長崎キヤノン株式会社
ナガサキキヤノン
2021
業種
家電・AV機器
本社
長崎

私たちはこんな事業をしています

長崎キヤノンは、2008年7月に設立し、2010年3月より長崎県波佐見町で操業を開始しました。「世界最高水準の総合生産拠点」として最先端技術とキヤノン独自の技術・技能を用いて日本でしかできない「モノづくり」に挑戦しています。
当社は設立10年の若い会社で、若手人財が多数活躍しているのが特徴です。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

新しいものづくりを長崎から世界へ

長崎キヤノンは、2008年7月に設立し、2010年3月より長崎県波佐見町で操業を開始しました。「世界最高水準の総合生産拠点」としてモノづくりの原点を大切にしながら、最先端技術とキヤノン独自の技術・技能を用いて日本でしかできない「モノづくり」に挑戦し、キヤノンブランドのデジタルカメラ・ネットワークカメラ等の開発を行うことで確固たるブランドを確立しています。当社は設立10年の若い会社で、若手人財が多数活躍しているのが特徴です。キヤノングループの行動指針である「実力主義」に基づき、意欲の高い人財を支えるための研修制度や幅広くスキルを身につけるためのジョブローテーションなど制度面のサポートも充実しています。

会社データ

事業内容 デジタルカメラ(コンパクト・一眼レフ・ミラーレス)、ネットワークカメラ(監視カメラ)、コンパクトフォトプリンタ等の製造
設立 2008年7月8日
資本金 8,000万円
従業員数 1,040名(2018年3月現在)
売上高 769億円(2015年度)
代表者 代表取締役社長 増子律夫
事業所 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷925-1
主要製品 デジタルカメラ(コンパクト・一眼レフ・ミラーレス)
ネットワークカメラ(監視カメラ)
プロジェクター
コンパクトフォトプリンタ 等
関連会社 キヤノングループ各社
環境への取り組み 長崎キヤノンは、すべての事業活動における地球環境におよぼす影響を考慮し、環境負荷を低減するための取り組みを進めています。

1.省エネ、周辺環境に配慮した工場
2.廃棄物(資源)循環型社会の形成
3.化学物質の管理、抑制
4.工場排水の徹底管理
など
地域コミュニケーション 長崎キヤノンでは、企業理念『共生』のもとに、様々な活動を展開し、地域社会とのコミュニケーションをはかっています。

◆代表的な活動
・職場体験学習
・波佐見フォトコンテスト写真審査員
・環境美化活動
・地域の小学生による社会見学
・地域の中学生の職場体験
など
沿革 2008年7月8日   会社設立
2009年4月1日   初の定期入社式
2009年7月14日    長崎キヤノン着工
2010年2月16日    長崎キヤノン竣工
2010年3月1日   操業開始
2010年3月17日    コンパクトデジタルカメラ初出荷式
2010年6月4日   開所式
2012年11月19日  コンパクトデジタルカメラ累計出荷1,000万台達成
2014年4月27日    コンパクトフォトプリンタ累計出荷1,000万台&1億巻達成
2014年4月28日   ネットワークカメラ初出荷式
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)