株式会社滋賀銀行シガギンコウ

株式会社滋賀銀行

東証一部上場/金融/地方銀行/滋賀・京都・大阪・東京・海外支店
  • 株式公開
業種 地方銀行
コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス
本社 滋賀

先輩社員にインタビュー

市場国際部 業務グループ
津島 典子(34歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 お客さまと海外銀行の架け橋となる。
滋賀銀行全店で発生する外為業務のうち、輸入・輸出などの貿易業務や外国送金、外貨預金などの対顧客業務のサポートを行っています。
貿易を行う際、様々なお客さまが滋賀銀行を窓口としてご利用されます。そして、各支店でお客さまからお受けした依頼は全て私のもとへやってきます。
中には、私が携わった商品が店頭に並んでいることも。スーパーでお客さまが輸入している海外のお酒を見つけ、思わず購入してしまいました。その製品が販売されるにあたって私も関わっているのだと思うとやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
全店の担当者に頼りにされていることを実感。
様々な支店からの問い合わせに回答しサポートすることが多いのですが、異動で担当者が代わられても、私宛に質問してくださると喜びを感じます。
ある支店の支店長代理から指名で電話が掛かってきました。いつもどおり質問に回答していたのですが、「“前任者から何かわからないことは津島さんに聞くように”と、言われていたので津島さんに問い合わせました。分かりやすいように教えていただいて安心しました。」とのお言葉をいただきました。その言葉を聴いたとき、責任の重さを感じつつ、同時に私個人として頼られている事に改めてやりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 働く「人」を大切にする会社だと感じたから。
「人」を大事にする会社だと感じられるか、行員がいきいきと「やりがい」と「誇り」をもって働いているかどうかが私の会社選びのポイント。
就職活動中、様々な企業の方と接する機会が増えます。私が関わった滋賀銀行の「人」は、年の近い先輩から役員まで風通しが良く、会社の雰囲気も良い印象を受けました。
そんな滋賀銀行に魅力を感じ、入行を決意。現在は結婚しお客さまの海外ビジネスを支える仕事と、家庭との両立をして充実した時間をすごしています。
 
これまでのキャリア 牧野支店入行(融資係・営業係)→3年目:大阪支店(外国為替係)→5年目:市場国際部(業務グループ)

この仕事のポイント

職種系統 貿易事務・国際事務
仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私の場合は、金融機関メインで活動をし、最終的に銀行で働くことを決めましたが、他の業界でも内定をいただくことができました。知名度の高い会社との間での選択でしたが、人間力で仕事ができ、人の雰囲気も良い滋賀銀行を選ぶことにしました。
人に流されず、自分の考えを持つことは社会人になっても大切なことです。ネームバリューだけにとらわれず、自分の感覚を信じて会社を選んでほしいと思います。

株式会社滋賀銀行の先輩社員

時代やお客さまのニーズに応じた次世代型店舗づくり。

総合企画部 ICT戦略室 オペレーション改革チーム
森野 あすみ

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる