エナジーサポート株式会社エナジーサポート

エナジーサポート株式会社

日本ガイシグループ 【配電機器・計測機器メーカー】
業種 重電・産業用電気機器
エネルギー/半導体・電子部品・その他/機械/精密機器
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

技術系総合職(2015年入社)
松井 謙治
【出身】名城大学  理工学部 電気電子工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 地中開閉器の開発・設計
私の所属しているグループでは、地中開閉器の開発を行っています。地中開閉器とは、地上に設置されている地中電線用のスイッチのことで、電力会社がお客様となります。お客様の要求する性能に合わせて製品の大きさや内部の構造などを考え設計を行います。
お客様の要求する性能を満たしているか、試作品を用いて試験を実施し性能の評価も行っています。
地中開閉器は沢山の部品で構成されているため、製品の構成毎で担当が分かれています。
そのため、グループ内での連携が重要なため、毎朝のミーティングを含め、活気ある職場であると言えます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
製品の試作品を、設計から出荷まで携われた
2年目の時、製品の性能を変更した、新しい製品を開発する案件があり、先輩の指導のもと試作品の設計を行いました。部品の形状を決める際、部品の公差や、強度、コストを考えた形状かどうか、いろいろなことを考える必要があるため、部品ひとつの形状を決定するのも苦労しました。
しかし、先輩に相談しながら設計を進めることで、ノウハウを教えてもらったり、考えが足りないときに注意してもらうなどとても勉強になりました。また、先輩だけでなく、部品を製作する外注業者や、外観形状や細かい箇所をお客様と相談して決めるなど沢山の方と連絡を取りながら仕事を進めていく大変さを感じました。試作品が完成し、出荷まで終えたときには大きな達成感が得られました。設計から出荷までの一連の流れを把握することができ、とてもためになる案件でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 開発した製品で世の中の暮らしを支える一員になれる
大学での専攻が電気電子工学科であったため、もとから電気関係の仕事に就きたいと考えていました。
そのため電気関係の会社の説明会を中心に参加していたのですが、この会社の説明会に参加するまで開閉器の役割を知りませんでした。説明会を受けて、開閉器は思っているより身近にあり、知る人は少ないけれど世の中の暮らしを支える縁の下の力持ちのような存在であると感じました。そんな開閉器の開発、設計に携わり、暮らしを支える一員になれたらと思い、この会社に入社しました。
 
これまでのキャリア 設計・開発

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

たくさんの説明会へ出席することをおススメします。いろんな業界の説明会へ出席することで、あまり興味のなかった業界でも興味がわいてくる可能性があります。
また、同じ業界の競合他社などを受けることで、会社ごとの特徴が分かり、自分のやりたいこととマッチする会社が探せるからです。

エナジーサポート株式会社の先輩社員

ガス(O2,NOx)計測器の開発。設計から試験まで

技術系総合職(2015年入社)
原田 拓弥
名城大学 理工学部・電気電子工学科

ヒューズおよびカットアウトの設計

技術系総合職(2015年入社)
藤森 樹
富山大学 工学部 電気電子システム工学科

配電機器の品質保証業務

技術系総合職(2014年入社)
北澤 嘉之
名城大学 理工学部 材料機構工学科

次期主力AS(開閉器)の開発

技術系総合職(2014年入社)
白井 智也
愛知工業大学 工学部 機械工学科

開発業務及び工程改善

技術系総合職(2014年入社)
桑山 泰成
名城大学 理工学部 電気電子工学科

ジルコニア酸素分析計、NOx分析計を使用した装置のカスタマイズ設計業務

技術系総合職(2010年入社)
森本 剛文
名古屋工業大学 工学部 環境材料工学

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる