株式会社東海メディカルプロダクツ トウカイメディカルプロダクツ
業種 医療機器
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

製品開発部
臼倉 弘明(30歳)
【出身】理工学研究科 物質電子科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 透析治療が必要な患者様のためのカテーテルの開発・メンテナンス
私が担当するPTAバルーンカテーテルは,透析治療が必要な患者様のための製品です。
透析に必要な大量の血液を確保するために,患者様は手術によって
動脈と静脈をつなぎ合わせたバイパス=シャントをつくります。
でも透析を続けるうちにシャントが狭くなったり,詰まったりすることがあり,
そのたびにシャントをつくる手術をするのは,患者様にとって大変な負担。
そこで,狭窄・閉塞したシャントを再開通させるPTAバルーンカテーテルが
不可欠なんです。

製品開発は,既存製品に対するドクターの要望からスタート。
試作・検討でトライアル&エラーを重ね,薬事申請を経て量産までに
数年がかりになることもあるモノづくりの仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ドクターから既存製品より優れた評価をいただいたこと!
自分の担当製品に関して,技術の基礎的な検討から量産準備まで
幅広く携われることに大きなヤリガイを感じます。

一番うれしかったのは,最初の製品評価でドクターから
「今までの製品より使いやすいね!」というコメントをいただいたことです。
まだ試作段階なので,もちろん実際に患者さんの治療に用いることはできませんが,
ベテランのドクターなら手に取って触った感触で素性の良さが解かるもの。
具体的には企業秘密ですが(笑),試作品をベースに開発と検証を進め,
シャント部分の曲がった血管でもスムーズに通るカテーテルを,
独自のカーブバルーンも含めて製品化し,治療効率の向上に貢献することができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「一人でも多くの生命を救いたい」との理念と,ほどよい規模感
「一人でも多くの生命を救いたい」との企業理念のもと,
医療現場のニーズに根差した製品開発・早期改良に挑み続ける姿勢に魅力を感じました。
TMPは決して大企業ではありませんが,だからこそ大きな企業では
手が届きにくい細かな改良にも,ていねいに取り組むことができますし,
若手社員にも新製品のプロジェクトなど,大きな責任とヤリガイある仕事を
任せてもらえる風土があります。

ここ第三事業部は総勢10人,30歳の私がちょうど真ん中になり,
実際に20代の若手も成長&活躍中。
そんな,ほどよい規模感の職場は大らかなムードで,マジメな人が多いですね。
医療機器なので責任は大きく,シビアな面もあり大変ではありますが,
幅広い仕事を個人の裁量に任される魅力があります。
 
これまでのキャリア 2010年入社,現部署に配属。社内のみならず,病院を訪れて治療に立ち会うなど,医療に貢献する手ごたえ実感している。趣味は高校時代からのコーラス,現在もサークルに参加して毎年コンクールにも出場している。

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

学校の勉強は,理科系としての物事の見方や考え方,進め方こそが重要なのであり,
実際の仕事に必要な知識は入社後に学んでいけばよいと実感します。
だから就職活動では専攻等にとらわれず,枠を広げてみるとよいと思います。
また,とくにTMPの場合は,若いうちから仕事と責任を任されるチャンスがあるので,
自分で考えて進める力や自己管理能力が大切です。

株式会社東海メディカルプロダクツ の先輩社員

◇新製品の開発にも関わる生産設備・機械・治具の設計・製作

技術開発部
山田 真悟
理工学部 機械システム工学科

マイクロカテーテルの新規製品の開発,既存製品の改良です。

製品開発部
塩見 弥有
工学部 応用化学科

自発的に考えて動き,かつ各部署と協調して製品開発に取り組みます。

製品開発部 部長
粂野 孝志
マテリアルサイエンス研究科  博士前期課程

他部署の工程とのバランスも考えながら,多彩なカテーテルの製造を管理

本社製造部 第二製造グループ リーダー
大原 丈久
農学部 農学科 畜産学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる