四国計測工業株式会社
シコクケイソクコウギョウ
2021

四国計測工業株式会社

★四国電力グループ
業種
重電・産業用電気機器
プラント・エンジニアリング/半導体・電子部品・その他
本社
香川

私たちはこんな事業をしています

【製造事業】電力会社・一般産業向け製品等の開発・製造

【エンジニアリング事業】発電所・工場等の電気計装設備の設計・工事・保守

当社の魅力はここ!!

事業優位性

7の事業分野&最先端の研究開発部門で、オンリー1技術を開発。

エレクトロニクス、メカトロニクス、ケミストリーの3領域にわたるビジネスを展開。7の事業分野を持つ当社は「四電グループの一員」という枠のみに止まらず、モノづくりメーカーとして各事業分野で存在感を発揮しています。システム装置、メカトロ製品、エンジニアリングなどを手掛けており、それぞれの分野でスペシャリストが活躍しています。だからこそ、複数の技術を融合させ、当社にしかできない技術を生み出すことができるのです。例えば、数多くの大学に納入されているマイクロ波反応装置は、3領域全ての技術を持つ当社だから開発できたシステム。これからも総合力でNO.1&オンリーワンの技術を創造していきます。

仕事内容

ここでしか出来ない「ものづくり」でエンジニアとして成長する。

あなたは、どんなエンジニアになりたいですか?当社でなら、様々な領域を幅広く学ぶことも、特定の分野を深めていくことも、途中で方向転換することもできます。複数分野の技術を融合させることで他社にない技術を生み出していけるのです。もちろん、発電所や大規模プラント設備などのビッグプロジェクトに携わるチャンスもあり、スケールメリットを実感する仕事もできます。幅広い領域での経験を積みたくて入社し、プラントの奥深さに魅せられた者、インフルエンザワクチンの製造に欠かせない機器を手掛ける者、エコカーの台頭に一役買う技術を開発した者。多くのエンジニアが様々な分野で日々成長を遂げています。

戦略・ビジョン

「つくる」ことに挑戦し続ける。夢のある企業を目指す。

当社の原点は、電力の安定供給に貢献すること。しかし、60年の歴史の中で、積極的に技術応用を推進。エンジニア一人ひとりが大学や他メーカー、研修などに学びの場を求め、大きく成長してきました。その結果、当社は、大規模システムの構築から設置、メンテナンスまでをトータルで手掛ける総合システムメーカーへと進化しています。もちろん現在も、四国電力の基幹システムを担う企業として絶大な信頼を得ていますが、当社の本質は「安定」ではありません。大切にしているのは、新たな技術開発で「夢のある企業を目指す」姿勢。エンジニア一人ひとりが「つくる」ことに挑戦し続ける集団でありたいと思っています。

会社データ

事業内容 【製造事業】
 ◆産業用機器の設計・製造・施工
  (自動制御装置/メカトロ装置/各種自動化・省力化装置ほか)
 ◆電力用システムの設計・製造・施工・コンサルタント
  (情報伝送システム/制御監視システムほか)
 ◆電力量計・電力量計試験装置の開発・製造

【エンジニアリング事業】
 ◆発電所・工場などの電気計装設備の設計・工事・保守
 ◆環境調査・計測
  (大気/土壌/水質/産廃/騒音/振動/作業環境など)

【研究開発部門】
 ◆技術応用開発
  (マイクロ波化学反応装置開発ほか)
当社の技術が具体的にはこんなことを実現しています ●停電時、すぐ電気を復旧できなかったら?
四国電力の基幹システム開発を担っています。例えば、停電の時の電気復旧。このシステムがなければ復旧に膨大な時間を要し皆さんの生活を混乱させてしまう恐れがあるのです。重要かつ大規模システムを開発している事は「四国の生活への貢献」という自負にもなりますが、責任重大なだけにミスは許されない責任があります。もちろん「四電グループだから」という基準で発注を受けることはありません。四国外の大手メーカーとも競争がある中で「四国計測工業」が選ばれている理由は、システム内容に加えて(メンテナンスなど)アフター対応のフットワークの良さです。この大規模基幹システム開発でのノウハウを転用し、一般企業向けのシステム開発も手がけています。

●マイクロ波による独特な化学反応で新たな商品が生まれる!
マイクロ波反応システムは当社でも力を入れている分野。マイクロ波を化学反応の世界に活かす基礎実験装置で、すでに全国各地国立大学の研究室に導入実績があります。グリーンケミストリー(地球環境にやさしい化学)につながればと期待をしています。ほか電気加熱の特性を利用した機器開発(遠近赤外線/IHなど)では、食品メーカーなどから受注生産(オリジナル仕様)しています。ここでも新商品誕生に貢献しています。

●安全な食生活の裏側でも
長期間保存が可能なレトルト食品。その鍵は「密閉」されていることです。
もしもきちんと密閉されていなければ、輸送中に商品が漏れ出したり、消費期限前に商品が傷んだりという最悪のケースも起こり得るでしょう。
当社のヒートシール検査装置は画像処理技術を用いて、製品が「密閉されていること」を検査します。人間の目では気づけない微細な不良まで正確かつ高速に検査することを可能にしました。
全国の食品メーカーから問い合わせの絶えない、大ヒット製品となっています。

●ワールドワイドで売れっ子の
次世代ハイブリッドエコカーなど“世界のJapan BLAND”に用いられている半導体を「検査」する装置を私達も手がけています。「検査装置」は半導体メーカーに納品。
自動車全体の制御とパワーコントロールを掌るカーエレクトロニクス、パソコンのCPUメモリ用など用途は今後も進化が見込まれる分野です。
設立 1951年12月
資本金 4億8000万円(四国電力100%出資)
従業員数 827名(2019年4月現在)
売上高 176億7400万円(2018年度実績)
代表者 取締役社長 川原 昭人
事業所 【本社】
香川県仲多度郡多度津町南鴨200番地1

【支社・営業所】
東京支社・徳島営業所・高知営業所・松山営業所

【工場】
多度津工場・善通寺工場

【事業所】
伊方事業所・阿南事業所・橘湾事務所・西条事業所・坂出事業所
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)