)の携帯電話販売代理店として、
ドコモショップ宇都宮南店をオープン

平成09年03月   
宇都宮パルコの地下1階に、携帯屋B1をオープン

平成10年12月   
携帯屋B1を移転し、ケータイショップビーワン1号店として、
オリオン通りにケイタイショップ・ビーワンオリオン店をオープン

平成12年04月   
会社商号および代表者を現状のとおりに変更

平成18年10月   
ケイタイショップ・ビーワン宇都宮南店を移転し、
ニューコンセプト1号店ビーワン雀宮店をオープン

平成18年12月   
本社屋を全面改装

平成20年03月   
アイジャパン株式会社との連合をスタート

平成24年05月 
ドコモショップ宇都宮西川田店に社内託児所「ハヤブサキッズ」を開設

平成26年03月 
ドコモショップ戸田公園店をオープン

平成28年04月
ドコモショップ保谷伏見通り店をオープン
事業部紹介 ■移動体通信事業部(店舗)
栃木県内にあるドコモショップ6店舗、首都圏(埼玉・東京)のドコモショップ2店舗において、機種の販売はもちろん、料金プランの見直しやスマホ教室など、携帯電話に対する様々な疑問にもお応えしています。いまや生活必需品となった携帯電話。お子様からお年寄りまで、一人ひとりのお客様が快適なケータイライフを送れるよう、ハヤブサらしいサービスを提供しています。

■未来開発課
未来開発課では、スマートフォンやタブレットをとことん使いこなし、様々な検証結果を資料や動画にまとめて店舗スタッフに配信を行っています。最新のGalaxyとXPERIAは何が違うの?今度のiphoneはココが進化した!といった内容を見つけ出し、カタログ等に載っていないような使い方を探求しています。機種のスペックではなく、お客様のベネフィットとなる利用シーンを常に考え、それをどうすれば店舗スタッフがより分かりやすく理解してもらえるか。店舗スタッフを最大限バックアップし、1UP(ワンアップ)させる、それが未来開発課の役割です。

■法人営業部
既にビジネスシーンでも欠くことのできない携帯電話。さらに昨今のスマートフォンの普及により携帯電話のさらなる使い方も生まれてきています。スマートフォンとアプリケーションを上手に使うことで、営業マンは会社の外でも自社商品の在庫状況を確認できたり、会社に戻らなくても日報を提出できたり・・・
戻らなくていい分、もう一軒訪問できたり・・・など、機種そのものだけでなく、使い方のご提案をさせていただきながら、会社として最も大切な通信費の削減をご提案もしっかりとさせていただいております。また携帯電話の増設やお取替えのお手伝いもさせていただいております。

■IoT事業部
農業人口の減少による“来るかもしれない食糧難の時代”に備えて、IoTを利用した農業(水耕栽培)に着手しています。
簡単に室内で野菜が作れるように、空気中の水分を利用した水の供給を制御し、管理する為のシステムや基礎テクノロジー、全てを自分たちの手で新しく作ることで、『これから先の未来』にチャレンジしてます。

■総務部
財務、経理などの業務を行い、会社の運営を支えています。
お客様サービスに徹することができるよう、社員が働きやすい職場環境を整えたり、 また、レクリエーションなどの社内行事の企画、運営なども行っています。 社員同士のコミュニケーションを深め、社員が生き生きと仕事ができるようサポートしています。

■人事統括部
人事業務
人材開発(採用活動、各種研修・勉強会等の開催と運営・人材育成)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)