株式会社大阪チタニウムテクノロジーズオオサカチタニウムテクノロジーズ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ

【東証一部上場】素材/非鉄/チタン/高機能材料
  • 株式公開
業種 非鉄金属
化学/鉄鋼/半導体・電子部品・その他/金属製品
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

新規事業創出グループ
柏谷 悠介(33歳)
【出身】工学研究科 材料工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 電池用の材料開発
電気自動車などに使用される、リチウムイオン電池向けシリコン系材料の開発を行っています。

新材料を工業用品として市場に出すためには、「量産」に対応でき「価格」を抑えることが至上命題となります。

そのため、性能向上や低コスト量産技術の確立に向けて、社内で今まで全く試したことがないテスト方法で、作ったことがない材料を開発しています。予想していなかった結果が得られた時は面白さを感じますし、その中で性能向上や生産効率改善といったプラスの成果が得られると「ニヤリ」としています。

国内外のお客様との技術的な打ち合わせも多く、社内の開発・評価部門や生産部門との連携も欠かせない仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
改善したサンプルがお客様から高評価をいただき、採用された時
電池用材料は、電池に組み込まれて初めて性能を発揮するため、電池メーカーでの評価、共同開発が不可欠です。

普段からお客様に色々なサンプルを提供し、評価結果を元に新しいサンプルを作製しているのですが、数年前にあるメーカーから「製品に使用できる」との評価をいただくことができました。

ただ、実際に出荷するためには量産化の技術開発も必要であり、部門全体で取り組みを進めた結果、最終的にお客様へ製品を出荷することができました。

納期も限られている中での対応だったため、大変ながらもやりがいがあり、最終的に出荷できたことは非常に嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 素材メーカーとしての力、素材自体の魅力、会社の雰囲気
大学で材料工学を専攻しており、材料に興味を持っていたため、材料・素材を扱う会社を最優先で検討していました。

そんな中で当社を知り、その後参加した工場見学にて、チタンの金属としての優れた特性、チタンの特徴的な製造方法に興味を惹かれ、当社を志望するようになりました。

また、日本で2社しかないスポンジチタン製造メーカーであり、世界に向けてチタンを出荷する技術を持っているという点にも魅力を感じました。

私は元々関西出身で、当社の雰囲気が非常になじむように感じたこと、ここであれば長く勤められるのではと思ったことも、就職を決めた理由です。

テニスなどのスポーツ大会やビールパーティなどの催しも多く、風通しの良い社風です。
 
これまでのキャリア 新規事業創出グループ(現職・8年目、研究開発職)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社は大学とは異なり、自分の興味があることだけを研究できるわけではなく、利益や発展のため、色々な課題に取り組む必要があります。
時には、行き詰ってしまうことがあるかもしれません。

大事なのは、何でもやってやろうという気持ちで進んでいくことだと思います。
どんなことでも興味を持って取り組んでいくことができれば、どんな場面でも、乗り越えていくことができるはずです。

自分に合った会社を見つけられるよう、がんばってください。

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズの先輩社員

スポンジチタン精製工程のプロセス改善

チタン製造技術グループ
濱田 祥賢
工学研究科 マテリアル生産科学専攻

スポンジチタン製造プロセスの改良・改善による生産コスト低減

生産技術開発グループ
高井 徹
工学研究科 機械系工学専攻

電気部門の設備設計 新規設備導入・更新、既設設備の改造

設備技術グループ
高森 瑛人
工学部 電気電子工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる