蝶理株式会社
チョウリ
2021

蝶理株式会社

(専門商社/繊維・化学品・機械)
  • 株式公開
業種
商社(総合)
商社(繊維製品)/商社(化学製品)/商社(機械)/化学
本社
東京、大阪

私たちはこんな事業をしています

繊維原料、繊維製品、化学品、機械、金属、その他諸物資の国内及び貿易取引

当社の魅力はここ!!

仕事内容

グローバルかつダイナミック。それが「創る商社」のスタイル。

当社は繊維、化学品・機械の専門商社として、(商)×(工)を兼ね備えた「創る商社」として存在感を示してきました。市場や流通という川下分野を見据えながら、原料や資材といった川上分野の開発に携わることで、蝶理ならではの事業展開を推進しています。さらに売上の約7割が海外関連ということもあり、現在では海外35カ所に拠点を展開しています(現地法人を含む)。単体の従業員は450名程ですが、年間の海外出張回数はのべ2600回。営業社員は毎月のように海外出張に行くことが当たり前。また、基幹(総合)職の4人に1人が海外駐在、入社6年目以上の社員の半数以上が海外駐在経験者ということで、グローバル展開を加速しています。

社風・風土

若手への大きな裁量権と自由にやれる風土。もちろん武勇伝も。

創業158年の歴史を持つ当社ですが、一貫してきたのはトップクラスのメーカーとの取引きの中で、常に若手に大きな裁量権を与えてきたこと。それが伝統企業であるにもかかわらず活力ある風土を維持し続けてきた要因です。「自由にやらせてもらっている」と社員が口をそろえて強調することがその証であり、その自由さが柔軟な発想と大胆な行動を呼び起こし、若手でも大きな成果を上げることにつながっています。若いうちから大きな仕事を担当し、必要と感じたら海外にも毎月のように飛びます。時には各国の風習に倣い、中国や南米から「飲み過ぎました!」との報告も少なくありませんが、そんな武勇伝も蝶理らしいのかも知れません。

事業優位性

3つの主軸事業で広く深くビジネスを追求。強固な経営基盤を実現

当社は、繊維、化学品・機械を主軸事業とし、世界各国に拠点を持ち、特に中国とは、戦後最初に進出した商社として今でも深い結びつきを持っています。繊維事業では、日本のみが誇る高度な技術をもつ北陸産地と提携し、高付加価値・高機能商材を世界へ発信しています。また、化学品・機械の分野では、巨大市場の中にあるニッチ商材に強みを持って事業を展開しています。医薬品や農薬の製造に欠かせないファインケミカル商材、ドリンク剤や食品に使用される食品添加物等の取扱いから、スマートフォン等で使用される液晶用のガラス基板原料等のニッチな分野を極めております。

会社データ

事業内容 繊維原料、繊維製品、化学品、機械、その他諸物資の国内及び貿易取引
創業 文久元年(1861年)
設立 1948年9月
資本金 68億円
従業員数 単体:456名(2019年4月初)
代表者 代表取締役社長 先濱 一夫
事業所 【国内事業所】
 ■本社/東京、大阪
 ■支店/金沢
 ■その他/岡山、新潟

【主な海外事業所】
 アメリカ、ドイツ、インド、中国、ロシア、タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポール、チリほか
 計35ヶ所
売上高 連結:3,565億円(2019年3月期)
経常利益 87億円(2019年3月期)
商品別売上高構成比 (2019年3月期)
 ■繊維  33.7%
 ■化学品 49.5% 
 ■機械・その他 16.8%
取引形態別売上高構成比 (2019年3月期)
 ■国内 30.4%
 ■輸入 22.4%
 ■輸出 10.8%
 ■海外 36.4%
主要関連会社 【国内】 アサダユウ、蝶理MODA、東京白ゆり會、ミヤコ化学ほか
【海外】 上海北蝶服飾有限公司、蘇州飛楽電子元件有限公司、青島紅蝶新材料有限公司ほか
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)