沖電線株式会社オキデンセン
業種 非鉄金属
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

FPC事業部
佐々木 達也(25歳)
【出身】北見工業大学大学院  工学研究科 マテリアル工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 FPCの製造。製品・装置の条件出しや製品の測定、治工具等の点検・確認
新しく導入した装置や新製品の条件出し、製品の寸法測定、作業工程で使用される治工具のメンテナンスや確認等を行っています。装置の条件出しに関しては、何も無いところから行うので最初は上手くいかず、失敗ばかりです。ですが、先輩社員のアドバイス等をいただきながら進めていき、ようやく理想とした形が出てきたときはとても嬉しいです。まだまだやることはたくさんありますが、少しでも不良品を出さないように、また、作業者の方々が無理なくスムーズに作業が行えるよう日々試行錯誤を重ねています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新製品の評価を行い、それが実際の作業工程で使用されることが決まった時
入社して半年、徐々に仕事を任されるようになって来た頃、製品に印字するためのインクの評価を任されました。現段階で使用しているものとは全くの別物だったので試験時間を細かく設定し、サンプル数も多かったため時間と手間がかかりました。まずは、インクの特性を調べるため取扱先メーカーのHPを見たり、また、担当者の方に直接電話をして話を伺ったりもしました。その甲斐あって評価は比較的スムーズにいきました。不安な部分は上司や先輩社員の方々のアドバイスや協力を得て、なんとか評価を終えることが出来ました。その結果を基に実際の作業工程で使用されると決まった時は頑張ってきて良かったと思いましたし、やりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 他社には無い独自の製造方式で魅力的な製品を自分も造りたいと思った。
大学では材料工学(金属・非金属系)の勉強をしていたので、その知識が少しでも活かせるかとその会社に入社して働いていくイメージができるかどうかを重点に就職活動を行っていました。FPCに興味を持ったのは、就職先の会社ではありませんが他社でのインターンシップ研修で実際に製造してみて面白いと感じたからです。希望としていた業界ではありませんでしたが、入社の決め手となったのは説明員の方が丁寧に会社の魅力・強みを伝え、疑問にも親切に対応してくれたことと独自の製造方式が魅力的だと感じたからです。その独自の製造方式を基に他社には真似できないFPCを製造し、多くの人に使って欲しいと思ったからです。
 
これまでのキャリア 生産技術(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は内定をいただくまでに10社ほど落ち、決まるのも遅かったです。時間が経つにつれて焦り、周りが内定をいただいたという話を聞くと不安にもなりました。今思うと就職セミナーに積極的に参加し自己分析、SPI試験をもっとやればよかったと後悔しているので、合間を見つけて早いうちからやるといいと思います。妥協せず、就きたい会社に受かるという強い信念を忘れずに頑張ってください。必ず良い会社とめぐり会え、働き続けたいと思える会社に就けると思います。

沖電線株式会社の先輩社員

新製品開発

電線技術部
M.A
諏訪東京理科大学 電子システム工学科

電線・ケーブルの設計や研究開発。

電線事業部電線技術部電線技術二課
荒川 恵理
室蘭工業大学大学院 応用理化学系専攻

既存や新規顧客への配線材料の提案と販売

営業本部営業部営業三課
Y.K
岐阜大学 工学部応用精密化学科

機器用・通信用ケーブル等の法人営業。商品売り込みから提案まで。

営業本部 営業部
S.T

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる