日工電子工業株式会社
ニッコウデンシコウギョウ
2021

日工電子工業株式会社

[東証一部上場 日工グループ会社]電気/電子/情報/開発/設計/制御
業種
プラント・エンジニアリング
総合電機(電気・電子機器)/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

当社は、みなさんが毎日歩いている道路(アスファルト)や、建造物には欠かせない
コンクリートを作る機械(プラント)の制御装置を開発・製造・販売している会社です。

アスファルト合材工場向け制御装置は国内トップクラスで、日工株式会社(東証一部上場)のグループ会社になります。

47年にわたって蓄積してきた技術力を武器に、これからも社会に貢献し続けていきます。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

企画、設計から生産まで一貫体制。国内トップクラスメーカーです

当社は、アスファルトならびに生コンクリートのトップブランドである、日工株式会社(東証一部上場)の直系企業として、1971年に創業致しました。プラント制御のハードからソフトまでの開発、設計、製造、販売、メンテナンスをトータルで提供しています。アスファルト合材工場向け制御装置、高速道路用アスファルト制御装置においては、国内トップクラスを誇っています。製品情報から出荷、そしてトラブルに至るまで、すべての情報を社内データベースにて管理、品質管理における社内システムを確立しています。また、お客様の要望に添ったカスタマイズを行うなど、一貫体制だからこそできる柔軟性を持って顧客ニーズに対応しています。

魅力的な人材

創造的な技術開発可能な「デザイナー集団」を目指しています

当社のスタッフは、ソフトウェア、ハードウェア双方の領域において、それぞれの先進技術および時代の先見性に精通しており、個々の事案について万全の体制にて臨めることが強みです。企画から設計、生産まで、クライアント一社一社のニーズに合わせて技術開発を行い、常に真摯な姿勢で製品に向き合っており、信頼を得てまいりました。スキル、そして意識が高い、創造的な技術開発可能な「デザイナー集団」を目指しており、先輩社員にはスペシャリストが揃っています。オリジナルのシステムソリューション開発に携わりたい方にとって、非常にやりがいのある環境です。

会社データ

事業内容 産業用制御装置・コンピュータ関連機器の開発・製造・販売
設立 昭和46年6月5日
資本金 2億3,579万円
従業員数 90名 (平成31年2月1日現在)
売上高 17億9500万円
代表者 代表取締役社長 田中 実
事業所 【本社】
京都府長岡京市神足橋本5番地
沿革 1971年 資本金1,000万円で大阪市に設立
     アスファルトプラント(AP)用アナログ方式自動制御装置製造開始
1974年 京都府長岡京市に新工場を建設し移転
     AP用ロードセル計量方式採用と同時にコンピュータ方式自動制御装置製造
1976年 トラックスケール及びアスファルト計量コンピュータ方式
     生コンクリート(BP)自動制御装置製造
1978年 BP用計量器製造
1979年 生コンクリート生産工場用オフィスコンピュータ応用総合管理装置製造
     BP用モニタ方式自動制御装置製造
1980年 制御装置増産に伴い工場増設、生コンクリート生産合理化専用コンピュータ製造
1981年 AP用モニタ方式自動制御装置製造、BP用骨材自動供給専用コンピュータ製造
1982年 生コン試験室業務及び漢字コンピュータ製造
     生コンクリート生産管理漢字コンピュータ製造
1983年 カラーモニタ方式光ファイバー採用による自動制御装置製造
1985年 生コンクリート協同組合出荷管理システム開発納入
1986年 日工-NTTオンラインによる生コンクリート協同組合出荷管理システム開発納入
1987年 AP生産工場試験室業務コンピュータ開発、CRT方式データ自動印字記録装置製造
1988年 資本金を4,000万円に増資
1989年 FCコンピュータ採用による生コン試験室システム連動型制御装置開発
     バーナ制御に業界初のFUZZY推論を採用
1990年 生コン販売管理システム開発、FUZZY応用の生コンスランプコントローラの開発
     AP納品書発行システム開発、コンクリート二次製品工場生産管理システム開発
1991年 計量制御装置に「FUZZY計量システム」導入
1992年 表面水率センサを開発し、スランプ自動コントロールシステムが完成、発売
     APリサイクルユニット専用制御装置開発
1993年 Picture in Picture ITVシステム開発
     AP工場総合管理システム、BOSシステム、多用途インターフェイス(G.P.I)開発
1994年 安心システム(故障診断、損耗管理)開発
1995年 双方向型多点監視システム開発、強酸性水生成装置開発
1996年 創立25周年記念事業、卓上型簡易表面水率計開発
     タッチパネル方式32ビットCPU制御装置開発
     資本金を1億円に増資
1997年 資本金を2億3,579万円に増資、配電盤製造開始
1998年 AP用PC-PLC制御装置「NEXT」開発
2000年 砕石プラント制御システム開発
2001年 生コンクリート製品工場向けバーコード総合管理システム設計および製作
2002年 新スランプ自動コントロールシステム開発、材料管理システム開発
2003年 リモートメンテナンスシステム(RMS)開発、遠隔警報システム開発
2004年 AP用PC-PLC制御装置「NEXT-J」開発、AP工場出荷管理装置「NEXT-NAVI」開発
2005年 回線制御器開発及び、電気通信端末機器認定取得、可変式磁気調和装置「NMHI」開発
2006年 中国向AP用PC-PLC制御装置「宙斯(ZEUS)」開発
     BP用タッチパネル方式制御盤「C-TB」開発
2007年 次世代AP用PC-PLC制御装置「next-Exa」開発
     次世代BP用PC-PLC制御装置「TRINITY」開発
     AP用タッチパネル方式制御盤「next-Let's」開発
2008年 AP用PC-PLC制御装置「next-Duo」開発
2009年 BPJIS改正対応生コンクリート出荷管理システム「Super Multi」開発
2010年 RFIDを用いた合材サイロ・カード出荷システム開発
2011年 創立40周年記念事業、施設拡充、二次製品工場生産工程管理システム開発
     携帯情報端末によるAP工場総合管理システム開発
     BPハイブリッドコントローラ操作盤「C-Tf」開発
2012年 一般社団法人日本配電制御システム工業会 入会
2013年 BP制御装置「TRINITY Ultimate」開発、「It's-B REAL」開発
2014年 AP制御装置「Command-Arvo」
2015年 「液晶方式ハイブリッド車番表示器」開発
2016年 「仮設式太陽光発電機」開発
2017年 APサイロ制御装置「Command-Arvo-su」開発
     AP制御装置「Command-Arvo台湾向け」開発
     簡易設置型太陽光発電機「PASOLAR-GB」開発
ホームページ http://www.nikkodenshi.co.jp
加入団体 一般社団法人 日本配電制御システム工業会
公益社団法人 京都工業会
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)