向陽技研株式会社
コウヨウギケン

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

向陽技研株式会社

メーカー/グローバル/ニッチ/インテリア/海外/ものづくり
業種
機械
文具・事務機器・インテリア/金属製品/その他製造/精密機器
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

大阪 堺市にある部品メーカーで、世界一と日本一がある中小企業です。その秘訣は独自開発にあります。
世界初の音が出ないラチェットギア・世界一細かい2度ピッチギア・ラクラク昇降脚、自社で発明しています。
トップシェアの製品もあり経済産業省『グローバルニッチトップ企業100選』に認定され、海外販売80%とグローバル展開し10年で売上が3倍に成長しています。
安心・安全のKOYOブランドとして世界に広がっています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

ソファや座椅子で使われる、あの“カチカチ”をつくっています。

ソファのアームレストやヘッドレスト、座椅子の背もたれ部分に使われる「ラチェットギア」が私たちの主力製品。あの“カチカチ”という音は、誰しも聞いたことがあると思います。私たちがつくる製品は、普段目に触れるものではありませんが、世界中で使われているインテリア家具に必要不可欠なパーツです。そのパーツメーカーとしての最大の特徴は、自社ブランドを持っていること。独自に商品開発を行っており、カチカチ音をできる限り抑えた静穏タイプの製品や、小刻みに2°ずつ角度調整が可能な製品など、高機能、高付加価値にこだわったモノづくりを推進。金型や製造に必要な設備機械の社内製作、特許獲得にも積極的に取り組んでいます。

戦略・ビジョン

経済産業省の「グローバルニッチトップ100選」に選ばれました。

少子高齢社会により、日本の国内マーケットは今後も厳しい状況が続きそうです。しかし、向陽技研はその影響をほとんど受けていません。その理由は、当社のグローバル展開にあります。当社では、コアな技術が必要な工程は堺の本社で行い、組み立てなどの工程は中国で実施。効率的な生産フローを確立しています。また、高級インテリアメーカーがひしめくヨーロッパにいち早く進出し、2013年にはドイツに現地法人を設立しました。グローバルな事業展開が経済産業省からも認められ、2014年には「グローバルニッチトップ企業100選」にも選出。中小企業でありながら、世界で戦える企業として、今後も成長を続けていきたいと考えています。

魅力的な人材

新人研修は、高野山、白浜、そして中国の工場で。

常識にとらわれない事業展開で成長を続ける向陽技研では、研修制度もかなり個性的です。入社1年目の社員はさまざまな研修を受けますが、中でもビッグイベントとなるのが「ナギサミーティング」と「中国工場研修」。GW明けに行われる「ナギサミーティング」は、高野山に宿泊し社長自らが会社の歴史や事業についてレクチャーしたり、白浜で地ビールを飲みながら、自分史を紹介し合うというもの。世界を相手にする企業だからこそ、日本の歴史がつまった高野山という場所を選んで行っています。研修のクライマックスは1ヵ月にわたる「中国工場研修」。現地のワーカーと一緒になって、言葉の壁を乗り越えながら、製品の組み立て作業に取り組みます。

会社データ

事業内容 向陽技研にはたくさんの世界一と日本一があります。
国内シェア70%と圧倒的なトップシェアを誇る座椅子ギアは、世界一細かいラチェットギアを開発し14段ギアから42段ギアに進化させました。ドイツ・イタリアなど家具やインテリアのハイブランドのメーカーにもKOYOパーツが選ばれています。
世界で初めて音が出ないラチェットギアを開発し、2017年のドイツ・ケルンインターツム(業界最大級の展示会)で発表し業界が驚きました。
独創的な開発をモットーにしており、モノマネ・ヒトマネではなく私たちで考えたアイデアを製品にしており特許も多数所有しています。
KOYOパーツは世界が認めるブランドメーカーに成長しています。

事業内容:金属部品の製造・販売
製品:座椅子用のラチェットギア・ソファー用のフィッティングギア・ダイニングチェア用の回転板・介護テーブル用の昇降脚・その他(家具・インテリア・キッチンの機能部品)

会社案内動画が下記URLから視聴できます。
https://youtu.be/-O2r9pwgQKc

トップシェアの商品がある、ものづくりメーカーです。自社開発した機能パーツを、堺の工場で生産し世界中に販売しています。
グローバルニッチトップ100選認定企業

向陽技研は「モノづくり企業」で、本社工場(大阪府堺市)と中国工場(広東省東莞市)とベトナム工場(ハノイ)の3つの工場でモノづくりをしています。また、現地法人として中国販社とドイツ販社を設立し、グローバルに活動しています。
独自開発・自社製造した家具用パーツを自社販売しています。日本国内での販売だけでなく海外へも販売を拡大しており、国内販売が20%で海外販売が80%とグローバルに活動しています。わずか80名で平均年齢34歳の会社ですが、少数精鋭・若手社員主体で頑張っています。
工学系学生だけでなく、文系学生でモノづくりが好きな若手社員の入社も増えています。
また、英語・中国語・ドイツ語などビジネスで語学力を生かした仕事をしたいと、語学系学生や留学経験のある若手社員も増えてきました。
国内トップシェアの製品が、シェア70%ある座椅子・フロアチェア用のリクライニング金具です。毎日5万個を生産しており、毎月100万個以上を生産しています。年間の販売量は1,000万個以上と圧倒的に業界ナンバー1です。みなさんのご家庭にある座椅子にも、向陽技研のリクライニング金具が使われているかもしれません。
当社のラチェットギア機構を応用して、ヨーロッパの家具メーカー向けにソファー用に開発した角度調整金具はヨーロッパで高い評価を得ています。今では売上の80%が海外販売になるまでグローバルに成長しており、全体の売上は5年で2倍にと急成長しています。
日本国内の福祉施設にも当社の製品が使われています。独自開発の昇降脚LEGMANは簡単にテーブルの高さを調整でき、車椅子の方でも使い易い高さにスピーディーに変更できます。
また、当社では新入社員研修にも力を入れており、4カ月間の研修カリキュラムを独自で行っています。社長も参加しての2泊3日の「ナギサミーティング」(合宿研修)や1カ月間の「中国工場研修」、先輩社員との交換日誌「マンツーマンノート」など新人教育に力を入れています。

当社は経済産業省の「グローバルニッチトップ100選」に選定されています。
http://www.koyoeng.co.jp/news/112/
創業 1926年
設立 1961年7月1日
資本金 6,000万円
従業員数 80名(パート・アルバイト含む)
売上高 26億200万円(2017年7月度)
代表者 代表取締役社長 山下 雅伸
事業所 ■本社 〒593-8312 大阪府堺市西区草部1214番地
■東京営業所 〒136-0071東京都江東区亀戸5-38-4-206
【中国現地法人】
東莞向陽金属製品有限公司
広東省東莞市清渓鎮濱河西路富士工業城第5棟
【ベトナム現地法人】
KOYO Hanoi Limited
Plot K-1, Thang Long2 Industrial Zone, Di Su Commune,
My Hao Dist, Hung Yen Province, Vietnam
【ドイツ現地法人】
KOYO Germany GmbH
Schadowstrasse 63, 40212 Duesseldorf Germany
沿革 1926年 大阪府堺市錦綾町にて、山下義一が山下製作所を設立し農機具の製造を始める。
1961年 向陽抜物有限会社を設立
1973年 隣接地に本社ビル4階建新社屋完成、向陽技研株式会社に社名を変更。
1974年 座椅子用及び木製座椅子用ラチェット製造販売
1980年 堺市草部に向陽エンジニアリング株式会社設立。海外向け輸出入窓口となる
2003年 代表取締役が山下善伸より、山下雅伸へ交代
2003年 創業100周年感謝の集いをスイスホテル南海大阪にて行いました。
2004年 本社堺工場新社屋増改築
2005年 ファインギア(14段ギア)製造販売
2005年 東京営業所開設2006年広東省東莞市に、東莞清渓向陽金属製品廠開設(中国営業所・工場)
2007年 本社新倉庫竣工2007年堺税務署長より優良申告法人として認められました。
2008年 中国現地法人 東莞向陽金属製品有限公司設立、営業開始
2009年 木工ソファ用金具 IS/LS シリーズ発売
2011年 ISストレッチタイプ(IS150T)製造販売
2013年 フリーロックモーションギア(FR)製造販売
2013年 LSマイクロピッチギア製造販売
2013年 ドイツ現地法人 KOYO Germany GmbH設立
2014年 経済産業省、グローバルニッチトップ企業100選に選ばれました。
2015年 自動組立機「MIRAI」を導入
2017年 無音ギア「SOUND ZERO」製造販売
2018年 KOYO Hanoi(ベトナム工場)設立
ホームページ 日本語 http://www.koyoeng.co.jp/
英語 http://www.koyogear.com/
中文 http://www.koyoeng.co.jp/chinese/
海外比率 日本メーカーのグローバル展開の指標に「海外比率」がよく使われます。これは日本国内と海外での売上高を比率にしたもの。少子高齢社会が進む日本よりも、海外に打って出ようとする製造企業の重要な指標となっています。
当社ではかねてより海外進出に積極的に取り組んできたことで、この海外比率は現在では80%ほどになるまで成長しました。
私たちは日本のモノづくり企業を代表する気概を持って、海外の企業との競争に挑んでいます。
会社案内動画 https://youtu.be/-O2r9pwgQKc
リクルート動画 https://youtu.be/JyDx9a0bl8M
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)