エナジーサポート株式会社エナジーサポート

エナジーサポート株式会社

日本ガイシグループ 【配電機器・計測機器メーカー】
業種 重電・産業用電気機器
エネルギー/半導体・電子部品・その他/機械/精密機器
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

技術系総合職(2015年入社)
藤森 樹
【出身】富山大学  工学部 電気電子システム工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ヒューズおよびカットアウトの設計
主に海外向けの高圧ヒューズの設計業務に携わっています。
ヒューズはカットアウトと組み合わせて、トランス保護のために使用する配電機器です。普段気に留めることはあまりないと思いますが、電柱を見上げると国内向けのカットアウトが見られます。
主な業務としては、設計したヒューズの性能検証を行っており、時には検証試験のために中国を訪れることもあります。
製品設計についての知識はもちろんですが、国内外問わず様々なところへ行けるので、視野も広げることができる仕事だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
社内で知見のなかったノウハウを身につけた
入社2年目の冬のことですが、海外向けの高圧ヒューズを担当していたときに、お客様の要求仕様をなかなか満足できずにいました。当時は糸口が見えず、納期にも余裕がない状態が続きました。
しかし、部署の垣根を越えてたくさんの方から意見をもらい、業者様へも何度も伺い、そのとき試せることはなんでも検証しました。何通りものパターンの中から少しずつ傾向をつかむことができ、仕様を満足するノウハウを見つけた。
とことん苦労してやっと要求仕様を満足できたときはやりがいを感じます。
全体から見たら一部分にすぎないことでも、様々な方と相談し突き詰めることがその製品を知る一番の近道だと思いました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 生活に欠かせないインフラ整備に貢献できる
私は、自分の専攻である電気電子工学を活かせる業界で、興味の強かった配電業界およびセンサを造っているメーカーを志望していました。
エナジーサポートはその両方の事業を行っていたこともあり、パンフレットやホームページも何度も読み返していました。この会社を知ってから、電柱についている開閉器やカットアウトを見つけることも多々ありました。注目されることは少ないくても生活インフラの下支えができるという部分に惹かれましたのがこの会社を選んだ決め手です。
40年以上続けていく仕事を選ぶ上で自分のモチベーションを保てる会社に入りたいと思いました。入社後の今も、日々の生活インフラを支える製品に携われることは、とてもやりがいのある仕事だと思っています。
 
これまでのキャリア 設計開発

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事は人が人生で最も多くの時間とエネルギーを注ぐものだと思います。会社選びで迷った時は、就職後の自分をイメージして、5年先・10年先、もっと先でもいいので「これを成し遂げてたい」と想えるものが見えていると、長い社会人生活でもモチベーションを保って乗り越えていけると思います。
自分の適性を知ることは思っている以上に難しいことだと思いますが、焦らず自分に合った自己分析の方法で頑張ってください。

エナジーサポート株式会社の先輩社員

地中開閉器の開発・設計

技術系総合職(2015年入社)
松井 謙治
名城大学 理工学部 電気電子工学科

ガス(O2,NOx)計測器の開発。設計から試験まで

技術系総合職(2015年入社)
原田 拓弥
名城大学 理工学部・電気電子工学科

配電機器の品質保証業務

技術系総合職(2014年入社)
北澤 嘉之
名城大学 理工学部 材料機構工学科

次期主力AS(開閉器)の開発

技術系総合職(2014年入社)
白井 智也
愛知工業大学 工学部 機械工学科

開発業務及び工程改善

技術系総合職(2014年入社)
桑山 泰成
名城大学 理工学部 電気電子工学科

ジルコニア酸素分析計、NOx分析計を使用した装置のカスタマイズ設計業務

技術系総合職(2010年入社)
森本 剛文
名古屋工業大学 工学部 環境材料工学

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる