JR東日本テクノロジー株式会社ジェイアールヒガシニホンテクノロジー

JR東日本テクノロジー株式会社

2015/4/1社名変更 旧社名:東日本トランスポーテック株式会社
業種 鉄道
輸送機器/機械/設備・設備工事関連/メンテナンス・清掃事業
本社 東京

先輩社員にインタビュー

車両事業本部 東京支店
高木 雅之
【出身】武蔵工業大学(現・東京都市大学)  工学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 鉄道車両のメンテナンス(主に床下作業)
首都圏を走る鉄道車両の定期検査(自動車でいう車検)を行っています。主な業務は編成(10両編成や11両編成)の車を1両ずつに切り離し、車体と台車を切り離すための前準備作業です。他にも、切り離した車体と台車を繋ぐ作業や、車両の屋根に乗っているクーラーやパンタグラフを取り外す作業、部品や車体の塗装作業など様々な作業を行っています。様々な作業を行っていくうちに色々な知識を得て、工具の使い方や力の入れ方一つで全く作業のやり易さが変わるなど、日々同じ作業の中でも成長していっている自分を肌で感じる事が出来ているのでとても面白いです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分がメンテナンスに携わった車両に乗った時
入社して毎日、通勤でJR東日本の車両を利用しています。職業病なのかもしれませんが、車内で車両番号を見て「この車両はこの前検修した車両だ」などと思ってしまいます。またそれと同時に、周りにたくさんの人が乗っているのを見て「これだけたくさんの人の交通を支えているんだ」という仕事の重要性も強く感じます。もし、朝の混雑する通勤時間に車両故障などで遅れを出してしまえば、多くの利用者に迷惑をかけてしまいます。私自身、そこに直結しかねない仕事に携わっています。ですので、普段の作業からどのようにすればミス無く作業を出来るのかを考え安定した品質の保持を心がけています。私の中でこの大きな責任感が仕事の励みとなっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 鉄道事業の魅力が伝わってきた
私は多くの人の役に立つ事の出来る社会インフラに携わりたい気持ちが強くありました。その中でも日本の鉄道技術は世界の中でもトップクラスだし、たくさんの人たちの日々の足として生活の一部になっています。
そういった面でやりがいに満ちた仕事が出来ると思い鉄道業界を中心に就活を行いました。そんな中で、JR東日本のグループ会社説明会に出席した時に東日本トランスポーテック(現JR東日本テクノロジー)に出会いました。弊社は車両における総合エンジニアリングを行っており、元々設計やメンテナンスに興味のあった当時の私にとってとても魅力的なものとなりました。駅ビルや地域開発を行っている大手鉄道会社ほど事業は大きくありませんが、鉄道車両の最初から最後まで一貫して管理する技術力で社会の役に立っていけると考え就職しました。
 
これまでのキャリア 車両事業本部東京支店検修課 (現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のやりたい事を出来る会社を選ぶ中で、あまり最初から狭い範囲で着目せずに広い視野で会社を探して知識を蓄えていくことが大切だと思います。そのためにも、様々な会社説明会に参加し、たくさんの人達の話を聞くことが大切だと思います。きっと、その就職活動の中で自分にとって一番いい職種や企業が見つかるはずです。就職活動は大変だと思いますが、自分の将来の為にも努力を惜しまず頑張って下さい。

JR東日本テクノロジー株式会社の先輩社員

お客様が安心して利用いただける鉄道車両の製造

製造事業本部 新津事業所
土屋 勝彦
新潟大学 自然科学研究科材料生産システム専攻

鉄道車両の定期検査

車両事業本部 大宮支店
大川 達也
中央大学 理工学研究科

自社で開発設計、製造された鉄道車両部品の品質保証

車両事業本部 技術管理部
浅見 勇介
神奈川工科大学 工学研究科

新規受注品の製造に向けた基礎研究と生産体制確立の準備

製造事業本部 江南工場
大平 雅明
名古屋大学 工学研究科

幅が広く奥が深いが、最優先で取組む社員の生命を守る仕事「安全」

企画本部 安全品質環境部
大野 公佑
秋田大学 工学資源学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる