株式会社化繊ノズル製作所カセンノズルセイサクショ
業種 金属製品
精密機器/繊維/半導体・電子部品・その他/機械
本社 岡山、大阪

先輩社員にインタビュー

技術サービス部
仕田原 一起(30歳)
【出身】岡山大学大学院  環境学研究科 卒
【年収】500万円位
これが私の仕事 お客様の紡糸用ノズル設計アドバイザー
営業からの依頼で、設計と顧客打合せを繰り返して1つのノズルの仕様を決定します。また弊社が持つパイロット試験機にて紡糸を行い、紡糸結果をノズルに反映させることも行います。計算結果ばかりでなく、ノズルを実際に使用していく中で気づかされることも多く、もっともっと多くの知識を吸収していかなければなりません。そうした背景もあり、所属部署内でも私の経験が最も浅いのですが、ベテランの先輩方はいつも丁寧に指導していただけるので技術の吸収も早いです。
技術サービスの仕事は営業と開発の間に立って全体を俯瞰し、技術的な観点から設備全体の設計や提案に繋がる大事なポジションです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
提案した設計がうまく紡糸に反映された瞬間
お客さまと共同で開発を進めていくというテーマで、ご依頼いただいた糸断面を参考にしてノズルを設計します。その実際に完成したノズルを用いて、お客さま依頼の糸断面が達成されたとき、達成感とやりがいを感じられます。やはり、開発というものはすぐにゴールにはいかないので、お客さまと試行錯誤して、可能性のある改善点を1つずつ進めていくという地道なものです。それらの努力が実った瞬間というのがこの仕事の醍醐味といえます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元に根付いた企業で、高い加工技術とノズルシェアの大きさに魅力を感じた
私はもともと地元志向が強く、その中でもニッチな業界で活躍している企業を志望しており、その希望にしっかりとマッチしたのが化繊ノズル製作所でした。弊社を知ったきっかけは、大学院在学中に、弊社製のマイクロリアクターデバイスを使用していたことでした。精密加工に強い企業であることは分かっているつもりでしたが、説明会に参加してみるとまた一段とその繊細な技術に驚かされ、この高い技術を活かしたものづくりに自分も携わりたいと強く思うようになりました。
 
これまでのキャリア 製造研修(1年間)→技術サービス(現職今年で6年目)
入社後1年間を現場で研修としてノズル加工について学ぶ。現在は、技術サービス部に所属、技術営業としてお客様と営業・製造との間に入って仕事を行っている。

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

数ある企業の中から選択して活動を行うことは大変な作業だと思います。自分の希望と各社の募集要項しっかり照らし合わせて、どの分野で自分の力が活かせるかというイメージをもって就職活動することが、採用される上でも、入社してからも重要になると思います。

株式会社化繊ノズル製作所の先輩社員

~挑戦~試作開発から将来の主力製品へ

製造二部 試作開発課 試作開発係
平田 征丈
岡山大学大学院 環境学研究科

精密金属加工部品の検査業務

精機課 検査係
武本 洋二
岡山大学 大学院 工学部

製品の評価分析、社内への装置導入検討や加工テストなど

技術課 生産技術係
小寺 功史
岡山大学大学院 自然科学研究科 博士前期課程

新規案件の試作開発業務。顧客との相談から実質的なものづくりまで。

製造部精機課試作開発係
黒田太郎
国立津山工業高等専門学校 電子制御工学科

製品を加工するための工具製作

ノズル製造課 小径孔加工係
西江 圭太郎
岡山商科大学 商学部 商学科

CADで図面を描き現場に回す

技術課 設計係
河原 光佑
岡山理科大学 工学部 機械システム工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる